WordPressでサイトアフィリエイトをしているユーザーにはお馴染みで
”定番”と呼べるプラグインがいくつかあります。
今回ご紹介するプラグインもその中の1つ。サイト中に関連記事を自動抜粋し表示してくれる「Similar Posts」です。

定番といっても必ずしも導入しなければならないワケではありませんが
ユーザビリティー向上面でも非常に有効ですのでオススメします。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

SimilarPosts
 

 

 

 

 

Similar Postsとは?

Similar Postsはワードプレスのサイトに簡単に関連記事を表示するためのプラグインです。

関連記事を表示すれば、自分のサイトの滞在時間を延ばすのにも役立ちますし、アクセス数の増加やクローラー(検索エンジン・ロボット)のサイト巡回率を高めることも出来るようになります。

 

他にも関連記事を表示してくれるプラグインはいくつか存在しますが、
Similar Postsが定番な理由は、非常にシンプルで使いやすいという事。
ですので、関連記事表示をさせたいのであれば、オススメのプラグインです。

 

TimThumb Vulnerability Scannerのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

関連プラグイン「Post-Plugin Library」の導入

なお、Similar Postsを正常に動かすには、プラグインが利用するライブラリーを読み込むプラグインが別途必要になります。それが「Post-Plugin Library」です。

 

このプラグインは、基本的なインストール方法で導入し有効化するだけですので
Similar Postsを導入する際は必ず導入するようにして下さい。

 

Similar Postsの設定方法

プラグインをインストールし有効化をしましたら、管理画面メニューの「外観」⇒「ヴィジェット」を開きます。そこの「Similar Posts」のバナーがありますので、関連記事を表示したい場所にバナーをドラッグ&ドロップで移動させます。
SimilarPosts7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて関連記事の表示設定を行います。
移動した「Similar Posts」のバナーを開くと下図のような設定画面が表示されますので、
簡単な表示設定を行って下さい。
SimilarPosts8

 

 

 

 

 

・Title:関連記事のタイトルを入力します。
例)「関連記事一覧」「この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。」等

 

Number of posts to show:表示する関連記事数
あまり表示数が多いと見にくくなりますので5~10程度が良いでしょう。

 

以上、ここまで終わったら「保存」をクリックして完了です。

 

そして、実際にSimilar Postsを使った関連記事の表示は以下のようになります。
SimilarPosts9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Postsのカスタマイズ設定方法

Similar Postsを任意にカスタマイズしたい場合には、管理画面メニューの「設定」に「Similar Posts」が設置されていますので、コチラから直接設定を行って下さい。
SimilarPosts1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設定画面を開き、設定項目毎に関連記事の表示設定を行います。

・設定項目:General Settings
基本的には下図の赤丸部分について設定を行うと良いでしょう。
SimilarPosts2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Number of posts to show
表示する関連記事数。あまり多く表示すると見にくくなりますので5~10記事程度が良いでしょう。

 

Show static pages?
表示するページ数の選択。
・No pages, just posts:投稿記事のみ表示
・Both pages and posts:固定ページも含めた投稿記事の全てから選択して表示
・Pages but no posts:固定ページのみ表示

 

・Omit the current post?
(関連記事に表示されているページを含めるか:通常はNo)
・Match the current post’s category?:
(カテゴリ内から関連記事を呼び出す設定:通常はNo)
・Match the current post’s tags?:
(タグ内から関連記事を呼び出す設定:通常はNo)

 

・設定項目:Output Settings
ここでは、関連記事の形式の設定を行います。
SimilarPosts3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Output template
どのような形式で関連記事を表示させるか?デフォルト値でかまいません。

 

・Default display if no matches
関連記事が見つからないときの表示形式。
デフォルトでは「None Found」と表示されますので、
任意で「関連記事が見つかりません」等に書き換えてもかまいません。

 

・設定項目:Placement Settings
関連記事の表示場所の設定を行います。
SimilarPosts4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Output after post
記事の最下部に関連記事を自動で表示させる設定。
※phpタグで表示場所を指定する場合はNoを選択

 

・Parameters
関連記事表示の見出し部分(タイトル)を設定。
例えば「関連記事一覧」「おすすめ記事」「この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。」等、関連記事を読んでもらえるよう促すようなタイトルにすると良いでしょう。

 

・設定項目:Other Settings
ここでは、関連記事を抽出してくるキーワード比率の調整を行います。
SimilarPosts5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Relative importance of
関連記事選択のキーワード比率を配分。
※content: / title: / tags: を合計100%になるように割り振ります。

 

・設定項目:Manage Index
関連記事を抽出してくるための設定。
SimilarPosts6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Handle extended characters?
関連記事が拡張文字を扱っている場合は「Yes」それ以外は「No」

 

・Treat as Chinese, Korean, or Japanese?
中国語、韓国語、日本語を含めるの「Yes」に設定

 

以上で、Similar Postsのカスタマイズ設定は完了です。