あなたは、自宅のパソコンやスマホ、携帯などに、撮り貯めしたお気に入りの写真って持っていませんか?

そして、実はその写真が「売れる!」と言ったらどう思いますか?
たぶん普通なら「プロの写真家じゃないんだから、素人が撮った写真なんかが売れるワケがない!」と思うでしょう。

「売れるんです!」しかも簡単に!
今回は、ただの趣味で撮った写真が売れて副業になる方法をお教えします。

ストックフォト
 

 

 

 

 

 

 

素人が撮影した写真でも需要がある!

インターネットの普及により、ネット上では様々な画像素材が流出しており
それをいろいろな人が個人的、もしくは商用目的で活用しています。

 

しかしながら、それら多くには肖像権など法的な縛りがあり、実際には自由には使えない。
そんな場合、無料で配布しているフリー素材サイトも多く存在し、ここからの画像素材を自由に使うことは出来るのですが、これらもまた、利用者の目的、ニーズに合った素材を探すのが大変で、素材があったとしても妥協しなければならない部分もあります。

 

だとすれば、有料だけど素材が豊富な画像提供サービスを使えば良いのではと思うのですが
ただ、有料の写真素材と言えばプロが撮影したものが多く、これらは値段も高くなります。
そこで、今回ご紹介する「ストックフォトサービス」を使えば、素人さんが写真を多く投稿していますので、破格の値段で買うことが出来、素材の豊富さもお墨付き!簡単に自分のニーズにあった画像を探すこともできます。

 

つまり、素人が撮った写真だからこそ有料であっても
「安価」と「豊富な素材数」という理由で需要があり売れるのです!

 

素人が撮影しても売れる写真とは?

売るための写真を撮るのだからといって、数十万円もする高性能なカメラを使う必要など使う必要はありません。
最初にも言いましたが、それは携帯カメラやスマートフォンでも構わないのです。
また、素人が撮影するのですから技術も必要ありません。

 

要は、ニーズに合った写真を撮影出来れば売れるのです。

 

では、売れるためのニーズに合った写真とは何か?

 

まず販売するターゲット層は


  • 個人を含めたサイト運営者
  • 企業(法人)その他営利団体

基本的に個人ユーザーは有料の画像素材など、よっぽど気に入ったモノがない限りなかなか買ってくれません。ですので、素材を欲しているサイト運営者をターゲットにするのが一番です。

 

次にどんな素材が売れるのか?例えば


  • 旅先で見つけた珍しい風景
  • 神社や仏閣などの文化物
  • お祭りなどの文化的写真
  • 躍動感のあるスポーツ写真
  • 大人数の集合写真
  • 珍しい動植物
  • 喜怒哀楽が明確にわかる人物写真

このような素材が好まれるとされ、さらにオリジナル感があればさらに良し。
また、最近では福祉関係で多くの写真素材の需要があると言われ、お年寄りの写真。
特に幸せそうなシニアカップルの写真が良く売れているそうです。

 

販売する写真で注意する事

素人が撮った写真だからといって、何でも販売していいというモノではありません。
そこには、モラルと法律をしっかり守らなくてはなりません。

 

例えば、人物写真を売りに出す場合は、被写体本人の了解を得た上で出す事。
また、風景写真などに企業の名前、ロゴが入って場合も問題になる事があります。

 

他、単に自分が気に入っているからといって、海や山などの風景写真を載せても
ありふれていてインパクトにも欠けるため、なかなか売れないでしょう。

 

ストックフォトサービス・サイトの紹介

ここまでで、どのような画像素材が販売に適しているのか?ご説明しましたが
ここで、肝心の販売サイトのご紹介をします。
以下がそのサイトですが、全て登録は無料で出来ます。


以上、4つの販売サイトをご紹介しましたが、少し登録審査が厳しいところもあるようです。
そんな中で、もっとも審査が通りやすく売れやすいのがFotoliaだと言われています。

 

ストックフォトサービスを使った販売方法と収入の見込み

ストックフォトサービスの活用方法として、複数の販売サイト毎に同じ写真を投稿しておくのが”売れるコツ”だと言われています。
つまり、上記で挙げた4つのサイトに同じ写真をすべて投稿しておいておけば、
ユーザーの目に入る確率も高くなり、そこに需要も高くなる可能性があるという事です。

 

また、一度投稿しておけば、同じ写真が何度でも売れますので長期的な収入も見込めます。
ただし、1枚当たりの収入単価は数十円と低いようですが、ヒットすれば、
その1枚もかなり稼いでくれる可能性もあるでしょう。