WordPressを使ったブログ運営で必ずインストールして欲しいプラグインはいくつかあります。

そんな必須プラグインでSEO対策に役立つモノもたくさんあり
ここでは、サイトマップ生成プラグイン「PS Auto Sitemap」のインストールと設定方法、使い方について解説します。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

PSAutoSitemap
 

 

 

 

 

PS Auto Sitemapとは?

PS Auto Sitemapは、ワードプレス専用のプラグインで
サイトを作成した際に、そのサイトマップを自動的に表示してくれます。

 

サイトマップには、Googleクローラー用と閲覧者用の2種類がありますが
このサイトマップは閲覧者のためのモノで、サイトに訪問するユーザーが目的の記事を見つけやすく出来るようユーザビリティの観点でサイトの機能を向上してくれます。

 

PS Auto Sitemapのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

PS Auto Sitemapの設定方法

PS Auto Sitemapでは簡単にサイトマップのページが作成できるのが特徴。
やり方は非常に簡単ですので、以下の手順に従って行って下さい。

 

ショ-トコードをコピーする

PS Auto Sitemapのインストールが終わり有効化したら、ワードプレスの管理画面(サイドバー)から、「設定」⇒「PS Auto Sitemap」をクリックすれば、下図のような編集画面が表示されます。

この編集画面の下部にショートコードがありますのでコピーします。
PSAutoSitemap設定1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイトマップ用のページを作成する

ショートコードをコピーしたら、管理画面から「固定ページ」⇒「新規追加」をクリック。
ここでサイトマップ用のページを作成するのですが、その際のページタイトルは何でも構わないのですが
そのページがサイトマップであることがわかるようなタイトル付けをして下さい。

 

ちなみにここでは、下図のように”サイトマップ”と名前を付け
先ほどコピーしたショートコードを貼り付け「公開」します。
PSAutoSitemap設定2

 

 

 

 

 

 

なお、ここで気をつけていただきたいのはショートコードを貼り付ける記事本文編集画面が
テキストモードになっている事を確認してから、貼り付けて下さい。

 

ID入力を行う

設定の最後は、実際にサイトマップを表示させるために必要なページIDを調べ
それをPS Auto Sitemapに設置します。

 

なお、ページIDの調べ方については以下の記事を参照してください。
参照記事:【ページIDの調べ方】
PSAutoSitemap設定3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまででPS Auto Sitemapの設定は完了です。
後は、作成したサイトマップのページをブログのメニュー画面に追加するだけで
記事を更新する毎に自動でサイトマップが追加・更新されていきます。

 

他にもある閲覧者用の自動サイトマップ生成プラグイン

ワードプレスのプラグインにはPS Auto Sitemap以外に
他にも類似のプラグインがいくつかあります。

 

例えば「Dagon Design Sitemap Generator」などもその1つです。
ですが、サイトマップの見た目や発リンク面ではPS Auto Sitemapが優れていると思いましたので
ここでご紹介させていただきました。