インターネットでサイト、ブログを運営していると必ず必要となってくるのがドメイン。
ドメインとは、言わばWeb上の住所のような役割がありますが、参照記事⇒【ドメインとは?】
それに関連して良く耳にするサブドメイン
これについては、特に初心者の方などは良くわかっていない人も少ないと思います。

今回は、そんなサブドメインの意味や使い方と、ネットビジネス実践者が良く利用するレンタルサーバー「エックスサーバー」でのサブドメイン取得方法について解説して行きます。

サブドメインの意味
 

 

 

 

 

 

サブドメインの概要とメリット

ドメインとはhttp://mantanlife.comと言ったような形式を指し、
これがWeb上でそのサイトのある場所を表して独自ドメインといます。

 

この独自ドメインを細分化するために作成するのがサブドメインといい、
独自ドメインが1つあれば、これにサブドメインを複数個作ることが出来ます。

 

(例)
http://sub1.mantanlife.com/
http://sub2.mantanlife.com/
http://sub3.mantanlife.com/

 

通常、新たにサイトやブログを作成する場合は、独自ドメインを有料で追加取得しないといけませんので費用もかかりますが、サブドメインの場合は、独自ドメインを細分化したモノなので新しいドメインを取得する必要がありません。

 

よってサブドメインを使うことで余計な費用が発生する必要がないことが最大のメリットです。

 

サブドメインのデメリット

サブドメインは、利用するレンタルサーバーによって取得出来る場合と出来ない場合があります。
(※ 今回ご紹介するエックスサーバーではサブドメインは取得出来ます。)

 

つまり、サブドメインはサーバーによって管理されるモノであり、
もし、サブドメインで作成したサイトを、他のサーバーに移行したいという場合にそれが出来ない事になります。

 

また、サブドメインはあくまでも独自ドメインが細分化されたもの。
これにより、”本体”である独自ドメインが利用出来なくなれば、サブドメインも同時に使えなくなります。

 

サブドメインとサブディレクトリの違い

良く勘違いされるのが、サブドメインをサブディレクトリと思われることです。

 

サブディレクトリの場合、独自ドメインに対し以下のような使い方をします。

 

(例)
http://mantanlife.com/sub1/
http://mantanlife.com/sub2/
http://mantanlife.com/sub3/

 

単純な意味合いで言うと”sub1″(任意)の部分が前にあるか、後にあるかの違いなのですが、
使い分けについて、
サブドメインが”本体”の独自ドメインとは、サイトテーマや属性が異なり独立しているのに対し、
サブディレクトリの場合は、”本体”の配下に位置する関連コンテンツとして利用します。

 

つまり、サブドメインは独自ドメインとは、
カテゴリが異なるサイトを作る場合に使用するのが一般的となります。

 

エックスサーバーでサブドメインを取得する方法

多くのネットビジネス実践者が愛用しているエックスサーバーは、
サブドメインが取得出来るということでもとても便利です。

 

そんなエックスサーバーでのサブドメインの取得方法ですが、
まずは、エックスサーバーをログインし、サーバーパネルを開きます。
サイトへ⇒【エックスサーバー】

 

サーバーパネルを開いたら「サブドメイン設定」をクリックします。


 

ここでサブドメインを設置する独自ドメインを選択します。


 

サブドメイン設定画面を開いたら「サブドメインの追加設定」を選び、下図を参考に、取得したいサブドメイン名(任意)を入力し「サブドメインの追加(確認)」をクリックすれば取得完了です。


 

但し、サブドメイン追加の追加設定を行ったからといって、スグにサブドメインが反映されるワケではありません。
新規に取得したサブドメインが使用出来るようになりまでは、数時間~2日ほどかかります。
 

WordPressを取得したサブドメインにインストールする方法

サブドメインが使えるようになったら、再びエックスサーバーのサーバーパネルを開き、
下図を参考に「自動インストール」をクリックします。


 

ここでサブドメインを設置した独自ドメイン名を選び「プログラムのインストール」を選択し、
「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。


 

最後に「インストールURL」欄に取得したサブドメイン名を入力し「インストール(確認)」をクリックすれば、サブドメインにWorsPressがインストールされ完了です。