ここでは、WordPressを使用する場合において
補助的な意味合いで知っていて欲しいプラグインを紹介します。

それが「No Self Pings」というプラグインでセルフピンバックを停止するためのモノです。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

NoSelfPings
 

 

 

 

 

No Self Pingsとは?

WordPressには、コメントを寄せられる機能があります。
NoSelfPings1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは非常に有り難い機能の1つなのですが、しかし記事を書いた際に内部リンクを貼ったりすると、ここによくわからないコメントが入ってしまう場合があります。
このコメントはセルフピンバックといって、サイトにリンクが貼られたとう通知を自動的に出してくれるサービスです。

 

ですが、このセルフピンバックは運営上あまり意味が無く、逆に気になり邪魔になってしまう可能性もあります。
そんな不要な?セルフピンバックを停止してくれるのが「No Self Pings」というプラグインです。

 

No Self Pingsのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

No Self Pingsの設定方法

No Self Pingsはインストールして有効化するだけです。
これだけで、もうセルフピンバックは送られなくなります。

 

これにより、意味不明なコメントは付かなくなりますので
心置きなく内部リンクを自由に貼ることが出来ますので、ストレスも無くなることでしょう。

 

なお、このNo Self Pingsを導入しても過去に送られたピンバックは残ってしまいますので
自動承認されてしまっていた場合においても、自分で削除する必要があります。

 

また、最初にも申し上げましたが、
あくまでもオプション的な意味合いで考えてもらいたいNo Self Pings。
ピンバックがあまり気にならないのであれば導入する必要はありません。