WordPress (ワードプレス)でのサイト運営において
絶対的に必要なソフトウェアがプラグインです。
それも1つや2つのプラグインの導入ではWordPressサイトを快適に、
そして正しく運用することは出来ません。

そこで今回は、どんなプラグインを導入すれば良いのか?
運営に便利で効率化が図れるオススメのプラグインを、なるべく詳しくご説明したいと思います。

おすすめプラグイン  

 

 

 

 

 

そもそもプラグインって何?

私も最初はそうでしたが、いきなりプラグンを導入しろ!と言われても何がなんだかわかりませんでした。そんなWordPress初心者の方のために、まずはプラグインとは何か?について簡単にご説明します。

 

プラグインとは?WordPressなどの基本ソフトウェアの機能を向上させるために必要な外部の追加ソフトウェアのこと。

 

つまり「この機能が足りない、あの機能があったら嬉しい。」などといった
本体のソフトウェアを使う人の希望に沿った機能を与えてくれるのがプラグインです。

 

また、プラグインは第三者が自由に開発・提供できるようになっていて、そのほとんどが無料で使うことが出来ますが、それだけに機能も良かったり、悪かったりと様々。最悪の場合、本体のソフトウェアに悪影響を与えて、運用に支障をきたしてしまうプラグインもありますので、慎重に選んで導入しないといけません。

 

快適なWordPressサイト運用のためのおすすめプラグイン紹介

どんなプラグインを導入して良いか?わからない。または導入を失敗しないために
私が現在利用して、おすすめなプラグインをご紹介します。

 

※ 赤文字で強調しているモノは必ず導入して欲しいプラグインです。


サイト管理またはSEO対策プラグイン

サイトを円滑に運用するため管理プラグインです。

 

作業効率アッププラグイン

サイトの記事投稿スピード時間短縮で、作業効率をアップするためのプラグイン。

 

ユーザビリティ向上のためのプラグイン

サイトのコンテンツ強化などユーザビリティを向上させるプラグイン。

 

プラグインを一括でインストールする方法

プラグインはたくさんありますので、1つ1つインストールするのは面倒。
そんな場合に便利なプラグインもあります。
それが「Multi Plugin Installer」というプラグイン。

 

なお、Multi Plugin Installerのインストール方法と使い方については以下をご参照下さい。
参照記事:【Multi Plugin Installerの導入と使い方】

 

今後ご紹介予定のプラグイン

WordPress用のプラグインには、まだまだ便利でオススメできるモノがたくさんあります。
それらのプラグインについては、今後順次ご紹介していく予定ですが、
とりあえず、今わかる範囲内で紹介予定のプラグイン一覧を載せておきます。

 

・WP-PostViews:記事別閲覧数の確認
・WP Nofollow Post:投稿記事・個別記事内リンクのnofollow指定
・WP External Links:外部リンク設定
・WordTwit Twitter Plugin:記事更新時のTwitter自動投稿
・AddQuicktag:テキストモードでの編集の簡易化
・TablePress:テーブル作成機能
・Tweetily:過去記事をランダムにツイート
・Admin Post Navigation:記事投稿画面での「前へ」、「次へ」ボタン実装機能
・Open Graph Pro:SNSとの連携最適化
・Category Order:カテゴリーの並べ替え
・Newpost Catch:最新記事にサムネイル画像を設置
・Smooth Scroll Links:ページ内移動リンク
・wp-pagenavi:ページ表示
・Browser Shots:内部リンクにサムネイル画像をつける
・AddQuicktag:HTMLタグ簡易設置
・File Gallery:画像一括投稿
・oEmbed Tweet:ツイートをブログに引用
・WP Keyword Link:自動リンク設置
・Auto Post Thumbnail:アイキャッチ自動設定
・WPtouch:サイトをスマートフォン専用表示へ変更
・WP To Top:記事中にTOPへ戻るボタンを設置
・WP-Polls:ワードプレスにアンケート機能を付ける
・WP-DBManager:データバックアップ
・Better Delete Revision:不要なリビジョンを削除
・No Self Pings:内部リンクのトラックバックを無効化

 

プラグイン導入時の注意点

プラグインを導入するとWordPressの機能は向上しますが、
あまり導入し過ぎるのも良くありません。
その理由は、プラグインをインストールし過ぎると容量で重くなってしまい、
それが原因でWordPressの動作が遅くなってしまう可能性があるからです。

 

そうなってしまうとせっかくの機能向上のハズが本末転倒になってしまい兼ねません。
よって、導入するプラグインは自分で何が必要か?を考え、多くても30個以内に抑えるようにして下さい。

 

また、プラグインによっては一時的にしか使用しないモノもあります。
そのようなプラグインは「停止」状態にしておくのではなく、容量確保のため「削除」するようにしましょう。