サイト・ブログを運営していても訪れてくれる人、つまりアクセスが集まらないと何の意味もありません。
ましてやアフィエイリト等のネットビジネスに活用しているならなおの事です。

”アクセスを集める”。その基本は検索エンジンに評価してもらい上位表示させることなのですが、
アクセスを集められない運営者は、評価してもらうための適切な対策(SEO)が取れていません。

ここでは、どうすればSEO強化に繋がるサイト・ブログ運営が出来るのか?についてお話します。

ブログアクセス
 

 

 

 

 

 

ブログ等に記事を書く場合、アクセスを集めたいなら、
思うがままに自分の好きなことを書けば良い。とうワケではありません。

 

「でも、芸能人のブログは好きな事を書いているじゃない!?」と言われるかも知れません。
それは世間一般に名前が知れている有名人だからこそ出来ることなのです。

 

つまり、有名人の名前だけでアクセス集められる。
であり、名前そのものがSEO効果抜群なのです。
参考サイト⇒【Amebaブログ芸能人・有名人ブログランキング】

 

ですが、名前の知られていない一般人はそんな事は出来るハズもないのは当然の事であり、
アクセスを集めるには、SEO効果を考えた記事タイトルや記事の書き方が重要になってきます。

 

ですが、SEOを気にし過ぎてキーワードを詰め込み過ぎたいびつなタイトルになってしまったり、記事の内容がチグハグで、意味のわからないモノになってしまったりと、なかなか上手くアクセス対策が出来ない人も少なくありません。

 

アクセスを集めたいという努力する気持ちはわかりますが、その労力がかみ合わなければ非常にもったいないことです。

 

そんな労力が報われるようにするため、アクセスの集められる記事の書き方は大切です。
しっかりと、スキルをつけて確実なSEO効果を狙って行きましょう。

 

アクセスを集めるための文章づくりとは

良く上手く記事が書けないと悩んでしる人がいます。
そんな人たちの多くはアクセスを集めやすい面白い文章が書けないということに悩んでいます。

しかし、必ずしも面白い文章がアクセスを集められるとは限りません。

 

要は記事を読んでくれる人の立場になって文章を書くということが大事で
誰がどんな事を知りたいのか?意識して記事を書く必要があります。

 

知りたい事は何なのか?それを検索エンジンに認識して貰えれば、
それを読む人が検索してくれ、自然とアクセスを集められるようになるのです。

 

つまり、無理に面白い記事を書こう!と意識せずに書きたい事、伝えたい事を素直に文章すれば、
必ず共感を持ってくれる人が集まってくるのです。

 

記事タイトルに書きたい事の概要を盛り込む

書きたい事をまず伝えるのは記事のタイトルです。

 

その場合、書きたいキーワードを3つほど挙げ、30文字程度でタイトル文を作ります。

 

タイトル文については検索エンジンがまず始めに認識する部分であり、
さらにタイトルの先頭部分からのキーワードが重要度が高いとみなされますので、
自分が一番伝えたい事のキーワードは、なるべくタイトル文の先頭に持ってくるようにして下さい。

 

例えば、この記事のタイトルで最も伝えたいことは「ブログアクセス」というキーワードであり、
それを先頭に持って来ています。

 

つまりこの記事はブログのアクセスについて知りたい人を集めたいと考え、
記事タイトルのメインキーワードにしているのです。

 

見出しタグを活用する

この記事にも使っていますが、見出しつまり段落を設けることは重要です。

 

見出しタグとはHTMLのH1タグやH2タグの事を言い、このタグはひとつの記事に必ず使うようにして下さい。
参考記事⇒【最低限知っておくべき基本的なHTMLタグの種類と使い方】

 

見出しもサブタイトルとして認識され、文章を読みやすくする効果があるのはもちろん。
SEO効果も期待できるモノです。

 

そして出来れば、自然なカタチで書きたい事~キーワードを見出しの中に盛り込むことも重要です。

 

また、見出しタグの使い方もH1タグの下階層にH2、H3、H4、H5といったように階層を下げて行くと、より見やすくなり、検索エンジンにも見やすい文章の構成となりSEOに効果的です。

 

伝えたいキーワードは文章内で強調する

書きたい事、伝えたい事のキーワードはなるべく多く文章内に使うと良いでしょう。

 

但し、それは自然なカタチで使うということで、あまり不自然に使うとスパム扱いになってしまい逆効果です。

 

また、強調したいキーワードにはstrongタグを使うのも良いでしょう。
ですが、strongタグも多用するのは良くありません。

 

1記事内に使うのは1~3程度で、これも多用しすぎるのは良くありません。

 

重要なキーワードは段落毎に配置する

タイトルでも使用した最も伝えたいキーワードは各段落毎に配置すると良いでしょう。

 

つまり、記事の冒頭や見出し毎、記事の最後などに適切に配置します。
このように配置する事で、検索エンジンに”何について書いている記事なのか?”をアピールする事が出来ます。

 

まとめ

今回の記事は、非常に伝えにくく理解する事が難しいかも知れません。

 

ですので、要約すると


  • 記事タイトルは伝えたい事を3つのキーワードに絞り重要な順に配置する
  • 見出し・段落を適切に使い分ける
  • 最も伝えたいキーワード自然なカタチでより多く、文章中に登場させる

このような文章の構成をすることは、あくまでも検索エンジンに記事の目的を知らせるためであって、検索エンジンが適切に認識してくれれば、検索上位に記事が表示されるようになり、伝えたい人により確実に、情報を発信しやすくなります。

 

それが出来れば、書いた記事は読む人によって需要のあるモノになり
結果アクセス増ににもつながることになります。