こんにちは!なおなりです。

このサイトを立ち上げて約1年経過しましたが、私のビジネスでの基本的な事、なおかつ最も重要な事をお伝えするのを忘れていました。
それはSEO対策についてです。

ここでは、SEO対策とは何か?そしてネットビジネスにおいてSEO対策がどれほど重要か?を解説したいと思います。

SEO対策
 

 

 

 

 

 

 

SEOの基礎知識

ネットビジネスを実践していると必ず耳にするのがSEOという言葉です。
私も最初はそうでしたが、初心者の方の場合SEOと聞いても何の事かわからないと思います。
しかも「SEO対策って重要!」と聞かされるとなおの事、この言葉に敏感に反応して気になります。

 

インターネットビジネスシーンで良く聞くこのSEOという言葉の意味、そしてその重要性。
いったいそれはどういう事なのでしょうか?

 

そもそもSEOって何?

初心者にとって聞き慣れない「SEO」という言葉。
この言葉自体を正式名称に直すと「Search Engine Optimization
Search Engine⇒検索エンジン
Optimization⇒最適化
つまり「検索エンジンの最適化」という意味になります。

 

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!でいうところのキーワード検索入力ツールの事。
下図のような、インターネット利用者が調べ事をするときに良く使うキーワード入力サービスの事です。


 

つまり、検索エンジンを最適化するということは、自分のコンテンツをいかに検索上位に表示させるか?その対策を取ることがSEO対策を取るという基本的な考えです。

 

検索エンジンとSEO対策の関連性

SEO対策を取る~すなわちそれは、自分のサイトやブログが検索エンジンに高い評価を受けないと行けないという事です。

 

検索エンジンの評価が高ければ、そのサイトは質の高い情報を発信していると評価され
それをより多くのネットユーザーに見てもらえるよう、検索結果の上位に表示してくれる事になります。

 

そんな検索エンジンは、サイトの評価基準を独自に持っていてそれをベースに判断し
どのような順序で検索結果を表示させるか?を決めています。

 

その評価基準~検索エンジンが持つ独自のルールアリゴリズムと呼んでいます。

 

このアルゴリズムですが、具体的な基準については我々ユーザーが知ることは出来ないため、それを攻略するためには、ユーザーそのものが予測立てて行動するSEO対策を立てなくてはいけません。

また、アルゴリズムはネットユーザーの動向を日々監視し、それに対応すべく常に変動・進化しています。
ですので、過去に上手くいったSEO対策がいつまでも通用するワケではなく
アルゴリズムの変動に応じた対策を、予測し打ち続けていかないいけないという難しさも含んでいます。

 

検索エンジンのアルゴリズムを予測するには?

検索エンジンのアルゴリズムを我々が知ることは出来ませんが、
その基本的な考え方を知っておけば、ある程度は予測を立てることは可能です。

つまり、検索エンジンはネット利用者が使用すもモノ。
要するに「検索するユーザーの立場になって対策を考える」ことがアルゴリズムを知る材料となります。

 

これは具体的にはどういうことか?と言いますと、
例えば”ダイエット”について調べたい人が、検索エンジンを利用し「ダイエット 方法」と入力し検索したとします。


 

上図のように検索したワードに関連する検索結果が表示されますが、この時、どのような情報が検索上位(1ページ目)に表示されているか?分析することがアルゴリズムを知る基準となります。

 

つまり、上位表示されているのはどんなサイトなのか?を知る事。
この時、上位表示されているサイトが個人が発信しているような情報であれば、そのキーワードで自分のサイトも十分上位表示する可能性があり、もし無ければ、関連キーワードで再検索してみたり、「ダイエット 方法 レシピ」などといったキーワードを追加して検索してみると、さらにアルゴリズムの基準が予測出来るようになります。

 

このように例を挙げてご説明しましたが、たぶん初心者の方などはイマひとつ”ピン”と来ないかも知れません。
ですが、これはSEO対策を実践していく上での慣れもありますし
この予測方法はSEO対策の基本でもあります。

 

また、実際に検索をするときは検索上位に表示されることが絶対条件となります。
これもまた、検索するユーザーの立場になって対策を考えたとき、検索した人は表示結果の1ページのみを閲覧し、2パージ目以降はあまり見ない傾向があるため、あまりアクセスは期待できないということになります。

 

もしあなたが発信した情報が2ページ目以降に表示されるようなことがあれば、
これはSEO対策が上手くいかなかったと判断するべきです。

 

ですので、アルゴリズムを考えたSEO対策は、しっかりキーワードを吟味して考えないと失敗してしまいます。
もちろん、このときキーワードだけではなく情報の内容もいい加減なモノだと
これもアルゴリズムに反するカタチとなってしまいますので気をつけないといけません。

 

サイト運営におけるSEO対策

ここまででSEO対策の基本として検索エンジンのアリゴリズムを知るために
検索キーワードでのSEO対策をご説明しましたが、ここからはサイトの内容についてのSEO対策の基本を解説します。

 

内部SEOと外部SEO

サイトを運営する上でSEO対策を強化するには、サイトそのものにその対策を組み込んで行かなくてはいけません。
そこで必要となるのが内部SEOと外部SEOです。

 

内部SEO対策

内部SEOとは?サイト内部を工夫して検索エンジンに高い評価をしてもらう対策のことです。
先ほどご説明しましたキーワード選定も内部SEOのひとつに含まれ、他にも・・・


 

コンテンツの質は、内容は充実していることはもちろんですが、記事単位の文字数も大きく影響して来ます。
文字数も多ければ多いほど良いのですが、最低でも500文字以上の記事を書く必要はあります。

 

コンテンツボリュームも内容を重視するアルゴリズムの予測範囲内だと思われ、ページ数がどれくらいあるかが?判断基準で、これも多い方が良いとされますが、ただボリュームが多いだけではなく、古い情報をいつまでも残しておくのではな、常に更新して行くことも重要です。

 

他、検索エンジンが巡回しやすくするための見出しタグの活用や内部リンクの数、また良質なコンテンツを判断するための滞在時間を伸ばすことも重要な内部SEO対策となります。

 

外部SEO対策

外部SEO対策は、外部から自分のサイトを高く評価してもらうための手段。
つまり、他のサイトからこのサイトはお薦めだとリンクを貰って評価してもらうことです。

 

これを被リンク対策とも言いますが、自分でサイトを強化する内部SEO対策とは違い、外部SEO対策は外部から評価をもらわないと成り立たないSEO対策なため、かなり難しいのが現状で、難しだけに検索エンジンの評価も内部SEOよりは遥かに高くなります。

 

外部SEO対策は基本的に、コツコツとコンテンツを強化し有益な情報を発信することで外部からの被リンクをもらえる事を期待しないといけませんが、それが難しい場合は”自作自演”で被リンクを送るという手段も行われてきましたが、最近ではアルゴリズムも大きく変動し、これは基本的に通用しなくなりペナルティの対象ともなってしまっています。

 

要するに、外部SEO対策は他者が紹介したくなるような質の高いコンテンツを作ること。
これが重要なのですが、そのためには自分自身のスキルアップが必要となって来ます。

 

最後に

ハッキリ申し上げますが、SEO対策は決して簡単なモノではありません。

また、近年の検索エンジンのアルゴリズムの変動により、
さらにSEO対策は難しくなってきています。
そのため、中には「SEO対策は無意味だ!」と言っている人たちもいます。

しかし、SEO対策を打たないと検索エンジンから評価ももらえませんし、検索上位にも表示されることも出来ません。
ですので、SEO対策を諦めてはいけません。

難しいなら、自分で努力し内部SEO対策をしっかりやっていくべきです。
内部SEO対策がしっかり出来れば、おのずと外部から高く評価され外部SEO対策にも繋がっていきます。

 

良質なコンテンツを作成し、それを自然に拡散させる!
これがSEO対策で重要なことで、ネットビジネスでは絶対にやらなければいけないことです。