いきなりですが、パソコン初心者の方にはFFFTPと言っても何の事なのか?
おわかりにならないと思います。
実際、私も初心者の時はわかりませんでした。
でもネット・ビジネスシーンにおいて、
このFFFTPというツールはとても重要な役割をしてくれます。
ですので、是非使い方を覚えて置きましょう。

ネットビジネス基礎入門編
 

 

 

 

 

 

FFFTPとは?

FFFTPとは?パソコン上で作成したデータをインターネットのサーバー上に
アップロード、またはダウンロードしたりすることが出来る無料で使えるツールです。

 

つまり、FFFTPが無いとネットで公開したいデータをサーバーに送ることが出来ませんので
サーバーとパソコン間をやりとりするネット・ビジネスにとっては
絶対に必要なツールになってきますので、まずはFFFTPはダウンロードして
ご自分のパソコンにセットアップしておきましょう。

 

FFFTPのダウンロード先(無料)⇒【FFFTP ダウンロード(窓の杜)】

 

FFFTPの設定方法

まずは、上記のダウンロード先からFFFTPをインストールして下さい。
インストール方法については、サイトの手順に従って行えば簡単です。

インストールが完了したら、ディスクトップ画面上に
アイコンが作成されますので、これでFFFTPが使えるようになります。
FFFTP設置

 

 

 

 

 

 

 

サーバーを契約する

FFFTPのインストールが終わったら、パソコンとサーバーの連携を取るため
あなたがお使いのサーバー情報を設定するため、サーバーとの契約が必要となります。

 

ちなみにネット・ビジネスで広く使われていて
オススメなサーバーがXserver(エックス・サーバー)です。

必ずしもこのサーバーを使わないといけないワケではありませんが
安定度・信頼度も高く、使える容量も大きくリーズナブルなため
ネット・ビジネスをやるのであれば使ってみてはいかがでしょうか?

 

詳しくはコチラ⇒【レンタルサーバー「Xserver」の契約方法を解説】


サーバー情報をFFFTPに登録する

では、サーバーはXserverを例にとり、サーバー情報をFFFTPに登録する方法を解説します。

 

① サーバーアカウント情報を確認する。

 Xserverに契約するとメールで「Xサーバーアカウント設定完了のお知らせ」が送られて来ます。
ここでFFFTPの設定で必要なのが以下の赤枠で囲った項目です。
FFFTP設置

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② FFFTPを起動する。

 ディスクトップ上のFFFTPアイコンをクリックしFFFTPを起動します。
すると、以下のような画面になりますので、右上の「新規ホスト」をクリックします。
FFFTP設置1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ FFFTPにサーバー情報を設定する。

 「新規ホスト」をクリックすると、以下の画面になりますので
先ほどのサーバーからのメールで送られて来たサーバー情報を入力(赤枠)して行きます。
FFFTP設置2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、メールの内容と実際の設定項目を簡単にご説明すると

● 「ホストの設定名」⇒これはメールには記載されておらず、自分で設定する任意のホスト名です。
 これは、自分がどのサーバーを使っているか?
 わかるようにサーバー名やサイト名などを入力して下さい。

 

● 「ホスト名(アドレス)」⇒「FTPホストのURL」

 

● 「ユーザー名」⇒「サーバーID」

 

● 「パスワード/パスフレーズ」⇒「パスワード」

 

以上で、FFFTPの設定は完了しました。

 

FFFTPの使用方法

パソコン上で作成したファイルやデータをサーバーに送ることがFFFTPの基本的な機能ですので
その方法を例にとって使用方法を解説します。

① サーバーにアップロードするデータ、ファイルを用意する。
パソコンで作成したデータは、PDFに変換した文章や画像、動画、画面コピーなど
基本的に何でも良いので、それらを直接サーバーにアップロードしますので
用意して下さい。

 

② FFFTPからサーバーにログインする。
下図のようにFFFTPを起動し、データをアップロードしたいサーバーを選択し
「接続」をクリックします。
FFFTP使い方1

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、下図のような表示になりローカル側(左側)と
サーバー側(右側)に表示が分かれますので
自分が作成したサーバー側のファイル名をクリックし開きます。
FFFTP使い方2

 

 

 

 

 

 

 

 

③ データ、ファイルをアップロードする。
サーバー側のファイル名を開くと以下の表示になりますので
「public_html」をクリックします。
FFFTP使い方3

 

 

 

「public_html」の中にローカル(パソコン)で作成したデータを入れ込みます。
このとき入れ込むデータはフォルダを作っておくと管理しやすくなりますので
予めフォルダを作っておきましょう。
例えば、ここでは「it01」というフォルダを作ってその中にデータを入れて置きます。
FFFTP使い方4

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、サーバーへのデータの送り方(アップロード)はいくつかやり方がありますが
もっともやりやすいのが、アップロードしたいデータファイルをドラッグ&ドロップして
そのまま移動すると簡単にアップロード出来ます。

 

④ 正常にデータがアップロードされたか?確認する。
これだけでサーバーへのデータアップロードは完了ですが
最後に該当データがサーバーに反映されているか?確認して下さい。

確認方法は、インターネット上でアップロードしたサーバーのURLを開くだけです。

 

例えば、こここでは
「abcdefg.com」というサーバーの「it01」のフォルダに入れた「12345.jpg」という画像データを
 アップロードした場合、以下のようなURLでサーバー内を確認します。
FFFTP使い方5


 

 

なお、本来なら「abcdefg.com」と「it01」の間に「public_html」が入りますが
 これは省略できますので考える必要はありません。

 

また、正常にサーバーにアップロードされたかどうか?の確認は
多少のタイムラグがあり、スグに反映されていない場合がありますので
出来ればアップロードしてから30分以上経過してから確認すると良いでしょう。


 

以上がFFFTPの導入と使い方の解説です。

何度も申し上げますが、FFFTPは非常に便利でネット・ビジネスでは必須なツールですので
必ず導入して使い方を覚えておいて下さい。