ここでは、WordPressをお使いの方に、是非導入して欲しいプラグインの1つ
「Google XML Sitemaps」の導入方法と設定、及び使い方について解説していきます。

このGoogle XML Sitemapsは、ネット上でサイトを巡回するロボット(クローラー)に、自分のサイトの更新情報を迅速に伝え、より早く検索エンジンにインデックスさせるためのものです。

GoogleXMLSitemaps
 

 

 

 

 

Google XML Sitemapsとは?

Google XML Sitemapsというプラグインを使うことにより、Googleの検索エンジンに、より早く自分のサイトを認識してもらうため、Googleウェブマスターツールに登録することで、クローラーが読み取るためのサイトマップを送信するものです。

 

ちなみにこれは、クローラー専用のプラグインで、閲覧者が見るサイトマップとは別のモノです。

 

このプラグインを利用することにより、検索エンジンにインデックスしてもらうための促進になります。

 

Google XML Sitemapsの導入方法

Google XML Sitemapsの導入(インストール)については
Wordpressの管理画面より「プラグイン」⇒「新規追加」で「Google XML Sitemaps」と入力し検索をかけると出てきます。

 

なお、検索のかけ方や基本的なインストール方法については、
ほとんどのプラグインは共通ですので、コチラを参照して下さい。

参考:【WordPressのプラグインインストール方法】

 

設定方法

インストールが完了し「有効化」しましたら、設定を行います。

 

Google XML Sitemapsを導入しましたら、管理画面の「設定」に「XML Sitemap」がありますので
それをクリックします。
GoogleXMLSitemaps設定1

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「sitemapはまだ構築されていません。ここをクリックしてsitemapを作成してください。」
という文章がありますので、その文章内の「ここ」をクリックします。

なお、プラグインのバージョンアップにより、現在ではこの作業が必要ない場合があります。
その場合は、Googleウェブマスターツールへのサイトマップ送信作業に移行して下さい。

 

クローラー向けのサイトマップが作成されましたら、以下のようなメッセージが表示されます。
GoogleXMLSitemaps設定2

 

 

 

 

 

Googleウェブマスターツールにサイトマップを送信する

以下を参照して、Googleウェブマスターツールからサイトマップを送信して下さい。

参考:【Googleウェブマスターツールの登録とサイトマップ送信方法】

 

GoogleウェブマスターツールとGoogle XML Sitemapsの連携

GoogleウェブマスターツールとGoogle XML Sitemapsは密接な関係があります。
つまり、Googleウェブマスターツールに登録したら、
必ずGoogle XML Sitemapsは導入して下さい。

 

クローラーにサイトマップを送信することは、実際には目に見えませんが
これを設定することで、自動でインデックス対応してくれるようになります。