こんにちは!なおなりです。

今回はWordPressの記事作成時において、初心者が陥りやすい落とし穴についてお話します。

それはHTMLタグの基本的な使い方。
例えば、HTMLタグを上手く使うことで文字を太文字にしたり、大きさを変えたり色を変えたりすることが出来ます。

しかし、初心者の方などはHTMLタグの使い方がよくわからない。
そういった場合、WordPressにはビジュアルエディターという便利な記事編集機能があります。
ですが、これには使用上の注意がありますので、ここはしっかり抑えておいて下さい。

HTML利用上の注意
 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトなどネットビジネスを実践する場合において
HTMLやCSSなど難しい事はわからないでも出来る!と言いますが、残念ながらまったく知らないで実践出来るほど甘くはありません。

 

ネットビジネスを円滑に実践するには、最低限のHTMLタグなどは知っておかなくてはいけません。
参考記事:【最低限知っておくべき基本的なHTMLタグの種類と使い方】

 

またHTMLタグの意味を良く理解しないで使用するのも危険です。
場合によっては、せっかく頑張って作ったサイトがHTMLの使い方を間違えたことによって
ペナルティを受けてしまう場合もあります。
ここでは、そんな事態に陥らないよう注意しなくてならない点を解説します。

 

記事編集に便利なWordPressのビジュアルエディターの裏側

HTMLなどテキスト形式で記事を書くのが苦手な人は多くいます。
そんな場合、WordPressの記事編集で使うのが下図にあるようなビジュアルエディターです。
WordPress記事編集画面

 

 

 

 

 

 

このビジュアルエディターを使うと、HTMLに詳しくない初心者の方でも
様々な文字装飾などが出来、より良い記事の編集が行えるようになります。

 

そんな便利なビジュアルエディターですので、
ここでの編集に頼り切って記事を書いている人は少なくありません。
ですが、あまり頼り切るのも良くないのです!

そこにはSEO対策上、注意して使用しないといけない部分があるのです。

 

安易に多用してはいけないビュジュアルエディターのクイックタグとは?

WordPressのビュジュアルエディターに設置されてあるクイックタグは
HTMLが苦手な人には非常に便利で、是非活用して欲しい機能です。

 

しかし、ここには、あまり多用することをお勧め出来ないタグボタンもあり
注意して使うようにして下さい。

 

太文字タグの使用上の注意

文字を太文字にできるクイックタグはコレ↓↓です。
WordPress記事編集画面1

 

 

 

このクイックタグを使うことで簡単に太文字にすることが出来ます。
例)文字の太さ

 

ですが、このタグボタンを使って太くした文字をテキストエディターにして見てみて下さい。
この時のHTML表記が「<strong>文字列</strong>」といったstrongタグになっているハズです。

実は文字を太くするタグは2種類あります。
<strong>文字列</strong> の<strong>タグ

<b>文字列</b> の<b>タグです。

どちらも見た目には文字を太くするのですが、その使い方の意味はかなり異なります。

<b>タグは単に文字を太くするだけのHTMLタグなのに対し、
<strong>タグは、文字を強調し重要度をアピールするためのHTMLタグなのです

 

つまり<strong>タグを使った太文字は検索エンジンに「ここは重要!」
と認識してもらうようにするためSEO対策として有利に働きます。

 

という事は<b>タグより<strong>タグを使うべき!?と思いがちですがそうではありません。
危険なのは<strong>タグが簡単に設定できるクイックタグがあるので、これを使って乱用してしまう可能性です。

 

もちろん<strong>タグはSEO対策として有効なのですが、あまり多用してしまうと逆効果。
場合によっては検索エンジンにスパム扱いされ、サイトそのものがペナルティを受けてしまう可能性があるのです。

 

ですので、重要な文字列以外は<strong>タグをなるべく使わないようにして下さい。

 

斜体文字タグの使用上の注意

文字をイタリック(斜体文字)にできるクイックタグはコレ↓↓です。
WordPress記事編集画面2

 

 

 

このクイックタグを使うことで太文字タグ同様、簡単に斜体文字にすることが出来ます。
そして、イタリックにも2種類のタグがあります。

<em>文字列</em>の<em>タグ
<i>文字列</i>の<i>タグ

イタリック(斜体文字)にできるクイックタグを使うと<em>タグになります。

しかし<em>タグは<strong>タグ同様、検索エンジンに重要度をアピールするためのもの。
ですので、単純に斜体文字にしたいのであれば、<em>タグを多用するのではなく<i>タグを使うようにして下さい。

 

リンクタグの使用上の注意

発リンクをするのに良く使うクイックタグ。
WordPress記事編集画面3

 

 

 

 

 

 

このとき、良く忘れるのがnofollow属性を付け忘れることです。

 

nofollow属性とは?簡単にご説明すると、
この属性が入ったリンク先のサイトに自分のサイトの履歴を引き継がないという事。
要するに、外部サイトにリンクは飛ばすけど自分のサイトとは関係ない!と意思表示することです。

 

そもそも外部サイトにリンクを飛ばす行為を被リンクといい、
リンク先はリンク元のサイトのパワーを貰ってパワーサイトに成長して行きます。

 

これによりSEO的に強いサイトになっていくワケですが、あまりこれをやり過ぎると
検索エンジンの評価が下がってしまい、最悪の場合ペナルティを受けてしまう可能性があるのです。

 

つまり、検索エンジンは発リンクが多過ぎるサイトは好まないという事。
自分のサイトからリンクを多く飛ばす時や、
あまり好ましくないサイトに仕方なく飛ばす時などはこのように↓↓
<a href=”リンク先サイトのURLl” target=”_blank” rel=”nofollow”>サイト名</a>
といった感じで、リンクタグに属性を組み込まないと行けません。

 

クイックタグでこの作業を行うと、サイトURLのみしか設定しない可能性がありますので
外部リンクを貼る場合は、なるべくnofollow属性を使うようにしましょう。

 

最後に

WordPressのビュジュアルエディターを使うと便利で簡単ではありますが、
使い過ぎると危険な面もありますので、気をつけて下さい。

 

そんな危険を避けるためにも、出来ればHTMLの知識も取り入れて欲しいのですが
これはなかなか難しい部分もありますので、最初にご案内したような最低限必要なHTML知識から習得しながら、少しずつでも多く覚えていくようにした方が良いと思います。