トレンドサイトや特化型サイトなどのサイトアフィリエイトを実践していると、
どうしても画像を貼った記事を書かなくてはいけない場合が多い。

そんな場合の画像は、芸能人などGoogleの規約に違反したものがほとんどです。
もし、この違反が指摘されたらペナルティを受けてしまい、収入源であるアドセンス広告配信が停止されて報酬ゼロという事態に陥り兼ねません。

サイトやブログに画像を貼る場合、Googleの規約に違反しないためにはどうすれば良いのか?
今回はこの件について対策を考えてみたいと思います。

画像掲載のリスク
 

 

 

 

 

 

 

Google規約違反した画像を使用したらどうなる?

Google規約違反画像とは?一般的に著作権や肖像権が発生する画像を指します。
しかしそれは、人の関心を集めるような画像ばかりで、芸能人の写真などが多く含まれます。

 

もし、そんな規約違反の画像を使用しGoogleから指摘されてしまったらどうなるのでしょう?
以下、受けるペナルティを挙げると・・・


  • アドセンス広告配信が停止
  • アップデートを受け、サイトが検索圏外に飛ばされる
  • アドセンス契約が無効となる
 

トレンドサイト運営をしている多くのアフィリエイターがこのようなペナルティを受けていて
そんな人たちのほとんどはモチベーションが下がり、トレンドアフィリエイトの実践を断念して
ネットビジネスそのものを辞めてしまった人もかなりいます。

 

このような事態にならないためにも、あなたがトレンドアフィリエイトなどの実践をするにあたり、
画像掲載にどのような配慮をすれば良いのか?以下にその方法をいくつか述べてみたいと思います。

 

サイトに掲載NGの画像とは?

多くの画像には著作権や肖像権があるとお話しましたが、
芸能人など有名人の画像もそれにあたります。
しかしながら、芸能人の場合などは各タレントの写真そのものに宣伝の意味もあり、
ある程度の画像使用が黙認されているのが現状です。
ただ、そんな黙認が出来ない画像もありますので、以下の事には気をつけて下さい。


  • ジャニーズタレントの写真
  • ファッションモデル写真
  • アニメキャラクター

これらはGoogle規約違反になることはもちろん、タレント事務所そのものが厳重にチェックしていますのでNG画像となりますし、アニメキャラクタ-なども著作権に抵触し、ディズニー系のキャラクターなどは特に厳しいので絶対に使用しないようにして下さい。

 

次に倫理的問題で掲載がNGな画像の種類です。


  • アダルト系画像
  • グラビアアイドルなどの水着写真
  • 暴力的な画像
  • 週刊誌などの切り抜き写真
  • 一般人の写真

アダルトなどの性的表現、アダルト系でなくてもグラビアアイドルなどの水着写真もNGです。
また、ここでは暴力的と表現しましたが見る人を不快にさせるような画像も掲載しないようにして下さい。

 

さらにこれは倫理的というより明らかに法律違反なのが、週刊誌などの切り抜き写真や一般人の写真を許可なく勝手に掲載する行為。
これを安易にやってしまったことで刑事事件に発展したケースもありますので、
絶対にやらないで下さい。

 

掲載してもNGにならない画像とは?

ここまでNG画像の種類を挙げましたので「載せられる画像がない!?」とお嘆きかも知れません。
それに有名人やインパクトのある画像を掲載してこそ、
サイトが華やぎコンテンツも充実するのは事実。
先ほども少し触れましたが、芸能人の画像などは宣伝効果があるので黙認してくれる部分も多く、
どうしてもそんな画像を使いたいのであれば、Google規約違反になるかも知れないグレーゾーンではありますが一時的に使用しても良いかも知れません。

 

しかし、グレーゾーンの画像を使用しても後のフォローが大変ですし、個人的にはそのような画像でも使用しない方が良いと思います。

 

では、NGにならない画像とはどんなものがあるのか?
現在私が実践していて長く稼ぎ続けている画像の使い方をご紹介します。

 

著作権・肖像権フリーの画像を使用

最も安心した画像使用が出来るのが”フリー画像”です。
これを扱ったサイトは多数ありますので、ご自分の目的に合ったフリー画像を選んで自由にサイトに貼って下さい。
参考記事①⇒【著作権フリーの無料イラスト素材、写真、フォントサイト】
参考記事②⇒【海外の無料イラスト素材集】

 

個人が製作している似顔絵画像を使用

Web上には、個人が自由に製作している似顔絵公開サイトが多数存在します。
画像に本人の写真を貼るのが一般的で効果も高いですが、似顔絵でも十分にインパクトを与えることは出来ます。

ここでは具体的なサイトはご紹介出来ませんが、ご自分で「似顔絵 フリー素材」などと検索すれば結構見つかります。

 

但し、似顔絵サイトを見つけたからと言って勝手に使用するのではなく、
製作者や管理者に了解を取ってから使用するようにしましょう。
また、中には転載禁止のサイトや有料の画像もありますでの、しっかり内容を確認するようにして下さい。

 

自分でオリジナル画像を作る

絵心や専用ソフトが無いと、なかなか自分で似顔絵などのオリジナル画像を作成するのは難しいでしょう!?

でも大丈夫です!
絵が下手でも専用ソフトが無くてもオリジナル画像は簡単に出来まし、
それなりのインパクトも与えることが可能です。
事実私も絵なんて書けないですし、そんな私が作成しているオリジナル画像はこんな感じ↓↓です。
オリジナル画像

 

 

 

 

 

 

 

上のオリジナル画像のセンスはともかくとして(苦笑)
絵が書けなければ、そのキャラクターをイメージする文字で画像に加工すれば良いだけです。

 

ちなみに、上図は以下の無料ツールを使って作成しました。
参考ツール:【手書きメーカー】
参考記事:【無料画像加工ツールPhotoscape(フォトスケープ)の使い方】

 

最後に

当記事をお読みいただいておわかりかも知れませんが
長く稼ぎ続けるためには、あまりGoogleの規約に触れるような画像使用は避けるべきです。

 

ですので、著作権や肖像権の影響のない画像を利用するか?
コピーライティング技術を学び、文章で勝負すべきです。

 

こんなことを申し上げると「記事なんて書けない!」と思われるかも知れませんけど
要は”場数を踏む”ことが大切で、どんなに下手でも真面目に継続しさえすればコピーライティング技術も自然と身につきます。

 

とにかく、画像使用は大きなリスクを伴いますので慎重にすることをお勧めします。