以前、導入・設定方法を解説しましたGoogleウェブマスターツールがGoogle Search Consol(サーチコンソール)に名称変更になったことに伴い、設定とサイトマップ送信方法にも改訂が加えられましたので、ここで新たに解説をしたいと思います。
このGoogle Search ConsolはWebサイトの運営には必須となるツールですので、
必ず導入するようにしましょう。

サーチコンソール
 

 

 

 

 

 

 

Google Search Consolの概要

Google Search Consolは以前、GoogleウェブマスターツールとしてGoogleがWebサイト運営者に向けて無料でサービスを提供していたサイト管理ツールの1つ。
これが2015年5月にGoogle Search Consolとして生まれ変わりました。

 

といっても、機能は旧ウェブマスターツール変わらず、基本的には名称が変わったというだけなのですが、若干、設定方法などが変更となりましたので、その変更箇所を理解しておかなくてはなりません。

 

このGoogle Search Consolの機能はというと、基本的に自分の運営するWebサイトを管理するツールと言え、
これによりサイトの運営状況やGoogleからの評価、警告まで知ることが出来、
またアクセス解析にも役立ちますので、導入必須のツールと言えます。

では、今回導入、設定方法がどう変更になったのか解説して行きます。

 

Googleアカウントを取得する

Google Search Consolを導入するに当たって、まずはGoogleアカウントを取得する必要があります。
まだGoogleアカウントをお持ちでない方は、コチラを参照に取得して下さい。

 

Google Search Consolにサイトを追加する

Googleアカウントを取得したらGoogle Search Consolにアクセスします。
サイトはコチラ⇒【Google Search Consol】

サイトにアクセスしたら「Search Consolにログイン」をクリックして、
Googleアカウントでログインして下さい。


 

Google Search Consolのホーム画面を開いたら「プロパティを追加」をクリックします。


 

続いて登録するサイトのURLを入力して「続行」をクリックします。


 

以上でGoogle Search Consolにサイトを追加する作業は完了です。

続いて、サイトをGoogle Search Consolに登録する作業を行います。
この登録方法については2通りありますので、サイトの環境に応じた登録方法を選んで作業して下さい。

 

おすすめの方法でサイトを登録する

1つ目の登録方法は『おすすめの方法』です。
下図を参考に「HTML確認ファイル」をクリックしてHTML確認ファイルをダウンロードします。


 

HTML確認ファイルをダウンロードしたら、FFFTPを使用し自分のサイトにアップロードします。

 

なお、まだFFFTPを導入されていなければコチラを参照して下さい。
参考記事:【FFFTPの導入と設定方法、使い方】

 

アップロード方法については以下のようにFFFTPを起動し、
登録したい自分のサイトのhttp://○○.com/public_html/の階層に
ダウンロードしたHTML確認ファイルをドラッグ&ドロップして下さい。


 

FFFTPを使ってHTML確認ファイルをアップロードしたら、正常にアップロードされたかの確認を行います。
確認方法は下図のように赤枠部分をクリックしします。


 

最後に「確認」をクリックすれば、以下のような表示がされ確認完了で「続行」をクリックして登録完了です。


 

別の方法でサイトを登録する

2つ目はサイトに直接HTMLタグを埋め込む方法をご説明します。

下図のように『別の方法』を選択し「HTMLタグ」にチェックを入れるとmetaタグが表示されますので、
これを全てコピーします。


 

次にGoogle Search Consolを登録したいサイトのWordPress管理画面を開き、
「外観」⇒「テーマの編集」をクリックし、テンプレートの「ヘッダー(header.php)」のソースを開きます。

なお、私がお薦めするテンプレート『賢威』を使って解説します。


 

先ほどコピーしたmetaタグをheader.phpソースの</head>部分の上に貼り付け、
「ファイルを更新」をクリックすれば埋め込み完了です。


 

metaタグの埋め込みが完了したら、Google Search Consolの画面に戻り「確認」をクリックします。


 

「確認」をクリックし、以下の表示がされれば登録完了です。


 

所有権(登録)確認が出来ない場合の対処法について

以上の2通りのやり方でサイトをGoogle Search Consolに登録出来ますが、
万が一、所有権の確認が出来なかった場合は、以下を参照して対処して下さい。
参考記事:【Googleウェブマスターツールに登録出来ない場合の対処法】

 

Google Search Consolからサイトマップを送信

ここまででGoogle Search Consolの登録が完了しますので、
続いてはGoogle Search Consolから検索エンジン(クローラー)に向けサイトマップを送信します。

 

この際、クローラー用のサイトマップを作成する必要がありますので、
サイトマップの作成にはWordPressの「Google XML Sitemaps」プラグンを導入します。
詳しくはコチラを参照して下さい。/p>

サイトマップを作成したらGoogle Search Consolのダッシュボードから、
下図を参考に「サイトマップがありません」をクリックして下さい。


 

次に「サイトマップの通知テスト」をクリックします。


 

ここでを「sitemap.xml」と記入してサイトマップを送信します。


 

以上でサイトマップを送信は完了します。


 

まとめ

Google XML Sitemapsに登録しておくことで、自分が運用するサイトの状態を知ることが出来ます。

 

サイトの状態とは、Googleの検索エンジンからどのような評価を受けているとか、
またガイドラインに違反した場合などに警告、ペナルティを受ける場合もここで確認することが出来ます。

 

ですので、Google XML Sitemapsは頻繁にチェックするようにしてこのツールを上手く活用し
サイトの適正化を図って行きましょう。