こんにちは!なおなりです。

先日テレビのワイドショーで、北海道の花畑牧場のオーナーで知られるタレントの田中義剛さんの今が紹介されていました。
花畑牧場と言えば、一時期大ブームを引き起こした”生キャラメル”の販売元の会社です。

しかし、ブームが去ると売り上げが急降下!
田中さんの会社も倒産危機がウワサされていましたが、その後どうなったのでしょうか?
今回は、そんな田中さんの現在と、彼が展開しているビジネスが私たちが実践しているネットビジネスとの関連性をお話したいと思います。

花畑牧場
 

 

 

 

 

 

田中義剛の波乱のビジネス人生

テレビで観る田中義剛さんはいつもニコニコ。非常に温厚な印象がありますが、その笑顔とは対象に、実業家としてはかなり厳しい”転落しては這い上がる”といった人生を送って来たようです。

 

オリジナルチーズの開発

田中さんが夢だった牧場のオーナーになったのが36歳の時
彼は、牧場で育てた乳牛から搾った牛乳を使ってカチョガヴァロという珍しいチーズの開発に挑戦します。
(写真:カチョガヴァロ)

 

しかし、カチョガヴァロの商品化に失敗し4億円という大きな負債を抱えてしまいます。
つまりこれが彼の第一の転落人生なのではないでしょうか?

 

生キャラメルが大ブーム

普通ならこれだけの負債を抱えると諦め、牧場も手放す事も考えそうですが、諦めなかった田中さんは次なる乳製品の開発に着手。それが一大ブームを巻き起こした生キャラメルです!

 

生キャラメルの最盛期には、1日1000個の生産数に2~3万個の発注が来るという大盛況ぶり。
当然生産が追いつかないため、従業員の増員、そして製造工場の増設と規模をドンドン拡大して行きます。

しかし、増設した工場が建築基準法違反で行政処分を受け建てたばかりの工場を取り壊し、また建て直すという大打撃を受けてしまいます。

結果、一見売上好調か?に見える生キャラメルも支出の方が多く出たため、あまり儲からなかったとか?!
そんなどんぶり勘定的な経営が続く中、生キャラメルブームも去ってしまいます。

ちなみに、現在の生キャラメルの売上はブーム時の5分の1ほどだと言います。

 

再度チーズづくりに着手

生キャラメルのブームが終わり、新たな商品開発に乗り出す田中さん。

そして、チーズをメインに生産を開始しますが、なかなか軌道に乗らない中
乳製品を生産する際に大量に出る廃棄物?ホエーの処分に悩まされます。
このホエーの処分にも莫大な費用がかかり経営を圧迫する事態に。

 

そして現在

廃棄物として出るホエー。しかしその成分は栄養素を豊富に含む優れた食品でもあることに目を付けた田中さんはホエーの再利用に乗り出します。

それが”ホエー豚”という品種の養豚業。
ホエーは豚も大好物だそうで喜んで食べてくれ、良質な肉が出来るそう。

さらに田中さんは、厳しい北海道の冬から豚を守るため、豚舎をビニールハウスにし床を発酵熱を発するおがクズで敷き詰め、コストを抑えた暖房設備を完成させます。
これにより、彼の事業は復活!現在は軌道に乗り、生キャラメルブーム時以上の収益を上げていると言います。

 

実業家・田中義剛から学ぶネットビジネスで成功するための3つ秘訣とは?

田中義剛さんのビジネスと、ネットビジネスは直接の関係性はありません。
しかし、彼の歩んで来た道は大いに学ぶべきだと私は思います。

 

秘訣その1:諦めない!強い精神力

彼は、幾度となく苦難の壁にぶつかりながらも這い上がって来てします。
つまり、学ぶべき事の1つとして”諦めない強い精神力”~これがネットビジネスにも必要です。

 

ネットビジネスに参入して来る人の多くは”楽して稼ぎたい!”と考えています。
しかし、どんな仕事もそうですが楽して稼げるほど甘くはありません。

 

ネットビジネスも同様で、膨大な作業をこなしてこそ成功への道が開けてきます。
そんな作業をこなすには”楽して稼ごう”などと思っている人は決して成功することは出来ません。

 

田中さんほどの苦労とまでは言いませんが「絶対稼ぐ!」という強い精神力とモチベーションが続かないと、決してネットビジネスでも稼ぐことなんて出来ないのです。

 

秘訣その2:コスト削減をするには

これもまたネットビジネス参入を促す謳い文句としてあるのが「お金をかけずに稼ぐ」
確かに、ネットビジネスは基本的にパソコン1台あれば誰でも出来るビジネスです。
だからと言ってまったくコストがかからないワケではなく、多少なりと資金は必要です。

 

その額はピンキリで、少ない人なら10万円未満、多い人となると数百万単位でお金をかけています。

 

正直、数百万なんてお金をかけてまでネットビジネスをやりたくはないですよね?!
そこで田中さんの事業から学びたいのが、どうすれば最小限にコストを抑えることが出来るのか?

 

ネットビジネスに数十万~数百万円とお金をかけている人の多くはノウハウコレクターです。
自分に合ったビジネスノウハウを探すため、様々な情報教材を購入したり、数十万円という高額塾に入ったり・・・
しかし、そんな人ほど稼げず結局は諦めてフェイドアウトしていってしまいます。

 

では、どうすればお金をかけずにビジネスを成功させることが出来るのか?
その方法は、自分を成功へと導いてくれるメンターを見つけることです。
参考記事:【ネットビジネス成功への近道!メンターとは?】

 

良いメンターを見つけることが出来れば、資金は数万円程度で済みますし
何より、自分に合ったビジネス手法を的確に教えてくれ、最短で成功へ導いてくれます。

 

秘訣その3:新しいノウハウを取り入れる環境と行動力

田中さんはどんな苦難な時も、成功した今でも新しいビジネスチャンスを模索しているそうです。
例えば、ホエー豚の養豚業に乗り出したのもその1つ。
正直、牛や馬など飼育のイメージが強い僕業経営のおいて、豚舎での飼育はちょっと違うような気がします。
でも、その事業に乗り出したおかげで成功への道を切り開いたワケで。

 

ネットビジネスもそうです。
私もそうですが、ネットビジネスを実践している人の多くはアフィリエイトです。
アフィリエイトには、サイトアフィリエイト、メルマガ、情報商材などいくつか手法がありますが
その手法それぞれ、ノウハウは日々進化しています。

 

いったん1つのノウハウで稼げたからといって、それがいつまでも続くとは限りません。
常に新しい情報を取り入れる姿勢とその環境を作っておかなくては、長く稼ぎ続けることは出来ないのです。

 

また、現在アフィリエイトを実践して成功していても、
他のネットビジネスにも情報を収集出来る環境も作っておきましょう。

 

このような環境づくりに、同じアフィリエイタ-同士で情報を共有し合うコミュニティーの場も必要です。

 

コミュニティーに参加する方法は、前記しましたメンターを通じて行うのが最も良い手段です。
つまり、同じメンターから繋がりですので志も同じ仲間。
情報が共有しやすい立場同士なので、交流も図りやすくなります。