今回ご紹介するWordPressプラグインは、Googleアドセンスで広告収入を得ている人にオススメのプラグインで「AdSense Manager」というモノです。
これを導入すれば記事中に自由にアドセンス広告を貼ることが出来、管理も自由とても便利です。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。


AdSenseManager
 

 

 

 

 

AdSense Managerとは?

AdSense Managerは、
Googleアドセンスを利用したサイトアフィリエイトをはじめて実践する人に、
Q:「クリック率を上げるにはアドセンス広告をどこに貼れば良いの?」等と良く質問を受けます。

 

そんなとき私は、
A:「記事のバランスを考えて、効果的な場所に広告を貼りましょう!」とアドバイスして
このプラグインの使用方法をお教えています。

 

ちなみにGoogleアドセンスについてはコチラを参照下さい。
参照記事:【グーグルアドセンスとは?】

 

このような回答をした時、効果的な場所に広告を貼るために教えているのがプラグインAdSense Managerの使い方。
これを使えば簡単なコードを指定するだけで、好きな箇所に好きなサイズのアドセンス広告を貼ることが出来ます。

 

AdSense Managerのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

AdSense Managerの設定方法

まずは、Googleアドセンスのアカウント申請をしておいて下さい。
参考記事:【グーグルアドセンスのアカウント申請方法】

 

AdSense Managerをインストールし有効化しましたらWordPress管理画面(ダッシュボード)の「設定」から「Ad Units」をクリックします。


 

続いてアドセンス広告コード(詳しくはグーグルアドセンスのアカウント申請方法を参照)を貼って行き(赤枠内)貼り終えたら「Import」をクリックして下さい。


 

「Import」をクリックしたら少し見づらいですが、下図のような画面に移動します。
以下、項目毎に解説して行きます。


 
  • 「Ad Unit Name」:簡易的な広告名(任意で英数字を使い名前を設定)
  • 「Ad Format」:アドセンス広告のサイズ
  • 「Display Options」:どのページに表示させるかを指定
     ・On Homepage:トップページ
     ・On Posts:投稿
     ・On Pages:固定ページ
     ・On Arichives:アーカイブページ
     ・On Search: 検索結果
  • 「Html Code」:貼り付けたアドセンス広告コード
  • 「Wrap Html Code」:htmlやCSSなどを指定し広告の前後に挿入させる場所を選択
  • 「Notes」:注釈を入れる場合に入力

なお、通常の設定であれば「Display Options」は全てデフォルトの「Use Default」に設定しておいて下さい。
以上、設定が終わったら「Save Changes」をクリックしてデータを保存します。

 

AdSense Managerの使い方

AdSense Managerの設定をすると、記事投稿画面にアドセンス広告のユニット名が表示されます。


 

これを下図例を参照に実際の記事中に貼り付けて行きます。


 

この時のアドセンス広告コードは、設定したAd Unit Nameが「ad-1」だった場合、
上図のように「ad#ad-1」と記述します。
つまり、Ad Unit Nameの前に「ad#」と付けて設置して下さい。
なお、アドセンス広告コードを設置する時は
必ず編集画面はテキストエディターでなければいけません。

 

以上、これでどこでも自由にアドセンス広告を貼れるようになりますので
自分で考え、効果的な場所に広告を貼りましょう。

 

アドセンス広告掲載の際の注意点

AdSense Managerを導入することで、アドセンス広告をどこでも自由に設置出来るようになりますが、Googleアドセンスは規定が厳しいのでルールをしっかり守って貼るようにして下さい。
以下、基本的なルールとなります。

  • 広告が貼れるのは1ページ当たり3つまで。
  • 記事が読みにくくなるような場所に広告は貼らない。
  • 他のアフィリエイト広告と一緒に貼らない。
 

また、アドセンス広告を貼るための類似のプラグインもありますので、そちらも参照下さい。
参考記事:【Master Post Advertの使い方】