今回ご紹介するプラグイン「WP Multibyte Patch」は、日本語版のWordPressサイトを運営する場合には必ず必要となってくるモノですので、通常は日本語版WordPressに標準装備されていますので特に設定等は必要ありませんが、その機能は知っておきましょう。

注)プラグインの導入方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

WPMultibytePatch
 

 

 

 

 

WP Multibyte Patchとは?

WP Multibyte Patchは、マルチバイト文字を自動で最適化してくれるプラグインです。

マルチバイト文字とは?簡単に言えば日本語文字の事で、1文字を2バイト以上で表現する文字の事をマルチバイト文字といい、ひらがなや漢字などがそれに該当します。

 

ですので、通常なら日本語版WordPressに標準装備されていますので
これを有効化↓↓するだけで機能します。


 

WP Multibyte Patchが標準装備されていなかった場合の導入方法

WP Multibyte Patchは、ほぼ標準装備で日本語版のWordPressにありますが、
もしなかった場合は以下で解説する2通りのいづれかの方法で導入して下さい。

 

通常のインストール方法

通常のインストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

WordPressの専用サイトからインストールする方法

まずコチラのサイトを開きます。⇒【WordPress.org】
下図のサイトを開きましたらWP Multibyte Patchをダウンロードして下さい。


 

ダウンロードが完了しましたら、次にWordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」⇒
「プラグインのアップロード」をクリックし、表示されたプラグインを追加の画面で下図を参照に「ファイルを選択」で、先ほどダウンロードしたWP Multibyte Patchを選択し「いますぐダウンロード」して下さい。

 

後は、通常のインストール方法と同じです。

 

WP Multibyte Patchの機能について

WP Multibyte Patchは自動で作動しますが、その機能は以下のとおりとなっています。


文字化け防止

日本語のようなマルチバイト文字は、時に文字化けしてしまうとことがあります。
それを防ぐための機能もこのプラグインは持っています。

 

文字数カウントの最適化

記事投稿において文字数をカウントしていますが、
日本語の場合正常にカウントされない場合があり、それを防いでくれます。

 

スペースの認識正常化

スペース(空白)には半角と全角のスペースがありますが
これを誤認識しないようにする機能も備わっています。

 

ピンバックのバグ防止

他のサイトなどからピンバックを受けた場合、バグが発生し正常に表示されない場合があります。
これを防ぐ機能も付いています。

 

その他マルチバイト弊害防止

もともと海外で開発されたWordPressですので、日本語のようなマルチバイト文字に対応出来ない場面が多々あります。それらの弊害を防止してくれる機能を持っているのがWP Multibyte Patchです。