ここでもWordPressを使用したサイトで便利なプラグインの1つ
「Broken Link Checker」のインストールと設定方法、使い方について解説します。

このプラグインはリンク切れを自動でチェックしてくれますので
ブログの管理に非常に便利です。
是非、インストールして活用してみて下さい。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

BrokenLinkChecker
 

 

 

 

 

Broken Link Checkerとは?

Broken Link Checkerは、ワードプレスを使用して書いた記事中に貼ってあるリンク先をチェックし
リンク切れがあった場合、自動でメールで知らせてくれるプラグインです。

 

これを使用することで、記事の管理・更新に最速で対応出来、
ユーザビリティ対策として広く活用されています。

 

Broken Link Checkerのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

Broken Link Checkerの設定方法

Broken Link Checkerをインストールすると、基本的にはそのままでも使用出来ますが
より使いやすくするために、カスタマイズを行います。

 

リンクエラーのカスタマイズ

ワードプレスの管理画面から「設定」⇒「Broken Link Checker」を開きオプションを見てみると
下図のように、リンク調整のリンクエラーにカスタムCSS適用するにチェックが入っています。
BrokenLinkChecker1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはリンクエラーになったリンク先に打ち消し線を入れるもので
BrokenLinkChecker2

 

 

通常設定では打ち消し線は入るようになっていますので、
それを変更したい場合は赤枠部分を書きかえれば変更できます。

 

Broken Link Checkerの使い方

基本的にはメールでリンク切れを教えてくれますが、
出来れば、定期的にリンクエラーをチェックした方が良いでしょう。
リンクエラーのチェック方法は次のとおりです。

 

リンクエラーのチェック方法

ワードプレスの管理画面から「設定」⇒「Broken Link Checker」を開くと
リンクエラーがあった場合、下図のように「○のリンクエラーを発見しました」と表示されますので、これをクリックします。
BrokenLinkChecker3

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、どこにリンクエラ-があったのか?表示されますので
ソースをクリックすれば直接、該当の記事編集画面へ飛びますので、楽にリンクエラーを探せ再編集出来ます。
BrokenLinkChecker4

 

 

 

 

 

リンクエラーの解除方法

リンクエラーを解除したい場合は、
下図のように「リンク解除」をクリックするだけで解除出来ます。
BrokenLinkChecker5

 

 

以上が基本的なBroken Link Checkerの使い方ですが、
必要に応じてオプション画面から設定を変えることが出来ますので、自由に変更してみて下さい。