サイトを運用する場合PING送信は非常に重要な作業になります。
ここでは、WordPress専用のPING送信プラグイン「WordPress Ping Optimizer」のご紹介をします。

このプラグインを導入することで、サイトのSEO対策にも大きな効果を発揮してくれますので
是非、導入されることをお勧めします。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

PingOptimizer
 

 

 

 

 

WordPress Ping Optimizerとは?

初心者の方にはそもそもPING送信とは何なのか?おわかりいただけまいかも知れません。
PING送信を簡単にご説明すると、自分のサイトの更新をWeb上に知らせる事です。
参照記事:【PING送信とは何か?】

 

これを行うことで、より早く自分のサイトの更新情報を知らせることが出来ます。
またWordPress Ping Optimizerが自動でPING送信をしてくれるので、手動でやるよりも早いのは当然ですが、手動だと重複して送信してしまう恐れもあります。

 

重複してしまうと、場合によってはスパム扱いされてしまい、PING送信そのものが出来なくなってしまう可能性もあるので、このプラグインを導入しておけば安心です。

 

WordPress Ping Optimizerのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

WordPress Ping Optimizerの設定方法

プラグインをインストールし有効化をしましたら次の作業を行って下さい。

 

まず、ワードプレスの管理画面から「設定」⇒「WordPress ping Optimizer」
をクリックすると下図のような画面が表示されます。
PingOptimizer1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図ではPING送信先一覧にたくさんのURLが記載されていますが
導入直後は1つだけの記載しかありません。

 

そこで、ここに当サイトが推奨するPING送信先を全て記載して下さい。
記載先のURLは先ほどの参照記事「PING送信とは何か?」に登録不要で使えるPING送信先一覧がありますので、そこからURLをそのままコピーして貼りつけて下さい。

 

最後に、上図を参照に「Enable pinging」にチェック入っているかを確認して、「Save Settings」をクリックして保存すれば完了です。

 

以上でWordPress ping Optimizerは完了し、後はサイトの更新があれば、設定した送信先に自動でPING送信をしてくれます。
このようにPING送信を自動化しておくと、更新した記事のインデックスが促進されやすくなります。

 

とにかく、サイトで稼ぐにはいかに早くインデックスされるか?も勝負にひとつになりますので、このプラグインは必ず導入するようにしましょう。