ネット・ビジネスは集客・アクセスを集めるのが命!

なので、自分のビジネスサイトやフブログ、そして記事を投稿した時
検索表示、つまりインデックスされないと何も意味がありません。

このインデックスは、タイムラグはあるものの、通常は必ずインデックスされます。
でも、時にはいつまで経ってもインデックスされないケースも。

そんな場合の原因と改善策について、ご説明いたします。

googleクロ-ル
 

 

 

 

 

 

 

インデックスされない原因とは?

インデックスされない原因は、基本的に検索エンジンのクローラ-が
自分のサイトを巡回しないことにあります。
参考記事:【検索エンジンの仕組み】

 

クローラーが巡回しない?その原因は3つほどあります。

 

・Googleウェブマスターツールにサイトを登録していない。

 

・Googleのガイドラインに違反している。

 

・クローラー制御タグが入っている。

 

以上、この3つの原因について改善策をご説明します。

 

インデックスされるための改善策

確実にインデックスされるため、以下の改善策をとって下さい。

 

Googleウェブマスターツールに登録する

サイトやブログを運営する場合は、必ずGoogleウェブマスターツールへのサイト登録して下さい。
参考⇒【Googleウェブマスターツールの登録方法】

 

Googleウェブマスターツールにサイトを登録するとクローラーが巡回しやすくなります。

 

また、特にインデックスさせたい記事などは、その記事へおリンクを貼ったりして
露出度を増やせば、クローラーも認識してくれやすくなります。

 

Googleのガイドラインに違反していないか?

サイトを運営する場合は必ずGoogleのガイドラインを確認して下さい。

 

参照:【Googleウェブマスター向けガイドライン】

 

もし、ガイドラインに違反すると、登録しているGoogleウェブマスターツールに警告が届きます。
(警告が来ない場合もあります。)

 

そのような警告が来た場合は、即対応することはもちろんですが
警告では済まず、ペナルティを受け、インデックスそのものを削除される場合があります。

 

こうなったら最悪で、まずそのサイトは復活出来ないのと思って下さい。
もし、復活出来たとしても、ペラルティ解除にはそれ相当の作業と時間がかかってしまいます。

 

インデックス削除された場合の対策としては、ペナルティ解除するために使う労力をするくらいなら
潔くそのサイトは捨て、新しく作り直した方が得策です。

 

とにかく、Googleのガイドラインに違反しない事が大切!
ガイドラインはしっかりと熟読し理解してからサイトの運営を行いましょう。

 

クローラー制御タグの記述はないか?確認する

通常、ブログなどに記事を書いてもクローラー制御タグの意識はしないと思います。
ですが、万が一のことを考え、この対策も頭に入れておきましょう。

 

これはHTMLの記述を少しでも理解していないと対策はとれませんので、予めご了承ください。

 

HTML表記の確認の仕方は、書いた記事の上にカーソルを合わせ右クリックし
「ページのソースを表示」で確認することが出来ます。(Windowsの場合)

 

HTMLソースのmetaタグに以下の設定が入っていては、
インデックスされなくなりますので確認しておいて下さい。

 

・noindex:この記述がある場合はページがインデックスされません。

 

・nofollow:この記述があるリンク先のページにはクローラーが巡回しません。

 

ただnofollowは良く使います。
その理由は、自分のサイトに悪い影響が出そうな外部サイトにリンクを貼る場合は、この記述を使うことによって
自分のサイトに被害が出にくくなります。

 

最後に

早くインデックスされるようになるためにはGoogleのガイドラインに違反しない事と
サイトを頻繁に更新し、需要の高いサイトだとクローラー認識してもらうことです。

 

作りッぱなしで、ほとんど更新履歴の無いサイトだとクローラーも巡回しにくくなり
結果、インデックススピードも遅くなります。