高機能の画像編集ソフトと言えば、Adobeのイラストレーター(Illustrator)やフォトショップ(Photoshop)などが思い浮かびます。

これらのソフトは有料で結構なお値段がします。
この高機能の画像編集ソフトを使って趣味やビジネスに活かしたいと思ってはみても
有料となると、ちょっと二の足を踏んでしまいがち。
そこで、何とか無料で入手する方法はないか?と調べてみたところ。ありました。

これは、ネット検索で調べれば簡単に出てくるので、わざわざ私が記事として書く必要もないのですが
私のコンサル生のため、あえてこちらでもその方法を解説したいと思います。

画像編集ソフト
 

 

 

 

 

 

 

有料ソフトが無料でダウンロード出来る理由と注意事項

まずは、「有料のハズの無料で入手出来るなんて違法じゃないの?」
と不安に思っている人もいるかも知れませんでの、何故無料なのか?を簡単にご説明すると。

Adobeが販売しているCreative Suiteソフトウェア・パッケージは2003年に初版が発売されて以来人気を呼び、次々とバージョンアップされて、2013年に最新版のCS6までが現時点では発売されています。

 

つまりこのパッケージはバージョン6まで発売されているワケで
今回、無料でダウンロード出来るCS2はかなり古いバージョンということになります。

 

そのためCS2は、現在サポートもされていないため事実上無料で入手出来るというワケです。

 

このパッケージが無料で公開された理由は、「CS2用のアクティベーションサーバを停止」しているからということなのですが、そもそもこのCS2の無料公開は、既にCS2を購入しているユーザーに向けてのものだそうで、ネット上で「誰でも無料で入手出来る」と広まったこともあって、CS2の正規ライセンスを持たないユーザーに対してはライセンス違反になる可能性があると言われています。

 

その事を踏まえた上で、自己責任で使うことになるのですが
営利目的などではなく、個人で使う分の倫理的な部分なら黙認というのが現状のようです。

 

最新版のOSでも使えるのか?

気にらるところは、古いソフトが最新版のOSで動作するのか?
についてですが、調べたところWindows8.1でも使えるとのこと。

 

ただ、Windows8.1では動作確認済みですが、
Macについては最新版が使えるかどうかはわかりません。

 

使用可能なパッケージ・ソフト

今回、ダウンロード出来る画像編集ソフトを紹介するのは
AdobeのIllustrator CS2とPhotoshop CS2です。
しかし、これらはパッケージとして販売されているため、他にも利用出来るソフトがあります。


  • Creative Suite 2
  • Acrobat 3D 1.0 for Windows
  • Acrobat Standard 7.0
  • Acrobat Pro 7.0
  • After Effects
  • Audition 3.0
  • GoLive CS2
  • Illustrator CS2
  • InCopy CS2
  • InDesign CS2
  • Photoshop CS2
  • Adobe Premiere Pro 2.0

以上、つまりCS2で販売されたソフトは全てダウンロード出来るということです。

 

ダウンロード方法

では、CS2パッケージのダウンロード方法についてですが
ダウンロードページへは、コチラをクリックして下さい。

 

ダウンロードページを開けば、ログイン画面が表示されますので、
Adobe IDを持っていなければ「Adobe IDを取得」をクリックします。


 

Adobe IDを取得にあたり、必要事項を入力の上、
”利用条件およびプライバシーポリシーを読み、その内容に同意します。”にチェックを入れ
「Adobe IDを取得」します。


 

次に、以下の確認事項を読み「同意」にチェックを入れます。


 

ここで、ダウンロードリンクのページに移動しますので、下図のように「日本語」を選択し、必要なソフトをクリックして、記載してあるシリアル番号を入力すればダウンロード出来ます。


 

インストールしたソフトを最新版Windowsで使用する場合の初期設定

Windows7やWindows8でCS2のソフトを使う場合、
起動した際に登録画面が表示されてしまいますので、これを表示しないようにするには
以下の設定を行って下さい。

設定方法は、該当のCS2ソフトのアイコンを右クリックして、下図が表示されますので
「管理者として実行(A)」をクリックし「登録しない」を選択すれば、登録画面は表示されなくなります。


 

自己責任で使用することを忘れずに!

以上で、AdobeのCS2版イラストレーターやフォトショップの入手方法を解説しましたが
先ほどもお話しましたように、これらは一切サポートしていないソフトですので
自己管理、自己責任をしっかり認識してから使用するようにして下さい。

 

イラストレーターやフォトショップはネットビジネスでの活用にも大きな期待が出来るソフトです。
CS2は少々古いソフトではありますが、基本的な操作については最新版とあまり変わりませんので問題なく使えます。

 

何度も言いますが、くれぐれも倫理的な観点をしっかり持って使うことをお願いします。