これまで、いくつかメルマガ・アフィリエイトについてお話して来ましたが
このビジネス手法で成功出来ると大きく稼げる魅力がありますが、失敗の確率も大きいというリスクもあります。

そこで今回は、メルマガ・アフィリエイト実践において失敗の原因となりやすい
”3つのNOT”についてお話し、少しでも失敗しないための攻略方法について解説して行きます。

コピーライティング成功術
 

 

 

 

 

 

 

メルマガ・アフィリエイトで成功出来ない要因「3つのNOT」とは?

メルマガ・アフィリエイト実践において、最も難しいのが「読者の心理を読む」ことです。

メルマガの基本は、コピーライティング技術を駆使して読者の心理を読み、教育して信頼してもらい商品を買ってもらう事。
要するに、いかにして売れる文章を書けるか?にかかっています。

売れる文章が書けないと読者は読むどころか、興味そのものがないため
届いたメールさえも開いてくれません。

 

メルマガもそうですが、ブログなどで書く記事もコピーライティング技術が必要です。
自分の書いた記事やメールを読者が読んでくれるにはどうしたらよいか?
それを常に意識しなければ、ネット・ビジネスを実践出来ないと思っても過言ではありません。

 

ではどのような意識をしてコピーライティング技術を磨けば良いのか?
そこには、コピーライティングで成功出来ない3つのNOTを意識しておかなくてはいけません。
それが、以下の3つになります。

  • NOT READ(読まない)
  • NOT BILIEVE(信じない)
  • NOT ACT(行動しない)

以下、この3つについて解説します。

 

NOT READ(読まない)

例えば、ブログに記事を書いているのであれば読者が記事を読んでいるのか?いないのか?
簡単に確認する事が出来ます。


 

上図はあるブログのGoogleアナリティクスを使ったアクセス解析を表示したモノです。
ここで注目していただきたいのは”平均セッション時間”と右の円グラフの部分です。
”平均セッション時間”とは、サイトに訪れた人がどれだけ滞在してくれたか?の平均時間を表示していて、円グラフはNew Visitor(新規訪問者)、Retunming Visitor(再訪問者)の比率をグラフ化しています。

つまり、このアクセス結果を見てみてみると平均滞在時間は1分程度で
再訪問者は10%程度ということになります。

 

このアクセス結果は、あまり良くなく訪問者はあまり真剣に記事を読んでくれていないことになります。これが、いわゆるNOT READに近い状態であり、これを読んで貰えていると確信が持てる状態なのが、平均セッション時間は最低でも2分以上、再訪問者も30%以上は欲しいところです。

 

読んでもらうにはどうすれば良いのか?

読んで貰えない記事を書く人は、いうなればコピーライティングというものが良く理解出来ていない人です。

ただ、ブログの記事を更新すれば良い。メルマガを発行すれば良い。
と思っているのでは、絶対にNOT READから脱出することは出来ません。

 

文章を書いただけで読者が集まるのは芸能人など有名人だけです。
彼らはそれなりに知名度がありますので、ちょっと記事を書いただけで注目されやすいからです。

 

その点、無名な一般人のあなたが、ただ記事を書いただけでは誰も注目してくれません。

 

ですので、そんなあなたが注目を集めるには、読者が知りたい・求めている情報をしっかりとリサーチして、それを伝える。または解決するための記事やメルマガを書かなくてはなりません。

 

また、読んでもらうためには記事やメルマガのタイトルも読者の興味を引き付けるような
キャッチコピーを考え、反応を取りやすいタイトルを決める必要もあります。

 

読んでもらうためにはリサーチやキャッチコピーを考えないといけない。
一見難しそうにも思えますが、これらは常に文章を書くことを習慣付けていけば、自然とコピーライティング時術も磨かれて行き、気付けば”読んでもらえる文章”が書けるようになります。

 

NOT BILIEVE(信じない)

”信じない”というのは、NOT READから脱出して、文章を読んでくれたとしても
書いてある内容を信じてもらえないという事です。

 

要するに、胡散臭い・面白くないと思われてしまっては、そこで全てが無駄になります。

 

例えば、メルマガにいきなり「簡単に月収100万円稼げる方法があります。」などと書いて
どれくらいの人が信じてくれるでしょうか?
たぶん、ほとんどが胡散臭いと思って信じてくれず、記事やメルマガも読んでくれなくなるでしょう。

 

また、ただ商品を宣伝し売り付けようとするメルマガなども論外ですし、
淡々と自論を述べているだけの記事も、まったく興味を惹くことなく面白くないと思われます。

 

信じてもらうにはどうすれば良いのか?

自分の書いた記事やメルマガを信じてもらうには、どのようにすれば良いのか?
それについて有効的なのが、


  • あからまでガツガツした売り込みではないか
  • 自分と相手との共感を感じるか
  • 読者との距離の近さを感じさせるか
  • 確実な実績とその証拠
  • 権威ある人や実力者からの推薦

これら5つを網羅したコピーライティングで文章をしっかりと書ければ
読者は信用してくれ、そして信頼してくれる可能性が格段に上がります。

 

いきなり、ガツガツと商品を売り込んで来るメルマガなんかは嫌気が差して
即購読解除ってこと良くありませんか?
そんなメルマガを自分が書くなんてありえません。

また、読者との距離感を縮めるために、自分の境遇や社会不安などを課題に挙げ
それについての不安解消や解決策の提案を出来れば、これも信頼してくれる材料となり得ます。

 

さらに、最も効果的なのが、実際に稼いだ実績や成功事例を具体的な証拠として見せることが出来れば確実です。
他、実力者に推薦してもらうという手段ですが
初心者で無名であるあなたが、同じビジネスのジャンルの実力者に、
いきなり「推薦して下さい」とお願いしても無理があります。

 

ですので、これはある程度実績を上げた上で、さらに実力者も認めるコンテンツが作れるようになったら、この方法も使えるようになると思います。

 

NOT ACT(行動しない)

NOT READ、NOT BILIEVEの壁を乗り越えた後は、最後のNOT ACT。行動しないという壁です。
行動しないということは、つまり商品を買ってくれないという事。

 

この壁に到達するまでに、読まない、信じないという大きな壁は乗り越えてくれています。
ですので、後は実際に行動してもらるよう物理的に後押しするだけで大丈夫です。

 

要は、行動~買うために物理的に面倒な事は極力省くこと。
行動しやすくしてあげれば、成約率も大きく上がります。

 

例えば


  • 決済方法を簡単で購入しやすくする
  • 購入しやすい価格で販売する
  • 限定性、希少度をアピールする
  • 商品の品質を保証する

決済方法は、なるべく簡単で
クレジット決済やコンビニ決済などが使える決済代行会社を使うと良いでしょう。

 

価格も、一気に儲けようと高額な商品を販売しない事です。

最初の段階では、1~2万円程度。
実績と知名度が上がり、さらに充実したコンテンツやノウハウが取得出来るようになったら
値段もそれに合わせて単価を上げていくと良いでしょう。


 

他、自分が紹介する商品の限定性や希少度を上手くアピール出来れば、成約率も上がってきます。

 

このような物理的な要素を踏まえても、やはりなかなか「行動しない!」という事は多々あります。
それは、つまり購入へ誘導するためのクロージングというコピーライティングが上手くいっていないということに原因があります。

 

クロージング。ちょっと聞き慣れない言葉かも知れませんが、言わば商談締結のことで、最後の購入までいかに進めることが出来るのか?それをコピーライティングで行わなくてはなりません。

 

せっかく、読んでくれて、信じてもらえる段階まで来ているのですから、クロージングで失敗しないよう、焦らず最後まで誠意を持って慎重にやれば必ずNOT ACTの壁は越えられます。

 

最後に

今回お話した3つのNOT。
これらは、全てコピーライティングの基礎であり、必ずクリアなければいけない壁です。

 

コピーライティングの基礎を身につけるには、書籍や商材などから書き方を学びインプットする事です。

 

私の場合、同じジャンルで稼いでいる”先輩”のメルマガを購読し技術を学びましたが
自分に合った学び方でやっていけば、きっと結果はでると思います。

 

また、インプットしたら必要なのはアウトプット。
つまり、実際に書いて書きまくることです。

 

そして、最初から文章を書くことに苦手意識は持たないことです。
文章がヘタでも構いません。(事実、私も決して上手いとは言えません。)
インプットし、アウトプットを繰り返せば、必ず相手に伝わる文章は書けるハズです。

とにかく、ネット・ビジネスをやるならコピーライティング技術を身につけることは避けられない
覚えておいて下さい。