こんにちは!なおなりです。

トレンド・アフィリエイト。
それは初心者の方でも比較的簡単で、しかも最速で稼げる手法として
私のコンサルティングでも教えているノウハウです。

しかしながら、そんなトレンドでもなかなか稼げない人がいます。
それは何故なのか?原因と問題点を10項目ほど挙げてみましたので
まだ稼げていない方は、参考にしてみて問題点の改善に役立てて下さい。

トレンドアフィリエイトで稼げない原因
 

 

 

 

 

 

キーワード選定を間違っている

トレンドアフィリエイトの実践において、稼げない人で最も多いのは
キーワード選定を間違っていることです。

 

要するに、需要の無い!もっと言い方を変えると誰からも検索されないキーワードを使っているため
アクセスも呼べないでいるのです。

 

このような記事は、どんな良い内容でも誰も読んでくれないし、
いわゆる自己満足でしかありません。

 

それは、具体的にはどういうことか?
例えば、あなたがある地下アイドルのファンだったとします。

 

地下アイドルだから、まだなかなか地上~表舞台には出ていないので知名度も低い。
そんなアイドルの記事を書いたところで、コアなファンしかあなたの記事を読んでくれません。

 

つまり、コアなファン層をターゲットにしたところで、
トレンドで稼げるほどのアクセスは呼び込めないのです。

 

これは自己満足が故に起こってしまうキーワード選定ミス。
自分が興味が無くても、多くの人が読んでくれそうな話題を選んで
キーワードもそれに添ったカタチで選定して下さい。
参考記事:【キーワード検索サイト「goodkeyword」の使い方】

 

記事にオリジナル性が無い

特に初心者の方がよくやってしまうのが、このやり方。

 

つまり、Yahoo!ニュ-スなど、ニュースサイトから記事をコピーして書いていること。

 

勘違いしては困るのですが、
トレンドアフィリエイトとは?ニュース記事を書くことではありません。

 

このようなYahoo!ニュースなどの大手のニュースサイトに対抗して
コピペはしないまでにも、同じような記事を書いたところで個人がかなうハズもありません。

 

あくまでもニュースサイトは、ネタ探しのために必要な参考資料にすぎません。

 

ニュースサイトで取り上げられた内容に加え、ユーザーが何を知りたいのか?
それをしっかりリサーチすることが大切です。

 

例えば「このニュースに関連するキーワードは何か?」それを調べます。
そこに需要を見つけられれば、あなたの書いた記事には圧倒的にアクセスを集められるでしょう。

 

このような記事の書き方を”ズラし”のテクニックと呼んでいます。

 

競合が多いキーワードばかり使っている

これもやってしまいがちな実践ケース。

 

必ずしも、大きな話題になっているネタだからアクセスを集めやすいと思っていてはダメです。
そこには必ず、強い競合相手が存在します。

 

強い競合相手とは?SEO対策をバッチリ施したサイトで、あなたのサイトは太刀打ちできない可能性が高いです。

 

これの対策方法としては、ライバルチェックを行うこと。
記事を書く際に、あらかじめ自分が選定するキーワードで競合を検索してみて
どれだけ競合相手が強いか?確認しておきましょう。

 

タイトルの付け方が適切ではない

記事タイトルの付け方もトレンドで稼ぐ大きなポイントです。

 

例えば、タイトル文が短すぎたり、逆に長すぎるのも良くありません。

 

記事タイトルは32文字以内で書く

記事タイトルは短過ぎず、長過ぎずがポイントです。
その目安の長さは32文字。なるべくこの文字数に収まるように書くのがベストです。

 

狙うキーワードは3つまで

とにかく需要のありそなキーワードをタイトルに並べたくる
そんな人が多くいます。

 

その理由はキーワードをたくさん入れてしまうと、タイトル文としての意味が通じなくなる事。
それは検索エンジンとっては低評価の対象になってしまう可能性があります。

 

ですので、ユーザーが検索するキーワードの組み合わせはどれくらいあるのか?
それが基準になってきます。

 

基準のキーワード数は3つまでにしましょう。
その3つなら、文章としてタイトル文をつなげやすいと思います。

 

記事の文字数が少ない

日記的要素で利用するブログならともかく
ネットビジネスで運用するブログで文字数が少ないのは致命的とも言えます。

 

何故なら、文字数が少ないと検索エンジンに文章としての認識をしてもらえず
SEO的にも評価が低いサイトとして分類される可能性があるからです。

 

そのような評価にならないためにも、最低500文字以上の記事を書く事が大事です。

私としては、質問をいただくコンサル生には出来るだけ多く書くように!と指導していますが
目安としては、1000文字以上が良いと思われます。

 

記事の内容が粗雑過ぎる

私もいろんなトレンドブログを見てきましたが、
文章の書き方が乱暴で、且つ起承転結でまとまっていない記事は読んでいてもつまらなく
時には不快に感じることもあります。

 

文章の書き方については上手い下手がありますが、
下手は下手なりに、丁寧な文章を書くように心掛けましょう。

 

また、文章の起承転結の書き方については、
文章力の優れた他人の記事の書き方を真似てみるのも良いでしょう。

 

さらに、記事タイトルにこだわりすぎた故に
肝心の文章が、タイトルと異なってしまう場合もありますので、これも気をつけて下さい。

 

ブログのボリュームが足りない

ブログのボリュームとは、投稿する記事数のことです。

 

私にトレンドアフィリエイトで稼げないと相談して来る人の多くは、あまり記事を投稿していない人が多く、20~30記事書いた程度で「何故稼げない?」と言ってきます。

 

ハッキリ言いますが、これくらいの記事数では
あまりにもボリュームが少なく結果を出すには難しい!

 

月収10万円の収入を目指すのであれば、出来れば200~300記事は欲しいところです。

 

アドセンス広告の配置位置が悪い

トレンドアフィリエイトにおいて、
キャッシュポイントであるアドセンス広告の配置位置は重要です。

 

とにかく、目立つ位置に広告を設置しなくてはいけませんが
かと言って、肝心の記事が読みづらい位置に配置するのも良くありません。

 

広告のクリック率を上げるのに、広告を配置する場所は
記事本文の先頭に1つ。
記事本文の中間(段落)に1つ。
そして、記事の末尾に1つ。
と合計3カ所に設置するのがクリック率が上がりやすいと言われています。

 

但し、クリック率を上げようと3つ以上のアドセンス広告を貼ることはNGです。
3つ以上貼るとGooogleから警告が来て、最悪の場合広告配信停止のペナルティを受けてしまいます。

 

WordPressを使用していない

最短で結果を出し、長く稼ぎ続けたいのであれば、トレンドアフィリエイトは有料ブログを利用し、ブログソフトはWordPressを使うことをオススメします。

 

経費削減のため?無料ブログでトレンドアフィリエイトをやっている人もいますが
無料ブログだと、いつ削除されてしまうか?わからないリスクがあります。

 

また長く運用する上ではSEO効果も低くなり、上位表示も難しくなる傾向があります。

 

さらに、多くの記事数を必要とするトレンドにとって、容量の大きいレンタルサーバーを使うことで
負担を考えず、自由に記事を投稿することが出来ます。

 

スマートフォン対策をしていない

近年、スマートフォンの爆発的普及により
トレンドアフィリエイトにも、スマートフォンでの需要が大きくなっています。

 

トレンドブログを立ち上げ、そのままでもスマートフォンで閲覧することは出来ますが
見ずらかったり、広告の配置が不自然だったりしてスマホユーザーに敬遠されてしまう場合もあります。

 

スマートフォンに対応するには、テンプレートの選択も大事で
レスポンシブデザインを採用しているテンプレートを用いれば、
広告のサイズもスマートフォンに合わせて表示してくれます。

 

まとめ

トレンドアフィリエイトで思うように稼げない原因は
ここに挙げた10項目にほとんどが該当します。

 

また、中には「記事そのものが書けない!」と悩んで相談して来る人もいますが
それを解決するには、とにかく記事を書き続け慣れるしか方法はありません。

 

それでも「書けない!」と言うのであれば、キツい言い方になりますが
トレンドアフィリエイトはおろか、ネットビジネスで稼ぐのは諦めた方が良いかも知れません。

 

とにかく、ネットビジネスで稼ぐ為には記事を書くことが基本です。
そんな記事を書くためにも、トレンドアフィリエイトの実践はとても有効です。