WordPressを使ったブログ運営で記事編集をやりやすくするために
オススメのプラグインがあります。

それが「TinyMCE Advanced」というプラグイン。
これをインストールすることで、WordPress記事投稿画面のビジュアルエディタの編集が格段に使いやすくなります。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

TinyMCEAdvanced
 

 

 

 

 

TinyMCE Advancedとは?

無料ブログサービスを使った人はおわかりと思いますが、
無料ブログは誰でも簡単に日記感覚で記事が書けるように!と配慮されていて、
いろいろな記事の書き方のバリエーションが豊富で使いやすいのが特徴。

 

しかし、専門的なWordPressでのブログだと、その辺が若干使いづらい部分があります。
そんなWordPressの記事編集画面を無料ブログ並みに使いやすくしてくれるのがTinyMCE Advancedというプラグインです。
TinyMCEAdvanced1

 

 

 

 

 

 

TinyMCE Advancedのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

TinyMCE Advancedの設定方法

TinyMCE Advancedをインストールして有効化したら、以下の設定を行って下さい。

まず、ワードプレスの管理画面で「設定」⇒「TinyMCE Advanced」をクリックします。
すると下図のような設定画面が表示されますので、編集で増やしたい機能をドラッグ&ドロップで追加します。
TinyMCEAdvanced2

 

 

 

 

 

 

 

 

上図のようにドラッグ&ドロップでアイテムを移動して機能を追加していきますが
不要な機能については、逆の方法でアイテムをUnused Buttonsの枠内に移動していきます。

 

このようにご自分の好きな機能を追加し、また不要な機能は外すことで
より記事編集をしやすいオリジナルのビジュアルエディタを作って下さい。

 

以上の設定作業が終わりましたら「Save Changes」をクリックすれば完了です。
以降は状況に合わせて機能をバージョンアップしていくと良いでしょう。