WordPressを利用する場合、オプションで使うプログラム。
つまりプラグインの導入が必須条件となります。

ここでは、そんなプラグインの基本的なインストール方法を解説します。
この方法は、ほとんどのプラグインの導入時に使えますので覚えておいて下さい。

プラグイン
 

 

 

 

 

プラグインとは?

プラグインは簡単に説明すると「拡張機能」です。

 

これは、Webコンテンツを円滑に処理するために利用する追加プログラム。

ここではWordPressの拡張機能であるプラグインを解説していますが、
WordPressにも、様々なプラグインが存在し、ほとんど無料で利用することが出来
これを導入することでサイトの機能が大幅に上昇します。

 

但し、便利だからと言って、何でもかんでもインストールしないようにしましょう。

あまり、インストールしすぎると、WordPressそのものに負担をかけますので
厳選して多くても30個程度に抑えるようにして下さい。

 

プラグイン検索でインストールする方法

最もオーソドックスなインストール方法がこのやり方です。

 

WordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックすると、
下図のような画面が表示されます。
プラグイン操作1

 

 

 

 

 

 

 

ここで、インストールしたいプラグイン名を「プラグインの検索」欄に記入しEnterを押します。
すると、下図のように該当のプラグインが表示されますので「いますぐインストール」をクリックします。
プラグイン操作2

 

 

 

 

 

 

 

「いますぐインストール」をクリックすると「本当にインストールしますか?」と聞いてきますので
インストールしたいプラグインであることを確認して「OK」を押して下さい。

 

最後に「プラグインを有効化」をクリックすれば、インストールしたプラグインが起動して完了です。
プラグイン操作3

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的なプラグインのインストールは、この手順で行えば良いですが
プラグインによっては、他に設定が必要な場合がありますので、プラグイン毎の解説で設定は行って下さい。