あなたが一生懸命書いたサイトやブログの記事は大切な資産です。
そんな大事な資産を第三者に勝手にコピーされたくないですよね?!

ここでは、自分のサイトに記載している記事や画像をコピーされないようにするための対策プラグインをご紹介しますので、是非導入することをオススメします。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

brBrbr
 

 

 

 

 

コピー防止対策プラグインとは?

ご紹介するプラグインは、WordPress専用の「WP-Copyright-Protection」。

このプラグインを導入することで、サイトの記事や画像などを全て保護してくれ、未然にコピーされることを防いでくれます。

 

ちなみにコピー防止対策を取らなかったらどうなるのか?

それは、せっかく苦労してアクセスの集まる記事を書いたのに、それを盗まれて他のサイトで使われてしまったら、そのサイトの方が新しい情報として検索上位に表示されてしまったり、
最悪の場合、あなたのサイトが検索エンジンからペナルティを受けてしまうという、泣くに泣けない事態になってしまい兼ねません。

なので、大切な資産を守るためしっかりガードしておきましょう。

 

WP-Copyright-Protectionのインストール方法

まずは、コチラのサイトを開きます。
【WordPress.org】
下図のサイトを開きましたらWP-Copyright-Protectionをダウンロードして下さい。

 

ダウンロードが完了しましたら、次にWordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」⇒
「プラグインのアップロード」をクリックし、表示されたプラグインを追加の画面で下図を参照に「ファイルを選択」で、先ほどダウンロードしたWP-Copyright-Protectionを選択し「いますぐダウンロード」して下さい。

 

後のインストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

WP-Copyright-Protectionの使い方

WP-Copyright-Protectionは有効化をするだけで、そのまま使用出来るようになりますが、
一応、詳細設定がありますので簡単にご説明します。

 

「Exclude Pages」:記事のIDを入力することで、その記事をコピー保護から除外できます。

「Disable for registered users」:ここの「Toggle」にチェックを入れると、
  サイト管理者に対し機能を無効にすることが出来ます。

 

注意事項

先ほど「しっかりガードする」と申し上げましたが、WP-Copyright-Protectionを導入したからといって100%安全というワケではありません。

 

例えば、パソコンに対してのコピーガードは出来ますが、スマートフォンやタブレット端末ではこの機能は無効になる場合があり、またパソコンの場合でもショートカットキーを使えばコピーが出来るようになったりします。

 

でも”備えあれば憂いなし”です。このプラグインの効果は証明されていますのでオススメです!