「PING送信」について
私もネットビジネス初心者の頃は何の事かわかりませんでした。

これについては、多くの初心者の方が疑問に思うことでしょう?!
今回は、このPING送信についての意味と設定、
注意事項、メリットについて解説して行きたいと思います。

PING送信
 

 

 

 

 

PING送信って何?

サイトやブログを開設するときに必ずと言っていいほど
このPING送信先の設定が必要となってきます。

 

では、PING送信とは?いったい何なのか?

 

PING送信(ピングそうしん)とは?

運営するサイトやブログに新しく記事を投稿した際に、
「記事のタイトル(title)」や「記事の概要(discription)」、「記事のURL」などの
更新情報(サマリー)を自動でPINGサーバーに送信する機能の事を言います。

ちなみにPINGサーバーとは?
インターネット上でサイトの更新情報が集められることが出来るサーバーの事です。

 

PING送信するとどうなる?

インターネットの世界は、数多くのサーバーで構成され、それらが連携することで
莫大な情報の集積・交換が出来るようになっています。

つまり、通常だと1つのサーバーから発信された更新情報が
他のサーバーに伝わるのにはかなりの時間を要し、また場合によっては伝わらない場合もあります。

要するに、他のサーバーに自分のサイトの更新情報が伝わらないと
他のサーバーから自分のサイトの最新情報を閲覧することが出来ません。

 

そこで、PING送信することで、記事が更新されたサイトやブログの情報を
迅速に各インターネットのサーバーに通知することが出来
サマリー情報を受け取ったサーバーが、記事の更新情報を早く反映することが出来ます。

 

PING送信のメリットは?

自分でPING送信先を設定して、
PINGサーバーにサマリ-情報を送ることで起きるメリット。

それは、以下のようなことがあります。

● 早くインデックスさせるメリット
GoogleやYahoo!などの検索エンジンがサイトの更新情報を認識することをインデックスされるといいます。
つまり、検索エンジンが認識することで、自分のサイト情報を検索出来るワケです。

そんなインデックスのスピードを促進させる効果があるのもPING送信のメリット。
迅速にインデックスされるか?されないか?では大きな差が生まれます。

 

● アクセスアップにつながる可能性のメリット
これはPING送信先のサーバーと記事・コンテンツの内容にもよりますが
ネットユーザーが自分のサイトに多く訪れてくれるアクセスアップの可能性も広がります。

 

● SEO効果のメリット
前述のアクセスアップとも重なりますが、PING送信を行うことにより
一時的な外部リンク(被リンク)効果も期待出来るため、SEO対策にも効果的と言われています。

 

PING送信設定で便利なサービスとツールの紹介

PING送信をする場合、どこにPING設定をすれば良いのか?良くわからないかも知れません。

そんな場合にご紹介するのが、以下のサービスで
これらは、無料で登録出来て、設定しておくとPING送信を自動で行ってくれます。

 

【PINGZONE】
最も代表的なPING送信サービスともいえるサイト。
このサイトではPING送信を一括管理出来、無料ブログでPING送信が必要な場合にも有効的です。

 

【PINGOO!】
ツイッターなどSNSとも連動出来るPING送信サービス。
登録出来るブログ数も無料プランで無制限で使えるのも嬉しいサービスです。

 

【FeedPing.net】
一度に160カ所以上のPING送信が出来るサービスを有するサイト。
そのためか?送信エラーも多いのが難点。でも気軽にPING送信先を設定出来ます。

 

登録不要で使えるPING送信先一覧

ここで紹介するPING送信先のURLは
そのまま、PING送信設定に入力することで使えるものです。

これらを、自分のサイトやブログに設定しておけば
基本的にPING送信は出来るようになります。

 

但し、PING送信先は流動的で、随時変更が生じてしまいます。
ここでは2014年5月時点での送信可能なURLをお知らせしておきます。
設定される場合は、そのままコピペして使用して下さい。

 

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc
http://hamham.info/blog/xmlrpc/
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.amagle.com/
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogoon.net/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.dendou.jp/
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.myblog.jp/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.sitecms.net
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://pingoo.jp/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.accelanavi.com/anavi/ping.php
http://www.bloglines.com/ping
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.i-learn.jp/ping/
http://xping.pubsub.com/ping/

 

PING送信設定での注意事項

PING送信をする場合、以下について注意を払い設定して下さい。

 

● 送信先の重複に注意
これは良くある間違いで特に注意が必要!

PINGの送信先が重複してしまうと、スパム判定を受けてしまう可能性があり
そうなると、PINGの送信先に受信拒否をされてしまう可能性があります。
また、短時間で同じ内容の更新情報をPING送信することも同じ結果になる可能性があります。

 

● PING送信先はあまり増やさない
大量のPING送信先を設定してしまうと、サイト記事そのものの更新に影響出て遅くなってしまいます。
そうならないよう送信先は、ある程度絞って設定した方がよいでしょう。

 

● 無料ブログのPING送信には制限がある?!
無料ブログでもPING送信が必要な場合があります。
その場合、多くがPING送信先数に制限がありますので気を付けましょう。

 

● PING送信エラーがあるので注意!
PING送信先には確実に届くものと届かないものがありますので、
一度送信先を設定したからといって安心せず、随時チェックをして下さい。

 

但し、有料ブログなどで使うWordpressでは使用するプラグインで送信エラーの確認が出来ます。

 

WordPressでのPING送信設定方法

PING送信はサイトやブログ毎で設定しますが、ここでは有料ブログの開設で利用するWordpress(ワードプレス)でのPING設定方法を解説します。

 

設定方法は簡単です。
Wordpressブログのダッシュボードを開き「設定」➝「投稿設定」➝「更新情報サービス」の部分に
追加したいPING送信先を設定し「変更を保存」をクリックするだけです。
WordpressPING送信

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングサイトを利用した個別記事のPING送信

サイトやブログのアクセスアップを図るための手段として
人気ブログランキングサイトを利用する場合がありますが、
コチラでもPING送信が出来るサイトがあります。

それらのサイトが以下の人気ブログランキングサイトです。

【人気ブログランキング】

【にほんブログ村】

【インフォブログランキング】

【blogram】

【BlogPeople】

これら全ての人気ブログランキングサイトに登録する必要はありませんが
登録する場合は、別途PING送信設定することで各サイトで更新情報が掲載されます。

サイトによって設定方法は違いますが
基本的には、自分のサイトやブログを掲載するときに
個別専用PING送信URLを取得し送信することが可能になります。

 

PING送信解説まとめ

PING送信は自分のサイトをWeb上に早く露出させるために必要不可欠なモノ。
ですので、PING送信は必ず行って下さい。

特に、新規ドメインを取得しサイトを開設した当初は、インデックスされるまでかなり時間を要します。(長い時で4~5日かかります)

そんなとき、PING送信しておけばかなり時間短縮することが出来ますので
情報を早くネットユーザーに伝えアクセスアップに繫げるためにも重要になってきます。