こんにちは、なおなりです。
私のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

今回はSEO対策で効果的とされるサテライトブログについて解説します。
サテライトブログは量産が必須と言われていますが
果たしてそうなのか?また、量産ならばどれくらい作成するのか?
その他、サテライトブログの問題点などについてもお話します。

サテライトブログ
 

 

 

 

 

サテライトブログって何?

サテライトブログは、自分のメインサイト、ブログに外部SEO対策として施す有効的な手法の1つ。
外部SEO~つまり被リンクを送るために作成するサブ・ブログのことです。

 

サテライトブログから自分のメインサイトに被リンクを上手く送ることが出来れば
SEO効果は非常に高く、メインサイトが強くなるのに大きく貢献してくれます。

 

しかし、サテライトブログは問題点も多く
量産するのであれば、作るのが面倒。
また、せっかく作ったのにそれほど効果が無かったなど様々です。

サテライトサイト
 

 

 

 

 

 

 

サテライトブログ作成における疑問

ここでは、よくあるサテライトブログ作成における疑問点をいくつか?挙げてみます。

 

サテライトブログは量産が必要か?

一般的にサテライトブログは量産するのが原則と言われ、
私がネットビジネスを学んだ通信講座の塾でも最低50個は作成しなさいと教えられました。

 

そのような教えもあり、時間をかけ必死にサテライトブログの作成に励んだのですが
結果は、それほど効果がありませんでした。

 

では、頑張って量産したのに報われなかったのか?

後からわかったことですが、
質の悪いサテライトブログをいくらたくさん作っても意味が無いってこと。

 

当時、私が初心者でよく理解出来ていなかったということもあるのですが
「とにかく教えられたとおりたくさんサテライトブログを作ろう!」といことで質より量を優先。
結果、中身のないブログを量産してしまいました。

 

また、サテライトブログの構成方法も間違っており、
いくら作っての効果が無い方法をひたすら繰り返していたワケです。

 

ちなみに、サテライトブログの正しい構成方法については
私が企画している「夢再構築プロジェクト」で詳しく教えております。

 

結論としましては、サテライトブログは量産しなくても良いのです。
正しいやり方で効果的に被リンクを送ることが出来れば、
少ない量(10個程度)のサテライトブログでも充分な効果を得る事が出来ます。

 

サテライトブログで書く記事数は?

サテライトブログで最も面倒で大変なのが記事を書くこと。
でも、これはとても重要です。

 

まず、記事数の前にサテライトブログといえど、記事の内容はしっかりと書かないといけません。
基本的には被リンクを送るメインブログと同じような属性の内容であることが大事です。

 

記事の文字数も最低500文字以上で
記事数は最低でも15記事以上は書いてから被リンクを送るようにしましょう。

 

被リンクの送り方も不自然な送り方ではなく、記事の流れで自然なカタチで送り
1つのサテライトブログで1回被リンクを送るだけで十分です。

 

サテライトブログの更新頻度は?

サテライトブログを作成し15記事書いて被リンクを送ったので
後はほったらかし!・・・これではダメです。

定期的に更新するように努めましょう。

 

サイトやブログは
事実上の運用履歴がある方がSEO的にも重視される傾向があるようです。

 

ですので、更新頻度は低くても構いませんが
最低月に1度は更新するのが望ましいと言われています。

 

サテライトブログの問題点

サテライトブログは一般的に無料ブログを使って作成される場合が多いようです。
参考記事:【無料ブログはSEOの被リンク対策のサテライトサイトに適しているのか?】

 

しかし、最近は無料ブログも規制が厳しくなっていて
サテライトブログは嫌われているのか?と思える事態が起こっています。

 

それは、せっかく作ったサテライトブログが無料ブログ運営者が勝手に削除してしまう事。

原因はハッキリわかっていませんが、
不必要にリンクを送ったり、アフィリエイトリンクを貼ったりしていると消されてしまい
また、ブログそのものがネットビジネス関連のモノだとわかると有無を言わせず削除されてしまいます。

 

このような理由から、出来ればサテライトブログも削除される危険性がない
有料ブログサービスを利用した方が良いのですが、
なかなかサテライトブログにお金はかけたくないのが現実です。

 

こんな問題から、サテライトブログに無料ブログを使うのはオススメ出来ない!?
とは言えませんが、削除されることを覚悟の上で、いつでも復元出来るよう
バックアップを取りながら無料ブログを利用した方が良いのかも知れません。