記事などのコンテンツで利用する画像もSEO対策の方法として重要な役割があります。

今回はこの画像を使ったアクセスを集める方法を解説します。

画像検索はネットユーザーが良く利用するものでもありますので
このテクニックもしっかり覚えるようにしましょう。

アクセスアップ
 

 

 

 

 

 

alt属性とは?

alt属性とは、画像表示させる場合に使用するタグの設定の事。
具体的にはこんな感じです。(↓↓黄色部分)
オルト属性

 

このalt属性は検索エンジンのキーワードに該当し、
表示される画像がどのようなモノなのかを認識させるために使います。

 

例えば、以下の仔犬の写真がありますが
この写真を見たネットユーザーは、ひと目で仔犬の写真と認識できますが
検索エンジンはその画像が何なのか?は認識できません。
仔犬

 

 

 

 

 

 

そこで、alt属性を使って「alt=”仔犬”」と設定することで
この画像は仔犬だと検索エンジンも認識することができるのです。

 

このようにalt属性を設定するだけで
検索エンジンの画像の認識は明確になってきます。

 

しかし、多くのサイトはこのalt属性を設定していない場合があり
それでも、検索エンジンは画像を認識してくれています。

 

では、検索エンジンはalt属性をつけていない画像をどうやって認識しているのか?というと
画像が表示されているサイトの周りの文章から自動的に推測して認識しています。

 

つまり推測ですから、必ずしもその画像を明確に認識しているものではありません。

 

ですので、検索エンジンに明確に認識してもらうため
画像を使用する場合は、alt属性は必ず設定するようにしましょう。

 

title属性とは?

title属性とは、画像の補足説明に使用するための属性です。
具体的にはこんな感じです。(↓↓赤枠部分)
タイトル属性

 

title属性を設定すると、画像の部分にカーソルを重ねると設定した文字列が表示されます。
(上記、仔犬の写真にカーソルを合わせてみて下さい。)

 

実はtitle属性を設定してもSEO効果は無いと言われています。
ですが、やらないよりはやった方が良いですので、alt属性とセットで設定して下さい。

 

alt属性とtitle属性設定時の注意事項

alt属性とtitle属性の文字列はあまり長くならんないようにしましょう。
具体的には多くても10文字程度に抑えましょう。

 

また、設定の仕方にも注意して下さい。

 

「” alt=」 この alt の前には半角でスペースが入っていること。

 

「” title=”」 この title の前には半角でスペースが入っていること。

 

この半角スペースが入っていないと、この属性は設定できませんので注意して下さい。

 

alt属性の設定でアクセスアップに繋げる方法

alt属性の効果が発揮されるのは、Googleなどの検索エンジンを利用した画像検索です。

 

例えば、以下の図のように「仔犬」のワードで画像検索をしたとします。
タイトル属性

 

 

 

 

 

 

すると、右端にalt属性を設定した該当の仔犬の写真が表示されます。

 

これは、あくまでも検索上位に表示されたもので
画像も検索上位に表示される条件は、
画像が貼られているサイトがどれだけ強いか?にかかっています。

 

つまり、サイトが強よければ強いほど画像も上位表示されやすいワケです。

 

この場合「仔犬」という良く使われるキーワードでalt属性を設定していますが
もし、サイトがそんなに強くなかった場合に上位表示させる方法は
ある程度ニッチなワードにしてalt属性を設定しておくと、上位表示される可能性も高くなります。

 

また「仔犬」のような良く使われるワードで上位表示させる方法もあります。

 

それは、画像を加工してオリジナルの画像にしてしまい
他にはないたった1つだけの画像であると検索エンジンが認識してくれたら
このような場合でも、上位表示される可能性が高くなります。

 

なお、画像加工の方法については、コチラ↓↓を参照下さい。
参考サイト:【無料画像加工ツールPhotoscapeの具体的な使い方】

 

まとめ

alt属性の設定や画像加工はそれほどSEO効果は得られないかも知れません。
ですが、やらないよりはやった方が絶対良いと思います。

 

特に画像加工は面倒ですが、これを習慣付けておけば
アクセスアップにも貢献できる場合がありますので、是非オススメします。

 

また、最近では画像利用の著作権問題が深刻化しています。
画像を加工して使用したとしても、元々は著作権のある画像の場合がありますので
そこは細心の注意を払って実践するようにして下さい。