ネットビジネスを実践するにあたり、気をつけなくてはいけないのがネット上での法律の問題。
その中でも一番、法律違反しやすいのが著作権や肖像権の侵害違反です。

例えば、勝手に使ってはいけない有名人の写真。
または、特定の法人の権利侵害などもあります。

ここでは、そんな、ネットビジネスをやっていう上で、しっかり守らなくてはいけない事を
実践における基礎知識として解説します。

ネットビジネスの注意点
 

 

 

 

 

 

 

そもそも著作権や肖像権って何?

ネットビジネス実践で、最も問題となりやすい著作権や肖像権について
基本的なことを解説します。

 

著作権について

著作権は、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなど
様々な表現形式によって作成された創作物(著作物)に対して、
作成者に対して有する知的財産権の事。

 

要は、その創造物の著作者に対し、所有物としてついてくる権利の事で
それを、第三者が勝手に使用することは法律的に認められていません。

 

参照サイト:【著作権(ウィキペディア)】

 

例えば、著作権には以下のようなものが該当します。

 

・画像(イラスト等)につく著作権
イラストや絵画などを製作した作成者に対し帰属する著作権。
これを他者が無断で利用することは禁じられています。

 

・音楽における著作権
音楽も作詞・作曲した製作者に著作権があります。
他者がこれを無断で演奏したり、録音や販売をした場合も法律で厳しく罰せられます。

 なお、YouTubeなど動画コンテンツのBGMとして書作権のついた楽曲を使用した場合、
動画コンテンツ配信元から警告を受け、音楽が削除されたり、場合によっては投稿が認められない場合もあります。

 

・映像使用における著作権
映画館などでも、上映前に警告がありますが
映像に関しても、厳しい権利が発生する著作権があります。

 また、他者が無断で録画転売することも禁じられています。

 

・文章作成者に帰属する著作権
文字~つまり文章にも著作権があります。
記事を多く書くネットビジネスにおいては、特にこれには注意が必要ですが
他人が書いた記事を、コピーし、そのまま引用することは固く禁じられています。

 ただし、作成者の承諾を得て、引用している旨の記述をしコピーする場合はあります。

 

肖像権について

著作権は、肖像(人の姿・形及びその画像など)が持ちうる人権のことを指します。

 

これは、各個人が持つ人格の権利とも捉えるころが出来
個人の写真などを勝手に使用された場合に生じる権利です。

 

いわゆるこれは、プライバシーの侵害とも言えます。

参照サイト:【肖像権(ウィキペディア)】

 

ネットビジネスで気をつけなくてはならない著作権と肖像権

ネットビジネス実践において、この著作権や肖像権はかなり気をつけないといけません。

例えば、以下のことについて注意をして下さい。

 

・他人のコンテンツをコピーしない事。
コピーコンテンツは作ってはダメです。
つまり、他人が作成した文章をそのままコピーしたり、
他人が考えたキャッチコピーなどを勝手に使用することも違反行為です。

 

・画像の使用方法について
トレンド・アフィリエイトなどで、タレントなどの写真を無断で使用するケースが多々あります。
実はこれも肖像権に違反する行為なのですが、
タレントの場合は”顔”を露出することに宣伝効果があるため、
これを黙認している場合が多いのが現状です。

 ですが、やはりクレームの対象となる場合もあり、
このような場合は、クレーム元に誠意を持って謝罪し、即時に削除しなくてはなりません。
また、一般人の写真を無断で使用することは、絶対に許されません。

・画像や音楽は著作権フリーの素材を使用する。
画像や音源の著作権、肖像権の侵害を避けるためには、著作権フリーの作品を使用することをオススメします。
参考:【著作権フリーの無料イラスト素材、写真、フォントサイトのまとめ】

 

まとめ

ある意味、無法地帯と化しているインターネット社会。
このような著作権・肖像権の侵害は、そこらじゅうに蔓延っています。

 

だからといって、あなたがこのような違反行為をして良いということではなく
ネット社会を正常なモノにしていくためにも、法律やマナーは守るようにしましょう。

 

また、こんな違反行為に対応すべく
最近ではGoogleなどのネット運営会社もガイドラインが厳しくなり
違反者の排除・淘汰が始まっています。

 

このことにより、著作権・肖像権の枠組みも今後変わっていくことも予想されます。
ですので、ガイドラインには常に目を向け、変化していくネット社会に対応出来るよう
ネットビジネスを進めていく必要があります。