インターネットで何か調べモノがるときに、調べたいキーワードを入力して探す
GoogleやYahoo!などの検索エンジン。

調べたいモノの該当リストが瞬時に表示されるこの検索エンジンの仕組みって気になりませんか?

ここでは、そんな検索エンジンの仕組みについて簡単ですが解説してみたいと思います。

検索エンジン
 

 

 

 

 

ネットビジネスを実践する上で、検索エンジンの仕組みを知っておくことは必要です。

 

それというのも、検索エンジンのチカラがないと、ネットビジネスは成功しないといっても良いほどですからね!

 

検索エンジンとは?
Web上に公開された情報を集め、
ユーザー(閲覧者)が必要としているレアな情報を適切に検索し表示出来るようにしているのが
そもそもの検索エンジンの仕組みの概略です。

 

また、その仕組みは日々精度を上げ、機能も向上しレベルアップしています。

 

記事が公開され検索エンジンで認識、評価、順位付けされるまでの工程

Web上に、サイトや記事を公開した際、
どのような流れで記事等が認識され検索順位を付けられているのでしょうか?

 

それを大まかな流れで表しますと以下のようになります。

サイトやブログの記事投稿
  ↓
Googlebot
  ↓
リポジトリ
  ↓
インデックスサーバー
  ↓
フロントエンドサーバー


 

以下、この流れについて工程毎に解説します。

 

Googlebotとは?

近年、膨大に広がるインターネット上の情報量。
それを円滑に集めるためGoogleは努力し、情報を集積する機能を高めています。

 

その情報を集積することをクローリングと呼び
クローリング作業をGoogleが開発したプログラム「Googlebot」が行っています。

 

つまり、GooglebotはWeb上に公開された情報を、解析する前にまずかき集めているのです。

 

リポジトリの役割

Googlebotがクローリングして集めた情報は保存しなくてはいけません。
その保存するデータサーバーのことをリポジトリと呼びます。

 

インデックスサーバーの重要性

インデックスサーバーとは、リポジトリに保存(一時保存)された情報を
要点別に抜き出す機能のことをいいます。

 

このインデックスサーバーは非常に重要な役割を持ち、
いわゆる検索エンジンが記事などの情報を認識してくれるインデックスがそれになります。

 

この見極め、認識する作業のことをインデックス作成と呼び、これを早く完了させるには、インデックスさせるための努力をサイト運営者は行わなくてはいけません。

 

サイト運営者が書いた記事などを、インデックスサーバーが見極めるには
その記事に何が書かれているのか?
記事内の単語(キーワ-ド)の出現率、及び書かれている位置等のいついて判断し認識します。

 

インデックスサーバーにより、ほぼ検索の順位付けも決まりますが
その順位付けのランクを決めるのはインデックスサーバーでは無く、
あくまでも検索エンジンの総合的な判断によるものです。

 

つまり、検索エンジンにサイトや記事の重要性を認識してもらうには、サイト運営者のテクニックが必要となります。
それがSEO対策になるのです。⇒【SEO対策とは?意味と重要性】

 

フロントエンドサーバー

インデックス作成されたサイト記事等を、
最終的にユーザー(閲覧者)の目に触れられるようにするのがフロントエンドサーバーの役目です。

 

要は、ユーザが検索するキーワード・語句(検索クエリ)に対して、適切・該当する記事を呼び出し
それを具体的に順位付けさせて表示させているのがフロントエンドサーバーです。

 

また、サイト運営者が適切にサイトの運営を行っているのか?
それをチェックする役割を担っているのもフロントエンドサーバーです。

 

ここで、Googleのガイドラインに違反した行為などを行っていた場合は
ペナルティ対象となってしまい、アップデートを受けてしまう可能性があります。
参照:【グーグルペナルティのパンダとペンギンアップデートとは?】

 

最後に

検索エンジンの一連の流れは以上になります。

 

実際に、自分が投稿したサイト記事等を検索上位表示させるには、どの工程でそれが行われているのか?知っておく必要があり、その評価を上げるのもサイト運営者にかかっていると覚えておいて下さい。

 

そのためには、適切なサイト運営が必要でSEO対策の知識をしっかりと得て置くことは
ネットビジネスで成功するために必須となります。