あなたはFavicon(ファビコン)というアイテムをご存じでしょうか?
ファビコンは簡単にいうとサイトの飾り的なモノ。少しだけサイトを良く見せることが出来ます。

ですが、ファビコンは意外にもネット検索においてはそれなりの役割があり、これがあると無いとではサイトのクリック率が違って来るとも言われてます。
今回はそんなアクセスアップ効果があるWordPressのファビコン設置プラグインをご紹介します。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

FaviconRotator
 

 

 

 

 

Favicon(ファビコン)とは?

ファビコンとは?具体的にお見せするとこういうモノです↓↓。


 

または、ブックマーク(お気に入り)に登録した際の
コレ↓↓もファビコンです。


 

要するにファビコンとは、ブラウザの最上部に表示されるアイコンで、Webサイトのシンボルマーク的なモノです。

 

このファビコンは一見意味の無いモノようにも見えますが、意外と役割があり、ネットユーザーがサイトを開いたとき良く目にするモノでもあるため、これがあればクリック率が上がると言われています。
つまり、ファビコンがあれば「こんなサイトだ!」とアピールする材料にもなるワケです。

 

Favicon(ファビコン)画像を作成する方法

ファビコンを作成するには、まずその元となる画像を用意しないといけません。
そこで、簡単にファビコンを作成出来るサイトがありますのでご紹介します。

 

ファビコン画像作成手順1:画像を用意する

ファビコンにする画像を用意しておいて下さい。
画像は何でもかまいませんが”サイトの顔”となるモノですので、それなりに選び抜いた画像を準備しておいて下さい。

(例:↓↓私のメインサイトのファビコン画像です。)


 

なお、画像は著作権や肖像権に違反しないモノを用意して下さい。
参照記事:【著作権と肖像権の侵害違反の注意点】

 

ファビコン画像作成手順2:ファビコン作成サイトで画像を加工する

ファビコン画像を加工するは、ココのサイトを利用するのがオススメです。
ファビコン作成サイト⇒【favicon.icoを作ろう!】

 

ファビコン作成サイトを開いたら下図に従い作業を行います。


 

① 画像のサイズを選び「ファイルを選択」で用意しておいた画像を取り込みます。
なお、画像のサイズはどれでも構いません。

 

② 「favicon.ico作成」をクリックしファビコンを作成します。

 

ファビコンに加工された画像を「ダウンロード」をクリックし取得します。


 

注意)画像の拡張子は「jpg」で保存しておいて下さい。
他の拡張子だとファビコンが表示されない場合があります。

 

Favicon Rotatorプラグインでファビコンを設置する

作成したファビコンを実際にサイトに設置して行きます。
そこで今回は「Favicon Rotator」というWordPressプラグインを使用します。

 

Favicon Rotatorのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

Favicon Rotatorの設定方法

Favicon Rotatorをインストールして有効化して、
WordPressの管理画面(ダッシュボード)から「外観」⇒「Favicon」をクリックします。


 

「Favicon」をクリックすると下図のような設定画面が表示されます。
設定画面の見方は以下のとおりです。


  • Browser Icon:PC向けのファビコン登録
  • Touch Icon:モバイル向けのファビコン登録

ここではPC向けのファビコンの設置を行っていきますのでBrowser Iconの「Add Icon」をクリックします。
そして、下図のように「ファイルを選択」で用意しておいたファビコン用の画像を取り込み「変更を保存」すれば完了です。


 

以上でファビコンの設置は完了です。
ファビコンは、あまり意味の無いようにも思えますが、ファビコンが付いていないサイトよりネット利用者を印象付けするのに効果的でし、目的のサイトを探す時も良い目印にもなります。