一般的には可愛い動物知られるパンダとペンギン。
しかし、ネットビジネス業界において、この2つの動物の名前は
あまり良いイメージではありません。

言い方を変えるとこの2匹?の動物はネットビジネス実践者を苦しめる存在でもあります。
今回はこの可愛い?パンダとペンギンについて解説して行きます。

グーグルペナルティ
 

 

 

 

 

 

パンダアップデートとは?

”パンダ”はGoogleのアルゴリズムのひとつです。
これをパンダアップデートといい、
わかりやすい言い方をすれば、ネット利用者がGoogleから受けるペナルティのひとつです。

 

近年、インターネット利用者の普及に伴い、サイトやブログも爆発的に増加。
それと同時にスパム行為を行ったり、質の低いサイトも横行。

 

それを排除するために導入されたアルゴリズムが、2011年に英語圏で導入され
日本では2012年に本格的に導入され、ネットユーザーに大きな影響を与えました。

パンダ
 

 

 

 

 

 

 

ペナルティの内容

パンダアップデートの対象となる詳細は明らかではありませんが
これまで報告を受けているペナルティ内容は以下のとおりです。

 

・内容が薄く、質の低いコンテンツとして判断されるサイト

 

質の低いサイトから被リンクを大量に獲得しているサイト

 

・商用目的で露骨で一貫性のない広告を大量に貼っているサイト

 

・発リンクが多過ぎるサイト

 

・内容とバランスが取れていない不自然なサイト

 

このようなペナルティは、特にアフィリエイト関連のサイトが影響を受けている現状があります。

 

パンダアップデートを受けるとどうなる?

ペナルティを受けるのは、主に目立っているサイト。
つまりアクセスを多く集めているサイトほどパンダアップデートの対象になっているようです。

 

こうなるとどうなるのか?
サイトそのものが削除されるということは無いのですが
これまで検索上位に表示されていたのが外され、一気に圏外へ

 

要するに、人の目に触れなくなってしまうのでアクセスも無い!
もし、そのサイトが稼いで」いたとすれば、収入もゼロになってしまうワケです。

 

回避方法と対策

パンダアップデートは基本的に質の悪いサイトが対象となっているようです。

 

質の悪いサイトとは?
ペラサイトのような、1ページしか存在しない簡易的なサイトだったり
コンテンツが極端に少ないサイトであったり、
また、他人の記事をコピペしたりしているサイトも対象になるようです。

 

要するに、パンダアップデートを回避する対策は、このような行為を行わない事。
もし、ペラサイトを作成していて、自分のメインにサイトに関連付けしていたら
スグにペラサイトは削除するようにしましょう。

 

また、アクセスを集めるため故意にキーワードを何度も詰め込んだりするのもNG。
あくまでも自然な感じでやっていけば”パンダ”から嫌われることはなさそうです。

 

ペンギンアップデートとは?

”パンダ”と同じく、可愛い動物と知られる”ペンギン”
これもまた、Googleのアルゴリズムの名前です。

 

導入されたのは、パンダアップデートとほぼ同じ時期。
これは、Googleの品質ガイドラインに違反してるサイトが対象となり
例えば、過剰に被リンクを貼っているサイトなどがペナルティを受けています。

ペンギン
 

 

 

 

 

 

ペナルティの内容

コチラは”パンダ”と比べたら、原因は少しわかりやすく以下の内容が対象となっているようです。

 

・相互リンクが多過ぎるサイト

 

・サイトの質が低く、コンテンツ的にも不十分なサイト

 

・露骨で過剰なSEO対策を施しているサイト(一例、キーワードの多用)

 

・不自然な被リンクを貼っているサイト

 

・その他スパム的行為を行っているサイト

 

”パンダ”よりペンギンアップデートのペナルティを受ける場合が多く
ほとんどが無理なSEO対策をやっているサイトが対象となっているようです。

 

ペンギンアップデートを受けるとどうなる?

ペンギンアップデートも”パンダ”と同様、圏外に飛ばされてしまいます。

 

”パンダ”よりペナルティを受けてしまう確率が高いだけに、気をつけなくてはいけません。

 

回避方法と対策

ペンギンアップデートは、悪質な被リンクを取り締まるもの。
単純に言えば、過剰なSEO対策をしないことが一番です。

 

ネットユーザーが被リンクを多用する理由。
それはSEO対策として特に効果があるのが被リンクだと言われています。

 

というのも、被リンクを送られたサイトは観る価値のあるサイトとして評価の基準になりやすい。
つまり、被リンクが多いサイト=高品質のサイトとなるのです。

 

しかし、自然に被リンクをもらうのは至難の業。
よって、高評価をもらいたいネットユーザーがやっているのは自作自演の被リンク対策です。

 

正直、ペンギンアップデートの導入によってこれはもう通用しません。

 

あくまでも自然なカタチで被リンクがもらえれば、高評価を受けるのですが
それもなかなか上手くいかないので、もし不自然な被リンクを貼っているのであれば
スグに外すようにして下さい。

 

これが”ペンギン”から嫌われないようにする方法ですが
被リンクが無くとも、自分のサイトのコンテンツの質が良ければ
十分に検索上位に表示されることは可能です。

 

とにかく、外部のチカラに頼らず、自力でサイトを強くするのが一番の対策方法です。

 

もしアップデートになってしまったら?

パンダ及びペンギンアップデートに引っかかってしまった場合。
速やかに違反箇所を訂正し、Googleに再審査の申請をすれば回復する場合がありますが・・・

 

基本的に、アップデート対象となってしまったサイトは捨てて下さい。

 

というのも、もしアップデートを解除されたとしても、そのサイトには前科が残ります。
そうなると、他のシトよりもチェックが厳しくなり、
ちょっとしたことでもまたアップデートのペナルティを受ける可能性が高くなります。

 

もし、アップデートになってしまったら潔くそのサイトは捨て
新しくドメインを取得して作り直した方が良いと思われます。

 

そして、何故アップデートを受けてしまったか?
しっかり反省し、二度と受けないよう質の良いサイトを作成して下さい。

 

 

ちなみに余談ですが、”パンダ”と”ペンギン”の名前の由来について。

グーグルのアップデートのアルゴリズムが白黒ハッキリさせるという意味があり
イメージの良いキャラクターであるパンダもペンギンも白と黒。
そういったことから、少しでもイメージを良くするためにパンダとペンギンが選ばれたとか?!