こんにちは!なおなりです。

巷で話題になって「You tuber」(ユーチューバー)って気になっている人もいるか?と思います。
ユーチューバーもネットビジネスのひとつで、超メジャーな動画サイト「You tube」に個人で動画を投稿してお金を稼ぐのがこの手法です。

でも、不思議に思う人もいるかもしれません。
だって「You tube」って無料で観れる動画サイトですよね?
そんな動画サイトでどうやって稼ぐのか?
今回は、そんな疑問に思っている人のため、You tubeでの収入の仕組みと
興味のある人に、どうやったらユーチューバーになれるのか?を解説したいと思います。

Youtuber
 

 

 

 

 

 

 

「You tuber」(ユーチューバー)とは?無料動画サイト「You tube」に動画を自主制作して投稿し
動画の再生回数で得られる広告収入でビジネスを展開している人たちのことを言います。

 

これは、インターネットの光通信が普及し回線速度が飛躍的に向上し、動画も比較的楽に視聴出来るようになった近年において、登場して来た新しいビジネスとも言えます。

 

また、このユーチューバーという仕事に対しては若者を中心に憧れを持つ人も多く、その理由は”好きなことをして生きていく”というユーチューバーのビジネス・コンセプトにもあると言えます。



「You tube」で収入を得る方法とは?

冒頭の動画を観ていただいてもおわかりのとおり、ユーチューバー達は基本的に自分の好きな事を撮影して動画コンテンツを作り「You tube」に投稿。

より注目を浴びる面白い動画や、ゲームやニュースを独自の視点で紹介したり、自分の動画をより多くの人に視聴してもらえるよう、自分の好きな事をしながらも工夫・努力をしています。

 

つまり、動画の再生回数が多ければ多いほど収入も大きくなるのです。
では、その収入源っていったい何なんでしょうか?

 

「You tube」動画の収入源になるのは、私のコンサル企画でも紹介している
Googleアドセンスが主に利用されています。
参考記事:【グーグル・アドセンスとは?】


 

以前は、You tubeでGoogleアドセンス広告を利用出来るのは、提携する法人のみでしたが、最近になって個人にも利用が出来るようになり、ユーチューバーという個人ビジネスが一般にも認知されるようになりました。

 

Googleアドセンスで報酬額を上げる方法はただひとつ。
とにかく再生回数を稼ぐこと。動画再生回数に比例して収入も増えて来ます。

 

ちなみに、Googleアドセンスはクリック課金ですが、動画再生回数の10%が報酬額と言われていますので、具体的には、1万回再生されると1000円ほどの収入が発生することになります。

 

収入源としてGoogleアドセンス以外にも、商品を提供する企業と提携して商品を紹介するアフィリエイトをすることで収入を得る方法もありますが、これは実際に商品が売れないと報酬には繋がりませんので、クリックしてもらうだけで報酬が貰えるGoogleアドセンスが最も有効な手段だと言えます。

 

稼いでいるユーチューバーの紹介

インターネットで稼ぐ手法として、ちょっとした話題になっている「You tuber」。
しかしながら、これで生活出来るレベルまで到達するには、かなりの努力が必要。

 

でも話題になっているので、子供たちにも人気で将来の夢はユーチューバーになりたい!という子もいるそうです。
参考動画:【子供の夢?ユーチューバー】

 

基本的にユーチューバーの仕事は、数多くの動画をYou tubeに投稿すること。
そしてより多くのユーザーに視聴してもらえれば、それなりに稼ぐことが出来ます。

 

一般的には、それなりにユーチューバーとして成功している人の平均月収30~40万円と言われ
ここまで稼げるようになれば専業として生活して行けるようにもなりますが、
子供が憧れるほど、自由に生きられるほど甘いビジネスでもないのも現状のようです。

 

稼げるユーチューバーは一握りの存在ではありますが、
参考までに実際、成功しているユーチューバー達がどんな動画を制作して投稿しているのか?
ユーチューバーランキングを掲載したサイトがあります。
参考サイト:【YouTuberチャンネル登録者数ランキング】

 

ユーチューバーランキングをご覧いただいてもおわかりのように、最も有名なユーチューバーといえばHIKAKIN氏で、彼はユーチューバーのパイオニア的存在として広く知られています。
参考動画:【YouTubeチャンネル:HIKAKIN BEATBOX TV】

 

他にも「PDS株式会社」「Ari Keita」「sasakiasahi」などが有名で、彼らの投稿している動画をご覧いただければ、ユーチューバーがどんなモノか?参考になると思います。

 

ユーチューバーになるには?

稼げるユーチューバー達は日々面白い動画を量産していますが、参考動画のように”自分の顔”を露出して稼ぐ方法もありますが、教科書やマニュアル解説的な動画を投稿して稼ぐ方法もあります。

 

大きく稼ぐにはやはり、トップ・ユーチューバーのように顔出しして注目を浴びるようにするのが基本ですが、ネットビジネスシーンにおいて、マニュアル形式の動画投稿者は非常に多く
直接You tubeで稼ぐのではなく、投稿した動画から自分のサイトに誘導する手法を採用しています。

 

では、どうやればユーチューバーになれるのか?
手順としては以下のとおりとなります。


  1. You tubeのアカウント開設
  2. You tubeにオリジナル動画を投稿する
  3. You tubeにGoogleアドセンス広告またはアフィリエイト広告を設置する

基本的には上記3つの手順を踏めばユーチューバーになれますが、せっかく作った動画を観てもらわないといけませんので、動画タイトルもしっかりとしたキーワードを組み込む必要があります。
参考記事:【キーワード検索サイト「goodkeyword」の使い方】

 

このような手法でYou tubeに動画をより多く投稿していけば、誰でもユーチューバーになれますし、そもそもYou tubeは無料動画サイトなので、労力以外はほとんど投資が必要ないのも魅力です。

 

ユーチューバーとしての基本的ルール

最近テレビを観ていると、バラエティ番組などの冒頭に「番組を勝手に動画サイトに投稿することは違法です。」などといったテロップが表示されることがありますが
これは、何でも動画を投稿すればユーチューバーになれる!といった勘違いをした輩が、録画したテレビ番組や音楽などをそのままYou tubeに投稿して、楽をして報酬を獲得しようとする行為が横行しているからです。

 

ユーチューバーとしての鉄則はあくまでも”オリジナル動画”です。
また映像そのものはオリジナルであってもBGMに勝手に流行の音楽などを載せてもNGです。
これらの行為は全て著作権違反となるものであります。

 

誰でも簡単に、そして自由にユーチューバーにはなれますが
当たり前ですが、そこにはルールやモラルがあることも忘れないようにしましょう。