SEO対策でURLの付け方もかなり重要なポイントです。

これって、結構軽くみている人も多く、適当にURLを付けているのが見受けられます。

ここではSEO対策に効果的なURLの書き方を解説します。

URLの付け方
 

 

 

 

 

 

 

URLの付け方の重要性

URLの文字列の書き方は、Gooogleでの評価対象の1つとも言われています。

 

これって結構、適当な書き方をする人もいますが、
今後、あなたがURLを付ける場合には、しっかりSEOのことも考えて付けるようにして下さい。

 

URLの具体的な付け方

URLの付ける場合、パーマリンク設定で自動的に付与させるのが一般的です。
しかし、本来は検索上位に表示させたいキーワード、もしくはそれに類似したキーワードで付けるのが、SEO的にも効果があります。

 

例えば、このサイトの記事URLは「http://mantanlife.com/1234.html」となっていますが
これはパーマリンクで自動的に付与されたもので
記事の内容と関連性がありませんので、オススメはできませんが
その代わり、記事タイトルのキーワードで上位表示をさせようとしています。

 

もし、キーワード以外でも検索上位に表示させたい場合は
「http://mantanlife.com/netbusiness」といったふうに
単語形式で付けた方が効果があります。

 

もっと具体的に解説すると

 

URLを英語表記でする場合は、
netbijinesuのような日本語をローマ字表記するのではなく
netbusinessのように英語表記にするのが基本です。

 

文字列は短く、出来れば10文字字以内で収めるようにした方は望ましいです。

 

アンダーバー「_」を使わずハイフン「-」で表記する。
これはGoogleがハイフン「-」の使用を推奨しているためです。

 

例えば、「/net_business」とURLを付けてしまうと
検索エンジンは「_」の部分を無視してnetbusinessとしてひとつの単語として認識します。

 

一方、「/net-business」とURLを付けると、
netとbusinessがそれぞれ異なる語として検索エンジンに認識されます。

 

まとめ

URLを検索キーワードとして利用すると、それが検索結果にも反映されます。

 

つまり、検索ワードにURLの文字列が含まれていた場合
これを認識して検索上位に表示される場合もありますし
検索エンジンも認識した証としてURLを太文字で表示させます。

 

基本的なURLの付け方は、記事、もしくはページの内容と属性が合っているようにする事。
これにより、検索エンジンからも評価を受けやすく、結果SEO効果も期待できるのです。