WordPressブログで記事を作成する場合、何度も修正を加える際に下書き保存をしていると思います。実はこの下書きって蓄積されて保存されているんですね。

そんな下書き記事があまりにも溜まってしまうと、サイト運用に支障をきたす可能性もあります。
そのため、この下書きを定期的に削除する必要があります。
でも、溜まってしまった下書き記事を1つずつ消していくのは面倒で時間もかかります。

そんな面倒で手間のかかる溜まった下書き記事を一括で削除出来る方法がありますので、ここでご紹介したいと思います。

BetterDeleteRevision
 

 

 

 

 

サイト・ブログで記事を書いていく際、何度か下書き保存をしているかと思います。
この下書きは常に累積されて溜まって行っていますが、これを意外と気にしない人が多い。

 

ちなみに、この下書き保存を「リビジョン」といいWordPressの機能として付いているモノです。


 

このリビジョン機能があると記事のバックアップとして役立つのですが、
累積されてしまうので、下書きを繰り返す度にどんどん溜まっていってしまいます。

 

そのため、下書きが溜まり過ぎてしまうとブログ自体の容量が増し、
結果レスポンス(表示速度)に影響が出てしまう可能性があります。

 

また、無駄に容量の大きいサイトは検索エンジンにも評価されにくく、
サイトの検索順位を落としかねない結果になってしまう場合もあります。

 

つまり、サイトの容量は結構重要な問題にも発展しかねないので、
サイトはなるべく容量を軽く抑えながら運用して行かなくてはなりません。

 

そこでリビジョン容量を解消するための方法が「Better Delete Revision」というプラグインを使う事。
ここでは、そのプラグインのインストール方法から使い方までを解説して行きます。

 

Better Delete Revisionのインストール方法

インストール方法は他のプラグインと同じですので
こちらを参照してインストールを行って下さい。
参照記事:【WordPressプラグインの基本的なインストール方法】

 

Better Delete Revisionの使い方

「Better Delete Revision」をインストールしプラグインを有効化しましたら、WordPressの管理画面の「設定」に「Better Delete Revision」という項目がありますでのでこれをクリックします。


 

「Better Delete Revision」の設定画面で「Check Revision Posts」をクリック。


 

「Check Revision Posts」をクリックすると、これまで蓄積されたリビジョンデータ(下書き記事)が表示されますので、これらの記事を全て削除して良ければ「Yes, I would like to delete them! A Total of ○○○」をクリックします。


 

リビジョンデータが多ければ全削除に時間がかかりますが、
完了すると以下の画面が表示されます。


 

ここで削除したリビジョンデータ↑↑は約1500件近くになりましたが、正直これは多過ぎます。

もし「Better Delete Revision」を利用される場合は、
リビジョンデータが100件前後蓄積されたらこの作業を行うと良いでしょう。

 

「Better Delete Revision」を使用するに当たって

「Better Delete Revision」プラグインはそう頻繁に使用するモノではありません。
ですので、「Better Delete Revision」を使った後はこのプラグインそのものを削除するようにしましょう。


 

理由は、プラグイン自体もサイト容量に負担をかける可能性があるため「Better Delete Revision」に限らず、普段使用しないプラグインは極力インストールしないようにした方がサイトに優しいからです。