2014年下半期に入ってからアフィリエイトに大きな変動が起こっています。

それは、トレンド・アフィリエイトをはじめとするサイト・アフィリエイトに
Googleのガイドラインに違反が一斉に指摘され、次々に関連サイトがペナルティを受けている事態です。

今回は、何故そのような事が起こったのか?原因の究明と
今後の対策方法についてお話して行きたいと思います。

Google手動ペナルティの原因
 

 

 

 

 

 

 

私のいくつかサイトアフィリエイトを実践していますが
2014年8月初旬に2つのトレンドブログがGoogleの手動ペナルティを受けてしまいました。

 

ペナルティを受けてしまったサイトのうち1つは約2年間運用を続けていて
これまで、違反行為にも該当しておらず順調に育ってきたブログだっただけに
突然のペナルティにショックは隠せませんでした。

 

「もしかしてペナルティを受けたのは自分だけ?」
そう思い、複数のアフィリエイター仲間に確認したところ、
サイトアフィリエイト(特にトレンドアフィリエイト)を実践している仲間のほとんどがペナルティを受けていることが判明。
いったい何が起こったのでしょうか?

 

原因は?

明確な原因は不明ですが、おそらく2014年7月より始まったGoogleのアルゴリズム変更の影響によるものだと思われます。

 

また、ここ数年トレンドアフィリエイトが流行し、その結果web上にトレンドブログが氾濫。

もちろん流行そのものについては問題はないのですが
ネットユーザーの興味を集め、アクセスを呼び込むため、
タレントやスポーツ選手などを誹謗中傷したり、嘘の情報を流したりと
悪質なトレンドブログも目立っていたこともあり、Googleがこれを問題視して
トレンドブログを中心にweb上から排除が始まったことも原因と思われます。

 

ですが、私の運用していたトレンドブログは嘘の情報や誹謗中傷は一切しておらず
しっかりとしたコンテンツを作っていたのですが、それにも関わらずペナルティを受けてしまいました。

 

非常に残念ですが、ペナルティを受けてしまった以上は諦めるしかありません。

 

なお、Googleよりペナルティを受けたサイトにはグーグル・ウェブマスターツールに
以下のようなメッセージが届きます。
ちなみに以下のメッセージは手動ペナルティによるものです。

Googleペナルティ
 

 

 

 

 

 

 

手動ペナルティの原因を究明調査

今回、ペナルティを受けた自分のサイトも含め、
同様の事態となった他のアフィリエイターのサイトも調べて原因を調査したところ、
いくつかの共通点が見つかりました。

 

「手動ペナルティを受けたサイトの共通点」

・検索エンジンで上位表示される強いサイト(特にトレンドサイト)

・著作権侵害に触れる画像(タレント・有名人)を記事内に貼ってある。

・アフィリエイトリンクを貼っている。

 

上記のサイトがことごとくペナルティを受けていて
基本的に記事の内容は関係なくアウトになっているようです。

 

他、トレンドサイトを中心にいくつか調べてみましたが
ペナルティを受けていないサイトも多数存在するのも事実。

 

これらは人の手による手動ペナルティのため、
発覚が遅れていると思われ、いづれ対象となって来ることでしょう。

 

今後の対策方法

特にトレンドサイトはペナルティを受けているケースが多く
もしかしたら今後トレンドでは稼げないのか?心配になって来ますが、
原因を究明し、今後の対策をしっかり取ればGoogleのガイドラインに違反することなく
ペナルティを受ける心配もありません。

では、具体的にはどのような対策を取れば良いのか?

 

既に手動ペナルティを受けてしまったサイトについての対策

ペナルティを受けても違反している箇所を訂正して
再審査リクエストを送ればを復活すると言われていますが
基本的にトレンドサイトは復活する可能性は極めて低いモノと思っていただき
トレンドサイトでペナルティを受けた場合は、残念ですが潔くそのサイトは捨てて下さい。

 

また、トレンドサイト以外であった場合、違反箇所を訂正し再審査リクエストを送れば
復活する可能性はありますが、一度ペナルティを受けたサイトは、履歴が残ると言われ
正直、そのまま使い続けることはオススメは出来ません。

 

なので、ペナルティを受けてしまったら
新しくドメインを取得し作り直すことをオススメします。
参考記事:【ムームードメインの独自ドメインを取得する方法】

 

新しくサイトを作り直す場合

当たり前ですが、二度とペナルティを受けないためには
画像やアフィリエイトリンクなど原因となる要素を全て排除し、
記事の内容もネットユーザーのためになる有益な情報を配信するように努めて下さい。

 

また、動画などのコンテンツもなるべく貼るのは避けた方が良いと思われます。
理由は、他人が作った動画でも、そのコンテンツが著作権侵害に触れる場合、
自分も悪影響を受ける場合があるからです。

 

さらに、外部リンクを貼る場合は、
履歴を引き継がないnofollow属性を使用することをオススメします。

 

手動ペナルティの原因調査まとめ

今回お話したことは、必ずしも正しいワケではなく、あくまでも個人的調査による見解です。
ですので、他にも不明な点が多く対策を取っても解決しない場合もあるかも知れません。

 

この原因を調査するにあたり、いろんなアフィリエイターの方々にも聞き取りをしましたが
正直、正確なところは誰にもわかりませんでした。

 

でも、ネットビジネスを続ける以上は、
このような変動に対する対抗策を身に付けなくてはなりません。

 

私が思うところの、最も効果的な対抗策は「仲間との情報交換」です。
つまり、志が同じアフィリエイターと繋がりを濃くすること。

 

特に、専業でアフィリエイトを実践して大きく稼いでいる人の意見は良く聞き
それを積極的に取り入れることです。

 

そうすれば、自分自身のスキルアップにも繋がりますし
ネットでの変動にも耐えられるチカラも身についてきます。