WordPress(ワードプレス)を利用する場合、URLの最適化を行う手段として
パーマリンクの設定が必要になります。

ここでは、初心者の方にはそもそも意味がわからないと思いますので
そこから丁寧にお話し、設定方法や使い方まで解説いたします。

パーマリンク
 

 

 

 

 

 

 

パーマリンクって何?

パーマリンクの設定、使い方をご説明する前に
そもそも「パーマリンクって何?」についてご説明します。

 

パーマリンクとは?別名「固定リンク」とも呼ばれ
ワードプレスを利用する場合に、必ず最適化が必要となってきます。

それは何か?
簡単にご説明すると、サイトやブログの投稿記事毎に割り当てられるURLの事。

これを最適化することで、記事を投稿した際に自動でURLを割り当てられ
記事独自のURLが更新されていきます。

 

パーマリンクの設定方法

パーマリンクは、ワードプレスがインストールされたブログ管理画面で設定を行います。

 

まず、ワードプレスの管理画面から
サイドバーにある「設定」から「パーマリンク設定」を選択し設定を行います。
パーマリンク1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カスタム構造」のURL部分の変更を行います。

基本的な変更は「/%post_id%.html」を入力します。

これを入力することで、URL部分に番号が自動的に振られます。

ちなみに具体的には、当ブログのURLにもあるように
パーマリンク2

 

 

上記の赤い部分のように、番号がURLとして設定させるようになります。

 

スラッグ変更方のパーマリンク設定

SEO的に効果があるのが以下のカスタム構造の変更方法です。

/%postname%-%post_id%」もしくは、「/%category%/%postname%/」とカスタム構造の部分に入力します。

これを設定することで、毎回記事を投稿する毎にスラッグを手動で変更する必要が出てきます。

スラッグの変更方法は、以下の図のように手動でURLを設定して行きます。
パーマリンク3

 

 

 

 

 

 

 

このように毎回の記事投稿毎に「パーマリンクで編集」をクリックし
URLをキーワード化し、検索上位にヒットできるよう最適化していきます。
具体的には
パーマリンク4

 

といったように上記赤い部分をURLとして最適化します。

このようにすると、何の記事なのか?ともわかりやすくなりますし
それにより、他のひとからもリンクをもらいやすくなる可能性があります。

ただ、もっとわかりやすいようにと、パーマリンクの部分を英数字から日本語にしてしまうと
例)「netbusiness」→「ネットビジネス」
実際のURL表示が文字化けしてしまいますので、見た目にもあまり良くありません。

なので、スラッグ変更をする場合は、なるべく英数字でURL設定するようにしましょう。

 

パーマリンク設定時の注意事項

パーマリンク設定は、サイトを作成する最初の段階でやって下さい。

つまり、最初に1回だけ設定する事!

何故か?というと
パーマリンクを途中で変更してしまうと、リンクが全て異なるカタチになってしまい
被リンク効果が無くなってしまうからです。

要は、変更前に被リンクを貼ってしまった場合、そのURLが無効となってしまうからです。