今回は「RSS Footer」というWordPressプラグインをご紹介します。

このプラグインを導入すると、自分のサイト記事などのコピーコンテンツや盗作を防ぐ効果がありますすのでオススメです。
ここでは、その「RSS Footer」の導入から設定、使い方まで解説します。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。


RssFooter
 

 

 

 

 

RSS Footerとは?

RSS Footerは、サイト記事等が更新されるときに配信されるRSSに対し、自分のサイトの署名やリンク情報を自動的に埋め込めるプラグインです。

 

何故、このような情報をRSSで送信するのか?と言いますと、RSSを利用した自動投稿記事コピーコンテンツを作成するスパムサイトを防ぐためのモノで、勝手に自分のコンテンツのコピーを作られてしまうと、検索エンジンの評価が下がってしまいSEO的にも悪影響を与えてしまいかねないからです。

 

ですのでRSS送信に自分のサイトの署名やリンク情報を組み込んでおけば、もしコピーされたとしても、その情報がある限り検索エンジンに自分のコンテンツであることを主張出来ます。

 

つまりRSS Footer導入の目的は、自分のサイトの著作権を守るために必要なプラグインなのです。

 

RSS Footerのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

RSS Footerの設定方法

実はRSS Footerをインストールし有効化した時点で、既にRSS送信における自分のサイトの署名やリンク情報は反映されています。
ですが、細かい設定も必要なのでここではそれについて解説して行きます。

 

まず、WordPress管理画面(ダッシュボード)の「設定」から
「RSS Footer」を探してクリックします。


 

下図のようにRSS Footerの設定画面が表示されますので、
内容を確認し必要であれば設定内容を変更して行きます。


 
  • 「Content to put in the footer」:フッター(ページ最下部)に設置する文字列等を記述。
  • 「Preview of your RSS Footer」:ここをクリックすれば設定内容のプレビュー(確認画面)が見られます。
  • 「Settings」:署名の設置場所(after or before)を指定出来ます。

このようにRSS Footerを導入した時点で必要な情報は組み込まれていますので、特に設定内容を変更する必要はありませんが、これがどんな意味を持つか?は覚えておいておいて下さい。


  • %%POSTLINK%% :元の記事へリンクを貼ります。
  • %%BLOGLINK%% :サイトのトップページへリンクを貼ります。
  • %%BLOGDESCLINK%% :description(注釈)をアンカーテキストに含んだサイトへのリンクします。
 

RSSを使った盗用をされないための対策

通常だとRSS配信をすると更新情報の全てが送信されてしまいます。
そうなると、その更新情報全てがコピーされてしまい盗用される可能性があります。
それを防ぐために、以下の設定を行って下さい。

 

WordPress管理画面(ダッシュボード)の「設定」から「表示設定」をクリックします。
すると下図のような設定画面が表示されますので「RSS/Atom フィードでの各投稿の表示」を「抜粋のみを表示」にします。


 

このようにすることで、RSS全文配信から抜粋(本文先頭から110文字)が送信されるようになります。
抜粋だと盗用しようにも出来ませんので、これが防止対策になります。

 

以上、自分の大切なコンテンツをスパムから守るために様々な対策を打っていく必要があります。
なお、今回ご紹介したRSS FooterとPubSubHubbubというプラグインも併用して使用すると、さらに効果が上がります。
参考記事:【PubSubHubbubの使い方】