ブログアフィリエイトを実践する際、作成したブログを検索で上位表示させないことには稼ぐことは出来ません。

そんな場合、基本中の基本で最も重要なのがキーワードの選定です。

キーワード選定が適正に出来るかどうかで、そのブログの価値は大きく変わって来ます。

つまり、キーワード選定が上手く出来ないとアフィリエイトで稼げず失敗するという事になるのです。今回はそんな重要な「キーワード選定」について基本的なことから解説して行きたいと思います。

初心者のブログアフィリエイト基礎
 

 

 

 

 

 

 

ブログを構築する際、アクセス(集客)を集めるに当たり、最も重要なのがキーワード選定です。
これの選定を間違えたり、キーワードの組み込み方がおかしかったりすると、検索上位に表示されず、SEO対策を失敗しアフィリエイトそのものにも挫折しまう結果になってしまい兼ねません。

 

ですので、ここはとても重要ですのでアフィリエイト実践前にしっかり抑えて勉強し、取り組むようにしましょう。

 

基本的なキーワード選定の方法

まずは、キーワードをどうやって選んでいくか?についてですが、
これまでこのブログで何度かご説明していますので、コチラを参照いただければと思います。

ここで基本的なキーワード選定として重視してもらいたいのは、虫眼鏡キーワードと呼ばれるモノ。
この虫眼鏡キーワードを効果的に活用する方法を、トレンドキーワードを例にして具体的に解説して行きます。


 

旬なキーワード「トレンドキーワード」で虫眼鏡を活用する具体例

例えば最新の急上昇キーワードから検索してみることにします。

ここで急上昇しているキーワードを記事を書くためのメインキーワードとして選定するため、
急上昇キーワード上位10項目の中から、自分が記事として書けそうなワードを選びます。


 

ここで選んだ「釈由美子」というワードがどれくらい需要があるのかGoogleキーワードプランナーを使って調べます。

調べてみると月間平均検索ボリュームが135,000件とかなり高い検索数を出していますので、
このワードは非常に需要のあるキーワードと言えます。(基本的に有名人の名前は検索ボリュームが大きい。)


 

需要のあるキーワードならアクセスを爆発的に集められる可能性が高いので、
このワードをメインに使って記事を書く事にしてみます。

 

そしてここから使うのが虫眼鏡キーワードで具体的記事を書く内容を決め、
同時にライバルのチェックも行います。

 

以下のように検索をしてみると、複合キーワードを絡めた良く検索されるキーワードが”虫眼鏡”として表示されます。


 

どのキーワードを選ぶかは、自分が記事を書けそうな複合キーワードを選ぶのが最初のポイントになるのですが、それ以上に重要なポイントとなるのが、検索上位(1ページ内)に表示される可能性があるのか?調べることが大切になって来ます。

 

その調べ方は比較的簡単で、虫眼鏡キーワードをいくつか選んでみて
検索上位に個人が書いたブログが表示されていれば、自分がそのキーワードを使って記事を書いたとしても上位に表示される可能性があります。

 

ちなみに参考までに「釈由美子 顔」という虫眼鏡キーワードを選んでみると、検索上位は全て個人が書いたと思われるブログが占めていますので、このキーワードで記事を書くと上位表示される可能性が出て来ます。



 

後は、これらライバルに勝つために検索エンジンに評価される良質な記事を書くだけです。


ライバルに勝つための記事の書き方の基本ポイント

初心者に「ライバルに勝つ記事を書け!」と言ってもどうやれば良いかわからないと思います。

基本的には、決めたキーワードに沿ったオリジナルな記事を書くことが前提なのですが、
以下のポイントを盛り込んだ記事を書くことを心掛ければ”ライバルに勝てる”可能性が高くなります。


  • タイトルに入れるキーワードは3つまで
  • タイトルの文字数は32文字以内
  • ディスクリプションタグもキーワードを意識する
  • 記事本文の文字数が最低でも1000文字以上
 

タイトルに入れるキーワードは3つまで

タイトルに入れるキーワード数は虫眼鏡キーワードに加え、3つまでにします。

 

何とか検索に引っ掛けようとキーワードを盛り込み過ぎと逆効果で、そもそも文章として成り立たなくなり意味不明なタイトルとなってしまいます。

 

タイトルの文字数は32文字以内

タイトル文の長さは長過ぎても短すぎても行けません。
文章として成立する文字数32文字以内が検索エンジンに認識してもらいやすく理想的です。

 

ディスクリプションタグもキーワードを意識する

タイトル文にキーワードを入れたから大丈夫と思って、意外と見過ごしがちなのがディスクリプションタグです。

ディスクリプションタグとは記事の冒頭文のことで、
検索エンジンがサイトを巡回する際、コンテンツの全てを見るワケでなく
冒頭部分を巡回して、記事タイトルと本文の整合性が取れているか判断します。

 

つまり、ディスクリプションタグにしっかり上位表示させたいキーワードを盛り込んでおくことで、
検索エンジンがどんな記事なのかの判断する材料になるのです。

 

(参考)


 

なお、ディスクリプションタグは記事の冒頭部分120~160文字以内とされています。

 

記事本文の文字数が最低でも1000文字以上

初心者のうちは、慣れない記事書きで文章の文字数を稼ぐのはなかなか困難なのかも知れません。
そのため、以前は最低でも500文字以上は書こう。
と指導していた時期もありましたが、やはり500文字では文章として短すぎて検索エンジンにも良質なコンテンツとして評価を得ることが難しいようです。

 

基本は文章が長ければ長いほど良いのですが、
長過ぎても逆に読みづらく、読者にも敬遠されてしまい兼ねません。

 

なので、今は最低1000文字以上で理想は1500~2000文字くらいが良いかと思います。

 

(参考)トレンドアフィリエイト限定~他にも参考になるキーワード選定サイト

トレンド系のブログを運営している方に、キーワード選定の参考としていただきたいのですが、以下でご紹介する人気ランキングのサイトはおすすめです。

 

ネットで検索されやすい様々なジャンルのキーワードが掲載されていますので、
これからメインとなるキーワードを見つけてきて虫眼鏡と絡めれば
記事が書きやすくなるのではないでしょうか。


 

サイトへ⇒【CHANNELCINEMA.COM】

 

最後に

キーワード選定はアクセスアップのためのSEOの基本ともいうべきものです。

 

適正なキーワード選定を意識し、様々なツールを利用し、アクセスアップの確実性を高めていく。
その方法を身につけさえすれば、記事を書くだけでアクセスは爆発的にアップします。

 

その際、心掛け無くてはならないのは他人の記事を真似したりコピペなどは絶対にしない事。
必ず自分オリジナルの記事を書いて下さい。

 

「オリジナルの記事を書けない!」という方もいるかも知れませんが、
常に読者に価値ある情報を届けたいという前向きな意識さえあれば、
最初は大変かも知れませんが、自然とスキルが身につき自然と書けるようになります。

 

それは、私が以前他人のコピーばかりやっていてオリジナルが苦手だっただけに、
意識を変えたことでオリジナル記事が書けるようになったことを証明しています。