誰でも無料で使えるSNSの代表格として人気のTwitter(ツイッター)
これはあらゆる面でフリーで使え、商用目的としても広く利用されています。

もちろんそれは個人での商用利用も可能で、
私たちがやっているようなネットビジネス(アフィリエイト)でも活用出来ます。

ここでは、そんなTwitterの活用のしかたについて
どのようにすれば良いのか?解説して行きたいと思います。

Twitter集客
 

 

 

 

 

 

個人ビジネスでのTwitter利用目的

インターネットを使って個人でビジネスを行う場合、サイト等の媒体が必要ですが
ただサイトを立ち上げてもなかなかアクセスは集まりません。

 

そこで、アクセスを集めるための手段としてTwitterを利用するワケですが
簡単にTwitterアカウントを作成しても、それが集客に直結するワケではありません。

 

そこでTwitterアカウントを作成する際、押さえておかなくてはいけないのが以下の2つです。

 

・Twitterアカウントの属性・目的をハッキリさせる。

・属性毎のTwitterアカウントを量産する。

 

自由度の高いTwitter。
それが故に、どんなことでもつぶやけるためある意味フランクなアカウントを作成しがちです。

 

ですが、作成する場合はどんな属性のユーザーを集めるか?
その目的をハッキリさせて丁寧に作成することが必要です。

 

これが出来ていないアカウントだと、それ自体に付加価値が無ければアクセスを集めることは出来ません。”誰でも無料で自由に使える”というのはそれだけ利用が難しいのです。

 

そして、ビジネスのためより集客させるには、しっかりしたアカウントをより多く
量産する必要もあり、それらに付加価値をつけるためには、アカウントの熟成も必要となります。

 

ビジネスのためのTwitterアカウントの作り方

ビジネスでTwitterアカウントを作成する場合、まずそのアカウントをブランド化させる”ブランディング”が必要です。

 

ブランディングという言葉を使ってしまうと難しそうにも聞こえますが、そうではなく
基本的にそのアカウントがTwitterユーザーから客観的にどのように見られるのか?
それを意識して作成することがブランディングに該当します。

 

つまり、どんなユーザーを集めたいのか?属性をハッキリさせる。
例えば、ネットビジネスにおいて集めたいお客さんは、趣味趣向や雑談などではなく
どんな層にターゲットを絞るか?が属性となります。

 

学生や主婦層、サラリーマン、中高年など、その層のよって興味が湧く内容は異なります。
そこをしっかりリサーチして的確なアカウントを作成し、つぶやく内容も興味を引くモノにする。

 

一見難しそうですが、リサーチさえしっかり出来れば意外に簡単です。

 

 

次に集客にとって最も重要なのがSEO対策。
いくらブランディングを意識してアカウントを作成しても
それがユーザーの目に止まらなければ意味がありません。

 

そこで必要なのがキーワードです。
集めたいユーザーが興味を持つキーワードをいくつか利用し、つぶやく内容に盛り込む。
参考記事:【SEOを意識したTwitterアカウントの作り方】

 

またハッシュタグを利用するのもSEO効果に役立つでしょう。
参考記事:【ハッシュタグ機能の重要性と使い方】

 

Twitterアカウントの量産目的とその方法

Twitterをビジネスに活用するために必要なアカウントの量産。正直、これが最も大変な作業です。

 

どれだけアカウントを量産すれば良いのか?
属性がしっかりヒットし、アクセスを確実に集められるのであればアカウントは少なくても良いのですが
一般的には最低でも10個以上は作成するようにしましょう。
ちなみに私の場合、凍結されてしまったアカウントも含めると50個以上は作成しています。

 

量産目的は、属性毎のユーザー層に絞ってアクセスを集める事。
例えば、主婦層を集めたいのであれば、子育ての合間に出来るビジネスのやり方をつぶやいたり
パートで働きたいけど、時間制限があってなかなか出来ない人のための提案をするなど
同じ主婦層でも、属性は細分化出来ます。

 

これを、もっと広い範囲で考えれば、必然とアカウントを量産しなければならない数が明確になってきます。

 

そこで、アカウントを量産する具体的な方法について
参考になる記事がありますので、そちらをご覧下さい。
参考記事:【Gmailアドレス1つでTwitterアカウントを量産する方法】

 

Twitterアカウントの凍結を防ぐ方法

私もこれまでTwitterアカウントを量産してきましたが、
量産を始めた当初は、かなりの数のアカウントが凍結されてしまいました。

 

基本的にスパム行為をしなければアカウントが凍結されることはないのですが
やはり、スパム行為をしないという意識をしていても凍結されてしまう場合が多いの現状です。

その原因と解決方法については以下を参照していただければ良いのですが
参考記事:【Twitterアカウントが凍結される原因と解決方法】

 

量産ともなると作業が大変ですので、凍結のリスクを極力抑えたい。
そんな場合のポイントとして、以下の2つの方法がありますのでしっかり押さえておいて下さい。

 

① 相手にブロックされないための凍結防止対策

アカウントが凍結されてしまう原因のひとつとして
他のTwitterユーザーに自分のアカウントがブロックされてしまうことです。

 

これをされてしまうと、かなりの確率でアカウントが凍結されてしまいます。
では、何故ブロックされてしまうのか?その原因ついていくつか挙げてみました。

 

・相手が不快になるような迷惑なツイートを連発する行為。

・NGワードや暴言、マナー違反などのツイート。

相手に必要のない(価値観の違う)ツイートが多い。

・リツイート(RT)がやたらと多い。

・DMでの個別勧誘。

 

など、要するに相手にとって不要であり、
中には不快なつぶやきをするアカウントは嫌われブロックされやすくなります。

 

ただ、ブロックを恐れるあまりツイート内容が中身の無い、面白くなかったりしても
フォロワー(読者)を増やすことは難しくなります。

 

このようにならないためにも、フォロワーを多く集めている他のアカウントを参考にして
やり方を真似することも必要です。

 

しかしながら、ツイッターでフォロワーを増やすには、それなりの実践経験が必要で
やって行きながら、どうすればユーザーの興味を惹くアカウントが運用出来るのか?
そういった意味でもアカウントの量産は役立つ方法でもあります。

 

② IP分散で凍結を防止する

私がアカウントを量産し始めた頃、多く凍結されてしまった原因が
1日に何個もアカウントを作ってしまったということでした。

 

それはどういうことなのか?
短期間でアカウントを作成してしまうと、同一IPになってしまい、
それが不正な行為とみなされ、アカウントがすぐに凍結されてしまうからです。

 

そのやり方は1個アカウントを作成したら、一定期間日にちを置いてから少しずつ作成して行く
この方法が、もっとも凍結されにくいやり方ですが、時間がかかってしまうのが難点です。
参考記事:【SEOを意識したTwitterアカウントの作り方】

 

量産したTwitterアカウントの管理方法

Twitterアカウントを量産すると、当然ですが管理が大変になってきます。
もちろん1つ1つのアカウント情報を押さえておくのも大切ですが
量産してもアカウントは運用しなくてはいけません。

それには、自分の作業に負担かけない方法を取ること。
この方法について解説します。

 

Twitterbotを活用する

Twitterbotとは、自動でつぶやけるサービスのことです。
詳しくはコチラを参照して下さい。
参考記事:【Twitterbotとはビジネス活用する必須ツール!】

 

ただ、Twitterbotを使用する場合、あからさまな”自動ツイート”はしないようにして下さい。

自動ツイートであっても、なるべく自然なカタチでつぶやくように心懸ける。
あからさまな自動ツイートは、嫌われてブロックされる危険もありますので慎重に活用して下さい。

 

量産アカウントの管理台帳を作成する

ExcelやWordなど、またはノートでもかまいません。
量産したアカウントの管理台帳を作ることをお薦めします。

 

管理する項目は以下のとおり

・アカウント基本情報(ID、作成日、アカウント名、アカウント属性など)

・フォロー数(1日のフォロー数と総フォロー数)

・フォロワー数(1日のフォロワーの増減数と総フォロワー数)

・ツイート回数(1日のツイート回数)

・RT回数(1日のRT回数と総RT回数)

 

基本的にはこの程度を台帳にまとめておくと良いでしょう。

 

これをまとめることで、アカウントの”健康状態”がわかるようになります。

 

何故、フォロワーが増えないのか?
どんなツイートをすれば、フォロワーを増やせ、RTもしてもらえるのか?
そのような細かい動きがわかってきますので、面倒かも知れませんがやってみると便利です。

 

まとめ

ここまで、Twitterアカウントの量産方法と管理のしかたをご説明してきましたが
Twitterでのアカウント作成は簡単ですが
集客のためには、かなり面倒で地味な作業が待っています。

 

しかし、ネットビジネスで成功を収めるには、このような作業の積み重ねがあってこそです。

 

これを上手く出来ない人は、必ずといっていいほどこのビジネスを諦め撤退して行っています。

 

とにかく、このような作業を面倒と思わず、確実にやっていってこそ
ネットビジネスでの”明日”が開けていくのです。