こんにちは!なおなりです。

私はこのブログ以外にも複数のブログやサイトを運営していますが、
それら全ては「Googleウェブマスターツール」に登録し管理しています。

そんなGoogleウェブマスターツールから、いくつか私のブログに対し警告メッセージが届きました。

この記事を読んでいる方は、もしかしたらご自分のブログに警告文が届いたので
対処方法を調べようとして、この記事に辿りついたかも知れません。

今回はそんな方々のため、私に届いた警告文の意味と対処方法について解説したいと思います。

モバイルフレンドリー
 

 

 

 

 

 

 

私が運営しているサイトは全てGoogleウェブマスターツールに登録し、日々の管理をしていますが、つい先日、運営しているサイトのいくつかにウェブマスターツールから以下のような警告文が届きました。


 

私はこれまで、Googleのガイドラインに違反しないよう、細心の注意を払ってサイトを運営して来たつもりでしたが、この警告文を見たとき
「何で?」
「おかしい?警告を受けるハズがない!」
「もしかしたら、アップデートを食らった?」

 

などと、ちょっとパニックになって泣きそうになりましたが、
よくよく警告文を読んでみると、どうもアップデートとは違う内容のようでしたので少し安心!?

 

でも、この警告の意味を良く調べてみると、今後のSEO対策上大きな影響が出てくるとのことでしたので、早急な対応が必要なことがわかりました。

 

警告文の「モバイルユーザビリティ上の問題」とは?

Googleから届いた警告文には、このように書かれてありました。

 

『http://URL でモバイルユーザビリティ上の問題が検出されました。』

 

これの意味を調べてみたところ、
該当のサイトは、スマートフォンやタブレット端末などからアクセスがあった場合、
それらの端末の閲覧に最適化されていない。という理由で警告が発せられているとの事。

 

スマートフォンなどのモバイル端末の需要が爆発的に増えた現在、
Googleウェブマスター向けのサイトでも、これらのモバイル端末からの閲覧に対応出来るサイトの最適化を勧めているとの事。

 

対処方法の「モバイルフレンドリー」とは?

「モバイルユーザビリティ上の問題」を解決する方法として以下のような内容も確認出来ます。


 

ここで気になるのが”モバイルフレンドリー”という言葉。いったいこれは何なのでしょうか?

 

「モバイルフレンドリー」とは、モバイル端末からの閲覧に対応出来るサイトの最適化のこと
総称してこのように呼んでいるそうです。
参考サイト:【検索結果をもっとモバイル フレンドリーに】

 

自分の運営サイトがモバイルフレンドリーかどうかを確認する

自分のブログやサイトが、スマートフォンなどのモバイル端末に最適化されているか?どうかを調べるには以下のサイトにアクセスすると簡単にわかります。
やり方は簡単で、調べたいサイトのURLを入力して「分析」をクリックするだけです。
参考サイト:【モバイル フレンドリー テスト】

 

モバイルフレンドリーでなかった場合のサイトの影響とは?

何故、自分のサイトがモバイルフレンドリーであるかどうか?を調べる必要があるのか?

その理由は、2015年4月21日よりGoogleがアルゴリズムの更新によりモバイルフレンドリー・アップデートが導入されるからです。

 

これを簡単に説明すると、スマートフォンなどのモバイル端末需要が高まったいる現代において
モバイル対応をしていないサイトは評価しない!というもの。

 

つまり、PCだけでなくスマートフォンなどでも見やすいサイトでないとダメだ!というワケです。

 

自分の運営サイトがモバイルフレンドリーかどうかを確認した結果
以下のような診断が出されたら、どうなるのか?


 

結果としてモバイルフレンドリーで無いまま対策を取らず放置していると
どんなにSEO対策を施して強くなったサイトであったとしても、ペナルティが課せられ、検索順位が下がってしまい、
その影響は「ペンギンやパンダアルゴリズムを上回る」とGoogleは名言しており、かなり危険と思われます。

 

但し、現時点ではこの影響はモバイル検索結果のみとされており、PCでの検索結果には影響はないものとされていますが、それでもモバイル需要は無視出来ませんで、早急な対応が必要と考えられます。

 

対処方法「モバイルフレンドリー化する方法」とは?

この問題を解決し、モバイルフレンドリーなサイトに最適化するには、Googleから対策方法が送られて来ていますが、たぶん良くわからないという人も多いか?と思いますので、ここで対処方法を少しわかりやすく解説したいと思います。

 

なお、解説する対処方法は私がサポートしているWordPressのみとなりますので予めご了承下さい。

 

WordPressサイトでの対処方法で最も簡単な方法は、モバイルフレンドリーに対応したレスポンシブWEBデザインテンプレートを導入する事。

私のコンサルティングにおいては、基本的に「賢威」「リファインSNOW」など、レスポンシブWEBデザインテンプレートの導入をオススメしていますので問題はないと思いますが、それに加え万全な対策を取っておく必要があり、その対策で最も簡単な方法が「WPtouch Mobile Plugin」という、モバイル端末表示最適化設定が出来るプラグンを導入することです。

 

なお、「WPtouch Mobile Plugin」の導入についての詳細は以下を参照して下さい。
参考記事:【WPtouch Mobile Pluginの導入方法】

 

対処後のモバイルフレンドリー最適化の確認方法

モバイルフレンドリー最適化の対処が終わったら、
自分の運営サイトが確実にモバイルフレンドリーになっているか?を確認して下さい。

 

確認方法は2とおり。

まず1つ目は、モバイルフレンドリー・テストのサイトで分析する事。
以下のような結果が出たら、最適化されたことが確認できます。



 

2つ目は、実際にスマートフォンなどで確認する事です。
スマートフォンで自分の運営サイトを検索した際に、以下ような「スマホ対応」と表示されていれば最適化確認完了です。


 

なお、この「スマホ対応」と表示されるまでは数日を要します。

 

最後に

モバイルフレンドリーのアルゴリズム更新については、全てのサイト運営者には周知されていないと思われます。
つまり、このアルゴリズム更新はネットビジネスシーンにおいてはチャンスともいえます。

 

基本的にはGoogleウェブマスターツールに登録し、日々サイトを管理していれば誰でも気付くのですが、やはり、ノウハウに乏しいアフィリエイターや、片手間で実践している人たちは、このアルゴリズム更新により淘汰される可能性もあります。

 

このような背景も踏まえ、ネットビジネスを真剣に実践しているのであれば面倒くさがらずに、日々Googleウェブマスターツールでサイトを管理しながら、インターネットの動向を知る必要があります。