こんにちは!なおなりです。

最近私のもとにも、読者さんから「YouTubeで稼ぎたい!」と言って来られる方がいらっしゃいます。
その理由を聞いてみると「簡単に稼げるって聞くから」だそうです。

確かに今、YouTubeを使って稼いでいる「ユーチューバー」は多いですが
果たしてそれは本当に稼ぎやすいのでしょうか?

ユーチューバー
 

 

 

 

 

 

 

そもそも動画サイトYouTubeを使って稼ぐというのは、その稼ぐ方法をYouTubeアフィリエイトと言って、自分が投稿した動画中に表示される広告を視聴者がクリックすることで発生する、”クリック課金型”広告サービスのことで、いわゆる広告収入を得る手法がこのビジネスになります。

 

YouTube動画で稼げる金額とは

ユーチューバーには、子供からお年寄りまで幅広くいて、良いお小遣い稼ぎをしている人もいます。

 

つまり、誰でもユーチューバーになれる可能性があるワケで・・・
とは言っても子供のユーチューバーの場合、親御さんが子供を主役にして動画投稿しているケースがほとんどで、この場合、実際は大人がユーチューバーとういうことになりますので、子供からお年寄りまでとういうのは、ちょっと表現が違うかも知れません。
参考動画⇒【幼児界のカリスマ・ユーチューバー「がっちゃん」】

 

ともあれ、幼児まで?やっているYouTubeアフィリエイト。
いったいどれくらい稼げるのでしょうか?

 

YouTubeアフィリエイトでの報酬単価は相場で言うと
再生回数1回につき0.1円程度です。

 

これを、もう少しわかりやすく金額表現してみると、

  • 再生回数千回で100円程度の報酬額
  • 再生回数1万回で1.000円程度の報酬額
  • 再生回数10万回で10.000円程度の報酬額
  • 再生回数100万回で100.000円程度の報酬額

となるワケです。

 

正直なところ、普通に動画を投稿しても再生回数が千回というのも難しいのが現状です。
ですのでお小遣い稼ぎのレベルまで再生回数を伸ばすとなると、最低でも10万回は欲しいところ。

 

先ほど”誰でもユーチューバーになれる”とは言いましたが、現実的に考えるとユーチューバーで稼ぐという事は、かなり難易度が高いと思われます。

 

ちなみに参考までに下↓↓は、ある有名なユーチューバーの方が投稿した動画ですが、


6カ月前に投稿して、再生回数が140万回ちょっと。
つまり、半年かけて14万円しか稼げていないワケです。

 

しかし、1つの動画だけでみるとYouTubeアフィリエイトで稼ぐということは、かなり厳しいようにも見えますが、ユーチューバーを仕事として生計を立てている人もいますので、そこにはYouTubeで稼ぐためのノウハウ・テクニックが存在することも事実です。

 

では、YouTubeで稼ぐテクニックとはどんなモノか?少し調べてみました。

 

動画を量産する

ユーチューバーの多くは自分のチャンネルを持っています。
つまり、1つ投稿しただけの動画では稼ぐのは難しいため、動画をまとめるチャンネルを作って”数で勝負”することです。

 

例えば、1万回再生回数の動画を100個、チャンネルとして持っていれば、少なくとも10万円は稼げることになり、その動画が良質のモノであれば継続して稼げることにもなります。

 

実際、ユーチューバーとして活動している人の中には、ほぼ毎日動画を投稿し続けている人もいます。
とにかく、動画を量産し”数で勝負”するということは、ユーチューバーで稼ぐための基本です。

 

テーマを持った専門の動画作りを心掛ける

多くのユーチューバーたちは、特定の分野に特化した動画を製作しています。

 

それは、ゲーム紹介、攻略の動画だったり、ファッションやメイク術、料理、釣りやスポーツなどジャンルは様々です。
そのようなターゲットを絞った分野で動画を公開して行けば、固定のファンも掴みやすくなり
ファンが動画を観てくれることにより、安定した収入を確保しやすくなります。

 

これらをチャンネル登録すれば、自分の番組を持つことにもなりますので、
人気が出れば、需要も安定することになります。
参考動画⇒【Cooking with Dog】

 

完全オリジナル動画を製作する

これはユーチューバーとして基本中の基本でありますが、
投稿する動画は、完全なオリジナル動画でなくてはなりません。

 

しかし、オリジナルとなるとかなり制限が出来てしまい
勝手に商品を公開出来なかったり、BGM音楽も著作権の問題で使うことが出来なかったりします。

 

そんな制限の中で、視聴してもらえるオリジナル動画を作成するには、
編集する技術を磨いて、動画中にコメントを入れたりしてわかりやすく、かつ面白い”番組づくり”をしていかなくてはなりません。

 

また、素人が面白い番組づくりをして行くのであれば、やはり、どんな時でも動画撮影を出来る状況をつくる心構えをしておけば、いざという時に、ハプニング映像などが撮影出来れば思わぬ注目が集まったりします。

 

アフィリエイトも絡める

有名なユーチューバーともなると、メーカー企業とタイアップして
商品の紹介動画を作成することで、広告費を貰える場合もあります。
参考動画⇒【飲んでふくらむ!?コバラサポート飲んでみた!】

 

もちろん、企業とタイアップというのは稀なケースで、相当有名なユーチューバーでないとその権利を得ることなんて出来ません。

 

ですので、一般のユーチューバーなら、商品を動画で紹介し、そこからアフィエイリトに絡めるという手法を使うことで動画再生による広告収入だけでなく、実際に商品を紹介し販売へ促したことによる成功報酬も貰えることにも繋がります。

 

この場合、直接商品を紹介するのではなく、いったん自分のサイトへ誘導してから
商品を具体的に紹介した方が、成約率は高まります。

 

絶対にやってはいけない行為

YouTube動画を閲覧していると、テレビ番組やライブ、ミュージックビデオなど
著作権を無視して、勝手に公開している人たちがたくさんいます。

 

彼らの大半は法に触れることを知っていて、言わば確信犯的にゲリラ動画投稿しています。

 

その理由は、録画したテレビ番組などを投稿すれば、短期間で一気に再生回数を稼げるからです。

 

それに、録画した番組をただ投稿するだけですから、労力もあまりかかりませんので楽ですからね。

 

だからと言って、このような行為は絶対にダメですし、そもそも犯罪行為です。

 

このような動画は一時的に稼げても、すぐに削除されてしまいますので継続的に稼げるモノでもありません。

 

YouTubeアフィリエイトでしっかり稼いでいるユーチューバーは、オリジナル動画で勝負していますので、制作した動画は資産として、YouTubeに公開され続けますから、結果として長く稼げるのです。

 

最後に

YouTubeアフィリエイトは、気軽に出来るビジネスということもあり、
若い人を中心に年々増加しています。

 

そのため、すでに飽和状態とも言われており、稼ぐのは難しくなってきているようです。

 

そんな飽和状態の中では、小手先だけの質の悪い動画を投稿したところで
視聴してくれる人も少ないでしょう。

 

基本的にYouTubeで稼ぐには、より多くの動画を投稿することですが、
量産動画の中にも、面白くするために工夫をする努力は必要不可欠なようです。