私は今でも良くあるのですが「過去に書いた記事をまとめて修正したい!」という時。
その対象となるのが何十記事もあった場合その作業は大変で、ひとつひとつ探し出し手作業で修正しないといけません。

そんなとき良く考えたのが「大量の記事をまとめて修正してくれる機能はないものか?」

探してみたらあったのです。しかもかなり便利で作業時間を一気に短縮してくれるプラグインが!
それがWordPressプラグイン「Search Regex」
今回はこのSearch Regexプラグインについて詳しく解説して行きます。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

SearchRegex
 

 

 

 

 

Search Regexとは?

Search Regexは、過去に投稿した記事の内容を一括で編集、書き換え出来るプラグイン。
記事中に訂正したい文字列やキーワードがあった場合、それを指定することで一致するモノを検索して自動で置き換えてくれます。

 

これは訂正したい記事が見つからない場合や、
大量の記事内容の編集にとても便利ですのでよろしければ使ってみて下さい。

 

Search Regexのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

Search Regexの設定

Search Regexはインストールして有効化するだけで使えるようになりますので
特に設定の必要はありません。


Search Regexの使い方

Search Regexをインストールし有効化をすると、管理画面(ダッシュボード)から「ツ-ル」⇒「Search Regex」をクリックすると、下図のような設定画面が表示されます。
以下、下図に従い項目順に解説をします。
SearchRegex1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方その1:「Source」

Sourceでは、検索・置換の対象箇所を指定します。
・Comment author ⇒ コメントの名前
・Comment author email ⇒ コメントのメールアドレス
・Comment author URL ⇒ コメントのURL
・Comment content ⇒ コメントの内容
・Post content ⇒ 記事の本文(デフォルト値)
・Post excerpt ⇒ 記事の抜粋
・Post meta value ⇒ 記事のカスタムフィールド
・Post title ⇒ 記事のタイトル
・Post URL ⇒ 記事のURL

デフォルト値が「Post content」になっていますので、そのままだと記事本文が検索・置換の対象となります。

 

使い方その2:「Limit to」

Limit toは、一度に置き換える上限を設定するモノです。

上限は10・25・50・100と指定出来ますが、デフォルト値が「No limit」になっていますので
そのまま実行すると、全てが対象となります。

 

使い方その3:「Order By」

Order Byは、検索を行う際の並べ替えの方法を指定します。
・Ascending ⇒ 昇順で並べ替え(デフォルト値)
・Descending ⇒ 降順で並べ替え

 

使い方その4:「Search pattern」

ここで検索する編集前の文字列やキーワードを入力します。

 

使い方その5:「Replace pattern」

ここで新たに置き換える文字列やキーワードを入力します。

 

使い方その6:実際の使い方例

使い方1~5までを踏まえて、実際にどのように指定するかを下図で表してみます。
SearchRegex2

 

 

 

 

 

上図の検索・置換の条件は
記事本文中(Post content)の
「消費税8%」という文字列(Search pattern)を
昇順で並べ替え(Ascending)て
「消費税10%)という文字列(Replace pattern)に
全て(No limit)置き換えます。

 

これで、検索する内容を指定するボタンのいづれかをクリックします。
なお、検索内容ボタンの意味は以下のとおりです。
・「Search」:Search patternに入力した文字列と一致する結果を表示します。
・「Replace」:Search pattern」に入力した文字列と一致する結果を
        Replace patternで置き換えた場合にどうなるのかを表示します。
・「Replace&Save」:実際に置換え保存をします。

 

これで一度に内容の書き換えが出来るので、余計な手間を取らず一気に作業時間を短縮出来ます。