ネットビジネスにおいての集客方法として、バナーやボタンの作り方や設置が意外と重要なポイントになっています。

これって結構見過ごしがちであまり考えないでやっている人も多いですが、
ここで改めてバナー、ボタンの作り方について見直してみたいと思します。

ボタンの作り方
 

 

 

 

 

 

サイトでリンクを貼る場合、テキストリンクが最も手っ取り早いですが
やはり、しっかりとリンク先に誘導したい場合は、ボタンを設置した方がクリック率は上がります。

 

ですが、そのボタンなども適当に設置していたのでは意味がないと言っても過言ではありません。
ここでは、「思わず押したくなるようなボタンの作り方」についてレクチャーしたいと思います。

 

ボタンに見える画像を作成する

ボタン画像を作成する場合、平面的なモノより立体感を出し
よりボタンらしく見えるように画像を加工する必要があります。

具体的には


 

ボタンを作成するときのポイントはより立体感を出すことが重要です。

つまりは「これはボタンだよ!」と主張するように、目立つ色合いでグラデーションを強調し、
さらに影をつけると立体感がでます。

 

外枠もボタンの一部にする

リンクを貼る場合、何もボタン画像部分のみをボタンとする必要はありません。
よりクリック率を高めるためには外枠部分もボタンとして利用するようにしましょう。


 

上図のように、ボタンの外側もクリックするとリンク先に飛ばせるようにすることでクリック率も上がります。

 

ボタンの文字もよりわかりやすく配置する

ボタンに書く文字は、ボタンの色に対し際立つ文字色にすることは基本です。
また、文字の大きさも出来る限り大きくし、バランスよく中央に配置するようにします。


 

ボタンを押す目的を明確にする

サイト訪問者に何のためにボタンを押してもらうのか?
それを明確にしなくてはなりません。

例えば、メールマガジンに登録を促すボタンを設置する場合、


 

上図のように、必要項目を入力して「確定」してもらうのは良いのですが
場合によっては何を「確定」するのか?不安になってしまい、「確定」ボタンをためらってしまう可能性もあります。

 

このような場合はより目的を明確にしてもらうため、
ハッキリとわかりやすいボタンの配置をする必要があります。


 

実際に私も上図のようにボタンを変更したことで、メルマガの登録率がかなり上がりましたので効果があったと言えます。

 

もしあなたがクリック率が伸び悩んでいるのであれば、
今一度ボタンの作り方、配置などを見直してはいかがでしょうか?
簡単なことですので、是非試してみて下さい。