こんにちは!なおなりです。

読者の皆様から、私に良くいただく質問に「ブログの記事に何を書けば良いのか?わからない。」という事。
ブログアフィリエイトを始めたけど、どんな記事を書けばアクセスを集められるか?悩んでおられるようです。

確かに初心者の方にいきなり記事を書け!と言っても良くわからないのは当然かも知れません。
ですが、記事を書かないことには何も始まりません。

今回は、記事の書き方についての基本的な事について解説したいと思います。

ブログに記事で何を書けば良いのか
 

 

 

 

 

 

初めてブログに記事を書く場合は何を書けば良いのか?わからないというのは、最初に誰でもぶつかる壁です。
ですが、これは記事を書き続けていけば必ず慣れて来て、その内に簡単に書けるようになります。

 

もし、あなた「記事を書けない!」と二の足を踏んでおられるのであれば悩む必要などありません。
そして、以下のやり方を参考にして書き方を学んで実践して行き慣れていって下さい。

 

仕事だ!と思って取り組む姿勢が大切

「どんな記事を書けば良いのかわからない」というのは、
自分が書きたいことが見つからないからです。
トレンドアフィリエイトをやろうとしているのに、芸能やスポーツなどのトレンドな情報に興味がないのでわからない。

 

「記事が書けない」人の多くは”興味が無い”ということにあります。

 

当然、興味が無ければ記事なんて書けるワケがないのですが、
書けない!と思うのではなく「これは仕事だ!」と思うことが重要です。

 

私自身もこれまで1000記事以上のトレンド記事を書いて来ましたが
トレンドアフィリエイトを始めた当初は、芸能などまったく興味はありませんでした。

 

ですが、やはり「稼ぎたい」「結果を出したい」という気持ちが強くありましたので、
稼ぐために必要な事「仕事」と割り切って我慢して書いていました。

 

もちろんそんな状態ですから、最初の頃の記事内容は散々な出来、
明らかに良く知らないで記事を書いているというのがわかりましたが、
慣れてくるに連れ、次第に芸能ネタにも興味が湧いて来て詳しくなって行きました。

 

私のようにトレンドネタに興味の無いアフィリエイターはたくさんいます。
彼らもまた「仕事」して割り切って記事を書いたことで結果を出しています。

 

まずは記事の構成を組み立てる

基本的に記事を書く場合、その構成は以下のようになっています。


  1. 記事タイトルのキーワード選定
  2. 選定したキーワードで記事タイトルを作成する
  3. 記事タイトルから連想出来る記事の内容をいくつかに細分化する
  4. 細分化した記事内容で見出しタイトルを作る
  5. 見出しタイトル毎に関連する記事をリサーチし自分なりの言葉で記事を書く

以上、これらを1つずつ解説して行きます。

 

記事タイトルのキーワード選定

「何を書けば良いのか?わからない」ということであっても、キーワードを選定すれば
おのずと何を書けば良いのか?漠然とではあるかも知れませんが見えて来ます。

 

例えば、それがトレンドアフィリエイトであった場合、芸能ネタを記事にするとします。
そこで必要となって来るのが旬なキーワードです。

キーワードについてはコチラを参照していただくと良いですが
参考:【トレンドアフィリエイトのネタ探し(キーワード選定)】

 

様々なネタ探しのサイトから情報を収集していけば、どのキーワードに需要が集まっているのか?
自然とわかるようになって来ます。

但し、最初の段階ではキーワード探しにも苦労す事と思います。
ですが、そこは”場数”です。
ひたすら記事を書き続けることで慣れてきますので、そうなればキーワード選定もやりやすくなるでしょう。


選定したキーワードで記事タイトルを作成する

需要のあるキーワードを探したら、そのキーワードに関連する”サブキーワード”をひも付けします。

 

例えば、メインとなるキーワードが「ダイエット」なら、関連するキーワードを2つほど探します。
この場合、関連ワードを「食事」、「運動」だとすると、この3つのキーワードを使ってタイトル文を作ります。

 

例)「ダイエットに効果的な食事や運動で確実に痩せるためのメニューとは」

 

このように、タイトル文はしっかりと意味のつながる文章で30文字程度で作成して下さい。

 

記事タイトルから連想出来る記事の内容をいくつかに細分化する

タイトルを作成したら、そのタイトルに沿った形で記事本文の文章構成を考えます。

 

例えば先ほどのダイエットに関する記事であれば、


  • ダイエットの概略
  • 痩せたい悩み
  • 成功例、失敗例
  • ダイエットに効果的な方法(食事や運動)
  • 具体的なやり方
  • まとめ

このように、大体で良いですが細分化して文章の構成を考えておきます。

 

細分化した記事内容で見出しタイトルを作る

前記で挙げた記事内容の6つの構成を、もっと具体的に
記事を書きやすく、段落決めします。

 

例えば「痩せたい悩み」であれば、「人が痩せたい理由は何故なのか?」など
段落毎のサブタイトルを決めておきます。

 

見出しタイトル毎に関連する記事をリサーチし自分なりの言葉で記事を書く

ここまでで、書く記事の骨組みが完成しますので文章が書きやすくなります。

 

後は、タイトルに沿って段落毎に文章を書いて行くだけです。
もちろんこの場合、書籍やネット検索で情報をリサーチしていくワケですが、
記事にしたい情報が見つかっても、それをコピーなんかしないで下さい。

 

情報元から抜粋した記事であったとしても、自分の言葉で自分で解釈したオリジナルの記事を書いて下さい。

 

1記事あたりどれくらいの文字数が必要か?

私がブログアフィリエイトを始めた時、最初に教えられたのが
1記事あたりの文字数は最低でも500文字は必要ということでした。

 

しかし、500文字では文章として少々短いようで、検索エンジンの評価もこの程度ではあまり高評価はもらえそうにありません。
しかも、短い文章で内容が薄いと「価値の無いコンテンツ」と判断されペナルティを受け、検索圏外に飛ばされてしまう場合があります。
 
※ ペナルティを受けた場合、Googleから以下のようなメッセージが送られてくる例。


 

そこで私なりに、他のアフィリエイターの方から聞き取りした事や、自分で書いた記事のボリュームから推測すると、やはり1000文字以上がひとつの文字数の目安だと考えています。

 

最低1000文字以上で、出来れば2000文字前後が理想です。

 

慣れない初心者が1000文字以上の記事を書くとなると大変か?と思いますし
文章の書き方が上手いか、ヘタかの差はあると思いますが読者に伝われば良いことです。

 

これもまた”慣れ”です。書き続けていれば書くことが楽しくなって行きますよ、きっと。