こんにちは!なおなりです。

50歳を手前の中高年、そしてパソコン初心者の私がネットビジネスの世界に飛び込むには
かなり心配と不安がありました。
しかし、今ではなんとか成功することが出来、このビジネス1本で生計を立てらるまでに!

今回は、まったくの素人だった私がどのようにしてネットビジネスで稼げるなったのか?
マインド面での心得をご紹介したいと思います。

成功への強いマインド
 

 

 

 

 

 

(参考)ネットビジネスに参入した当時の私について少しお話します。

私は47歳で独立起業しました。
独立起業とはいっても、資金があまり無かったので出来るビジネスは限られてしまいます。

 

そんなビジネスの中で、もっとも参入しやすかったのが
ネットビジネスの手法「アフィリエイト」でした。

 

アフィリエイトの謳い文句は「ローコスト&ハイリターン」
お金の無い私にとってまさに夢のようなビジネスのように思えました。

当時の私はパソコンは苦手でしたが、ローコスト&ハイリターンに惹かれ後先を考えず参入!

 

しかしながら、実際にやってみると甘くはありませんでした。

ローコストと言っているのに、商材や必要なツールを購入し
勉強するために、高額なネットビジネス塾に入り、そこでかなりの資金を使ってしまいました。
使った金額を少し具体的に言うと300万円超です。

 

ハイリターンと言っているのに、資金を投入してもまったく稼げない。
参入して8カ月間は無収入でした。

 

かなりのお金を使っても稼げなかった私。
当時はかなり落ち込み「もうやめよう!」と何度も思いました。

 

しかし、投資したお金を回収したい!と気持ちと、
50歳近い年齢でまともな仕事が無い状況に諦めるワケにはいかなかった私は、気持ちを新たに以下の10項目の心構えを持って、再度ネットビジネスに真剣に取り組むことにしました。

 

起業し成功するための心構え10カ条

これからお伝えする事は、ネットビジネスに限らず、独立起業するにあたり持つべき心構えであり、その大前提で「絶対成功する!」という強いマインドが必要です。

 

(一)固定概念を捨てる

特に中高年の方に多いのですが、これまで生きてきた人生の中で、自分のやって来たことに自信を持っている人が多く、「このやり方・考え方で今までやって来れたから大丈夫!」という気持ち。これが固定概念の原則的な考え方です。

 

起業にあたり、一部のビジネスにおいてはこの考え方が通用する場合もありますが
ほとんどが固定概念で仕事をすると失敗します。

ネットビジネスも同じです。”カタい頭”を持っていてはダメです。
幅広い視野を持つ、柔軟な考え方が必要となってきます。

 

(二)出来ないのなら出来る方法を考える

ビジネスをやっていると何度も壁にぶつかります。
多分スムーズに行く人ってほとんどいないでしょう!?

 

壁にぶつかると「ダメだ!」とモチベーションが下がり、諦めてしまいがち。
でも壁はどこまでも続くモノではありません。必ず壁が切れる場所、または乗り越えることだって出来ます。

 

出来ない!と思っても、こうやったら出来る!ということも模索する。
これは1人で模索して解決するだけではなく、人に聞いて問題解決していくことも大切です。

 

(三)今の自分を否定する

これは固定概念の考え方にも重複する部分がありますが
起業をし現状を変えたいという事は、今の自分に満足できないからです。

 

悪い言い方をすると、今の自分がダメだ!ということも言えるかも知れません。

 

そうなると、新しい自分になるために今を否定する必要もあります。
これも柔軟な考え方を持つひとつの手段になります。

 

(四)不必要な事は一切やらない

新しい事に取り組むと試行錯誤の連続です。
最初は無駄なこともいろいろやるでしょう。

 

でも、続けて行くと学習します。
その課程の中で、どれが必要でどれが不必要なのか?おのずとわかってきます。

 

試行錯誤する事は仕方ない部分ありますが、それを極力抑えためには不必要と思うことは一切やらない事!それが成功への最短ルートとなります。

 

(五)完璧を求めない!50%で良いから直ぐにやる

完璧を求めたら仕事はなかなか前に進みません。

 

稼げる確率が50%以下ならダメですが、確率50%以上なら、スグに実践しましょう。

 

但し、その場合、大きなリスクがあるならお薦め出来ませんし、
一人で判断し実践するよりも、多くの人のアドバイスにも耳を傾けた上で判断するのも大切です。

 

(六)ミスは直ぐに直す

良く早く結果を出したいと焦るばかりに、
自分がミスしたことをそのままにして先に進む場合があります。

 

早く結果を出したいのはわかりますが、ミスしたら必ず一度立ち止まりましょう。

 

そして、何故ミスをしたのか?検証し直してから前に進んで下さい。
そうでないと、必ずまた同じミスを犯してしまいます。~それこそ時間の無駄です。

 

(七)困り悩まなければ知恵は出ない

世の中、そう自分の思いどおりに上手く進んでくれません。

壁にぶつかり、悩んでしまうことが多々あるでしょう。
それは、言い方を変えれば自分が成長するチャンスでもあります。

 

困ったら考えて知恵を振り絞る努力も必要です。
知恵が働けば、それを応用して様々な場面で役に立つこととなります。

 

これもまたひとつの頭を使って知恵を絞るより複数の頭を使う。
つまり、他の人に頼るのも良いでしょう。

 

一般的に他人に頼るというのは遠慮しがちですが、
自分のスキルアップのために頼るのは、必要不可欠なことでもあります。

 

ただ、自分で考えないで頼ってばかりいるのは論外です。
頼るというのは、あくまでも自分で悩んでからアドバイスを貰うってことです。

 

(八)真因を最低5回は追及する。何故なのか?を考える

仕事がなかなか進まなかったとき、何故、うまくいかないのか?
原因を何度も追及し考えることは大事です。

 

最低5回とは言っていますが、内容によっては2~3回という時もあるし
10回以上追及しないといけない場合もあるかも知れません。

 

とにかく失敗を繰り返さないためにも、しっかり原因を追及し
上手く行く方法を最短ルートで考えられるチカラを身に付けられるよう努力しましょう。

 

(九)一人の知識より10人の知識を利用する

ここまで何度かお話してますが、他人の意見や知恵を利用すること。
時には頼っても良いでしょう。

 

それは、なるべく多くの人を利用することがポイントです。
もちろん、多くの人に聞けば様々な意見が返ってくるでしょう。

 

それを自分で集約し、自分にとってのベストな方法を選択して下さい。
そして、聞いたことは忘れないようメモして置くのも大切です。

 

いつどこで、人からもらった知恵が役に立つか?わかりません。
人と人との交流は財産だと思って大切にするのも重要です。

 

(十)アイデアは無限に生まれるモノ

ビジネスにおいて他人と差別化を図るにはアイデアが必要です。

 

他の人がやっているから自分も真似てみる。
それは、成功するひとつの方法でもありますが、
同時にライバルも生まれやすいというリスクもあります。
ライバルが多ければ、稼ぎにくくもなりますし、飽和状態にもなりやすい。

 

なかなか独自のアイデアを生み出すのは難しいかも知れませんが
頭を柔軟にすれば、きっと生まれますし他人のアイデアを真似することでも
自分流のアイデアもあそこから生まれて来る可能性があります。

 

ネットビジネスも最初は他人のアイデアを真似するモノですが
ノウハウを吸収しスキルアップすれば、独自のアイデアも湧いて来て
いつのまにかオリジナルのビジネス手法を展開出来れば、あなたはもう勝ち組になれます。

 

 

まとめ

起業への心構え10カ条をお話しましたが、
一番重要なのはモチベーションを維持し続け、継続することが根底にあります。

 

これがないと、そもそも10カ条は実践出来ませんし
もちろんビジネスで成功することも難しくなります。

 

私がネットビジネスで起業した3年前は、同じ志を持つ仲間がたくさんいました。
しかし、彼らのほとんどは、いつのまにか淘汰され消えてしまっています。

 

原因は、モチベーションの維持が出来ず、心構えを実践することが出来なかったから
今私は、成功への強いマインドをしっかり持ち、
確実に実践出来た仲間と共に、日々の仕事を頑張り、そして楽しんでいます!

 

この記事を読んでいただいているあなたは
少なくとも志を強く持っておられることと思います。

 

是非、それを維持し続け、強いマインドでビジネスを成功へ導きましょう!