WordPressでブログ記事を書いているときに「あれ?おかしいな。」って思う事はありませんか?
それは、ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えたときに起きる現象。

改行を入れたハズなのに、切り替えた途端に何故か改行タグが消えているって事。
その原因はWordPressのある機能によるもので、異常なことではないのですが、
やはり勝手に改行タグが消えてしまうと不便です。

そんな不便を解決してくれる便利なプラグインがありますので、今回ご紹介したいと思います。

PSDisableAutoFormatting
 

 

 

 

 

WordPressの自動整形機能とは?

WordPressの記事編集エディタには文字入力専用のビジュアルエディタと
文字とHTMLタグと併用して入力出来るテキストエディタの2種類があります。

記事を編集する際、この2つのエディタを使い分けながら編集するのですが、
エディタを切り替える際、テキストエディタで入力したハズの、改行タグ(<br>)がいつの間にか消えてしまっていたり、入力した覚えのない段落タグ(<p>)が勝手に追加されている場合が良くあります。

 

その原因は、WordPressの標準装備として備わっている「自動整形」という機能のせい。

 

自動整形機能は、自動的にHTMLタグを適正化してくれるもので、
この機能があることで、自分の思い通りにHTMLタグの設定が出来ないという問題が発生するワケで、このようなことから、自動整形機能は必要ないというブロガーは多くいます。

 

そこで、そんな声に応えるために?自動整形機能を停止してくれる便利なプラグインがあります。

 

それが「PS Disable Auto Formatting」というプラグインです。

 

ここでは、その「PS Disable Auto Formatting」のインストール方法と使い方について解説します。

 

PS Disable Auto Formattingのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

PS Disable Auto Formattingの設定方法

「PS Disable Auto Formatting」をインストールしプラグインを有効化しましたら、
WordPressの管理画面の「設定」に「自動整形」という項目がありますでので、これをクリックし設定を行います。


 

下図↓↓のように「記事内容の自動整形」の停止にチェックが入っていることを確認出来れば、
設定は完了です。


 

まとめ

「PS Disable Auto Formatting」の設定を行い実装することで実質ビジュアルエディタが使えなくなります。
そのため、自動整形機能が働かなくなりHTMLタグも自分の思い通りに使えるようになるワケです。

 

しかし、ビジュアルエディタも多用する初心者にはこのプラグインは不向きで、
HTMLを良く使う慣れた人には便利な機能なので、どちらのエディタを良く使うで「PS Disable Auto Formatting」を実装する意味も変わって来ます。

 

ただ、ビジュアルエディタを活用するよりも、HTMLタグを使えるテキストエディタの方が
応用が利いて圧倒的に有利で作業効率も上がります。

 

HTMLが苦手な人も、このプラグインを使うことでHTMLを覚えるきっかけにもなりますので、
自動整形機能を停止する目的だけでなく、自身の技術向上のためにもこのプラグインを使ってみると良いでしょう。