ネットビジネス実践においてはWeb上に媒体を作成するのが基本です。

その媒体とはサイト・ブログのことで、この媒体にお客様集めないと稼ぐことは出来ません。
それが集客であり、集客に絶対条件として必要になってくるのがSEO対策です。

ここではそんなSEO対策で役立つサイト管理ツールをご紹介して行きます。

SEOツール
 

 

 

 

 

 

ネットビジネスでSEOをどう攻略するかが成功へのカギといっても過言ではありません。

 

SEO攻略はかなり難易度が高く、
多くのネットビジネス実践者が攻略出来ずに撤退して行ってしまいます。

 

そんな難しいSEO対策において、手助けしてくれるのが各種SEOツール。
これらを上手く活用することで、SEO攻略への道も開けてくることは確かです。

 

Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)

Google Search Consoleは以前はGoogleウェブマスターツールと呼ばれていて
2015年にこの名称へと変更されました。。


 

Google Search Consoleはサイト運営には必須とも言えるツールで、
サイトの運営状態をリアルタイムで知ることが出来る重要なモノ。
これが無いと自分のサイトがGoogleにどんな評価を受けているかわかりません。

 

Google Search Consoleを導入しないままでサイト運営を続けていたら、
Googleに自分のサイトが警告やペナルティを受けても気付くことが出来ません。

ですので、サイトを立ち上げたら必ず登録するようにしましょう。
参考記事:【Googleウェブマスターツールの登録方法】

 

Google Analytics(グーグル・アナリティクス)

Googleアナリティクスもサイト運営及びSEO対策に重要なツールです。


 

Googleアナリティクスは無料で使えるサイトのアクセス解析ツールです。

アナリティクスは、非常に細かく解析が出来てとても便利なツールで、
日々このアナリティクスでのアクセス解析結果を参考にしながらSEO対策を施せるモノです。
参考記事:【GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)の使い方】

 

SEOチェキ

SEOチェキも無料で使える便利ツールです。


 

このツールは、調べたいサイトURLを入力するだけで、
SEOに必要なサイトのページランク、インデックス数や被リンク数、キーワード等を知ることが出来、サイトがどのように設定していて運用されているかを確認出来て、他者のサイトの運営状況も知ることが出来て非常に参考になります。
参考記事:【SEOツール「SEOチェキ」の使い方と見方】

 

SEOツール

SEOチェキよりも詳細なSEOデータを確認できるツール。


 

詳細なデータとは、ドメイン年齢やリンク切れのコンテンツの情報も、
このSEOツールで調べることが出来ます。

 

使い方としては、SEOチェキSEOツールを併用して使うと良いでしょう。
サイトへ:【SEOツール】

 

Open Site Explorer(オープン・サイト・エクスプロラー)

open site explorerは被リンクをチェック出来る無料ツール。


 

残念ながら現在では正確な被リンク数を調べることは出来なくなってしまいましたが、このツールを使えば、ある程度絞り込んだ被リンク数を知ることができますので参考ツールとして使うと良いでしょう。
サイトへ:【open site explorer】

 

競合サイト被リンクチェックツール

このツールは被リンク及び、特定のキーワードで上位10位の被リンク数、ページランクなどを調べることができるモノです。


 

これにより、競合するサイトがどれだけ被リンクを持っているかで、
今後上位表示させるための対策の参考にすることが出来ます。
サイトへ:【競合サイト被リンクチェックツール】

 

Internet Archive(インターネット・アーカイブ)

Internet Archiveは中古ドメインを購入するときに使うと役立つツールです。


 

中古ドメインは当たりハズレが大きく、購入の際には十分注意をしないといけません。
そんなとき、このツールを使えば中古ドメインを購入すべきかどうかを判断する材料となります。
サイトへ:【Internet Archive】

 

Panguin(パンギン)

Panguinはサイトのペナルティを判断するツール。


 

ペナルティとは、パンダアップデートとペンギンアップデートのことで、
この2つのペナルティを受けてしまったサイトの情報を知ることが出来ます。
サイトへ:【Panguin】

 

コピペチェックツール「影武者」

記事のコピー&ペーストをチェック出来るツール。


 

ペナルティ防止対策として使用するのに便利なツール。
自分のサイト・コンテンツが他者のコンテンツのコピー、またはリライトになっていないかを確認するためのもの。
 

コピーコンテンツを作ってしまうとパンダアップデートのペナルティを受けてしまいます。
それを避けるためにも、このツールは役立ちます。
 

例えば、外注などに記事を書いてもらった時などに、このツールを使えば
不正行為を一発で見抜くことが出来ます。
サイトへ:【コピペチェックツール「影武者」】

 

まとめ

以上9つのサイト管理SEOツールをご紹介しました。

 

この紹介した中で、必ず導入してほしいのが
「Google Search Console」と
「Google Analytics」です。

 

特にアクセス解析のGoogle Analyticsは、日々の集客状況をリアルタイムで確認出来ますので、
どのようにSEO対策を取って行けば良いのか指針を決める手助けになります。

 

その他のツールは状況に応じて利用すると良いですが、
自分のサイトを良質なコンテツに育てていくためには、なるべく頻繁に利用し
自分なりの活用方法を見つけると良いでしょう。