こんにちは!なおなりです。

3月~4月のこの時期。何故か良く耳にする「断捨離」という言葉。
断捨離とは、ザックリ言えば、要らないモノを捨ててスッキリする大掃除のようなもので、卒業、入学、新社会人など新生活が始まる時期、または年末の大掃除の時期に良くこの言葉を聞いたりします。

ところで、今回は「断捨離」という言葉を、どうして私のネットビジネスのブログに登場させたのか?それは、ネットビジネスにおいても「断捨離」は大きな意味があるからです。

ネット断捨離
 

 

 

 

 

 

 

「断捨離」の意味をもう少し具体的に!

「断捨離」とは、日常において溜まった不要なモノを処分、もしくは再利用して
これまでの生活に新しい変化つけ、さらは人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術の事。
とウィキペディアには書いてありました。

 

ただ、冒頭で私は断捨離のことを、大掃除のようなモノと説明しましたが、
実際は、精神的な意味も含んでいて、断捨離で不要なモノを整理することによって
人生や日常生活でのモノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようとする考え方であり、一概に大掃除といった片づけや整理整頓とは違う意味があるとのことです。

 

そもそも、そういった考え方を何故「断捨離」と言うのか?

 

」⇒入ってくる不要なモノを断つ。

」⇒日常生活の中にある不要なものを捨てる。

」⇒モノに対する執着から離れる。

 

とこの3つを繋げた言葉が「断捨離」というそうです。

 

ネットビジネスで言うところの「断捨離」とは?

さて、今回私がこの「断捨離」という言葉をテーマにした理由ですが
ネットビジネスシーンでも不要なモノからの執着から離れ、身軽になることが必要だからです。

例えば、ブログアフィリエイトをやっていたりすると日々記事を更新して行きます。
そうなると当然、記事数はどんどん増えて行き、気がつけば数百記事と書いていることでしょう。

 

もちろんそれらの記事は成果品ですので素晴らしいことのなのですが、
ただ、記事をそのまま更新し続け残していたのではSEO的にあまり良くありません。

 

というより、記事ボリュームだけ増えて質の悪い記事が残っているのがよろしくない。
つまり、「断捨離」でいうところの不要なモノが質の悪い記事ということです。

 

質の悪い記事とは、アクセスの集まらない記事のことであって
一生懸命書いた記事であっても、アクセスが集まらなければ何の意味もありませんので、
思い切って捨てる必要があります。

 

不要な記事を「断捨離」する理由

日々、Googleのアルゴリズムは変動しています。
それによりSEO対策も、日々考えていかないと行けません。

 

アルゴリズムが変動していれば、検索順位にも大きく変わってきます。
ブログ等のコンテンツはボリュームが多ければSEO的にも効果があると言われていますが、アクセスの集められないコンテンツについては逆効果で、Googleの評価も下がってしまい兼ねません。

 

もし、評価が下がってしまった場合は検索順位も落ちてしまい、最悪の場合、”質の悪いサイト”としてアップデート対象になってしまい圏外に飛ばされるケースだってあります。

 

そのため、アクセスの集まらない記事は自分で”質の悪いコンテンツ”と判断し、積極的に断捨離(削除)するようにしましょう。

 

不要な記事の探し方と削除の方法

断捨離する記事の探し方はプラグインを使えば簡単に出来ます。
参考記事:【Populer Postsプラグインの使い方】

 

このブラグインを使って、アクセスの集まらない記事を一括で削除して行きましょう。

 

このとき注意していただきたいのが、ただワードプレスの記事を削除するのではなくて
完全に削除(検索エンジンからも認識されない)して下さい。

 

そのやり方は以下のとおりとなります。

 

まずは、グーグル・ウェブマスターツールを開き、
以下のように削除したい記事があるブログのURLをクリックします。


 

まだ、ウェブマスターツールに自分のサイトを登録されていない場合は
コチラ↓↓を参照して登録しておいて下さい。
参考記事:【Googleウェブマスターツールの登録方法】

 

続いて下図のように「Googleインデックス」⇒「URLの削除」をクリックします。


 

そして、下図のように「新しい削除のリクエストを作成」をクリックし
削除したい記事のURLを入力して「続行」をクリックすれば完全削除は完了です。


 

断捨離しても再利用を考える

このように、不要な記事を断捨離してブログをリフレッシュすることは大切です。

ですが、せっかく一生懸命書いた記事です。削除しても何故アクセスが集まらなかったのか?
もう一度見直し、また再投稿出来るのならやってみるのも良いでしょう。

 

一度削除した記事を再投稿するなら、タイトルキーワードの見直しと
記事を読者が読みやすくわかいりすい内容にカスタマイズした下さい。

 

そうすることで、不要な記事も生き返りアクセスアップに貢献してくれる可能性があります。

 

なお、記事を断捨離する注意点としては、
一気に複数の記事を削除するのではなく、少しずつ削除するようにして下さい。

 

もし一気に削除してしまうと逆効果の場合もあり、検索順位を下げてしまうこともあり得ます。