WordPressを利用する際、様々な類似プラグインが存在します。
類似のプラグインなら、どれが使いやすいか?自分で判断し導入するのですが、今回は私もお気に入りで使っている「Yet Another Related Posts Plugin」(通称:YARPP)というプラグインをご紹介します。

ちなみにこのYARPは、サイト記事に対する関連記事を表示してくれるプラグインです。

注)プラグインの設定方法はWordPressのバージョンアップで変わることがあり
解説とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。

YARPP
 

 

 

 

 

Yet Another Related Posts Pluginとは?

Yet Another Related Posts Plugin(以降YARPPで記載)は、関連記事を自動で判別して表示してくれるプラグインです。
なお、類似のプラグインがあるとお話しましたが、
それが「Similar Posts」というプラグインです。

Similar Postsも使い勝手の良いプラグインなのですが、既にアップデートが終了しているため、今後のバージョンアップが期待できないので、関連記事を表示したい場合は、YARPPを導入された方が良いかも知れません。

 

ちなみにYARPPを使った関連記事表示は、サイト記事の下にこのように↓↓表示されます。


 

YARPPのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。

なお、プラグインの検索でYARPPを探す場合は、正式名称のYet Another Related Posts Pluginで入力して下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

YARPPの設定方法

YARPPをインストールし有効化すると、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から「設定」⇒「関連記事(YARPP)」をクリックします。


 

「関連記事(YARPP)」をクリックすることで設定画面が表示されます。
そこでまずは設定画面右上にある「表示オプション」の
「表示する項目」に全てチェックを入れます。


 

続いて「フィルター設定」において、関連記事として表示されたくないカテゴリーやタグなどにチェックを入れて除外することが出来ます。


 

次に「関連スコア設定」を行います。
ここでは、関連記事として重視する記事は何か?と判別させる記事を自動で選ぶように設定します。
ちなみに選び方は「検討する」「検討しない」「検討する(重要視)」の4項目です。


 

なお、この時赤枠で囲っている「表示する最低関連スコアー」の数値を上げると、判定が厳しくなり関連記事が表示されなくなる場合がありますので、通常は1~2ぐらいに設定します。

 

次に「表示設定 ウェブサイト用」設定ですが、以下に設定内容を細かく解説します。


 
  • 自動表示:関連記事を表示させたい場所を選択します。
  • 一度に表示する関連記事数:表示させたい関連記事数を入力。
  • リスト&サムネイル:実際に表示させる形式を選びます。
  • 関連記事表示を囲むタグリストタグを使ってタイトル部分のデザインを変更出来ます。
  • 各関連記事を囲むタグ:こちらもリストタグを使って記事タイトル部分のデザインを変更出来ます。
  • 抜粋を表示?:記事の抜粋文を表示させるか否かを選択。
  • 関連記事がない時の表示:記事が無かった場合「関連記事はありません」等の表示をさせる。
 

以上で関連記事表示プラグインYARPPの設定は完了です。
後は、通常どおり記事を書いていけば自動で表示してくれるようになります。